スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

麻婆豆腐を一から作って学んだこと

6x6_normal_20121130052929.jpg


普段料理とか全くしないのですが、知り合いがレシピをくれるというので麻婆豆腐を作ってみました。
素を使わずにね。

今回作ってみて感じたのは、料理を作るって面倒臭いし大変なんだなぁということ。

まず必要な材料の買い出し。これだけでめんどい。
そしてこれらの材料は麻婆豆腐を作り終えた後も何かしらに使わないと余って外食より高くなってしまう罠。

さらにお腹減った状態でわざわざ料理するのって面倒臭いですよね。
そういう理由でいつもコンビニやほっともっとばかり食べているのですが。


一応今回の手順としては

①みじん切りしたネギ、しょうが、にんにくに豆板醤小さじ1を加えてフライパンで炒める
②香りが出てきたら挽肉を適量加えてさらに炒める
③そこへテンメンジャン大さじ2、料理酒大さじ2、醤油大さじ1を加えて一煮立ちさせる
④さらに水を切って適度な大きさに切った豆腐を入れて、ごま油で風味をつけつつ一煮立ちさせる


こんな感じで上の画像の麻婆豆腐が出来上がったのですが。


まあまずかったですよ。


やはりと言えばやはりなのか、具材の量を全く考えずに作ってしまったので
味付けが上手くいきませんでした。

多めに入れてしまった挽肉と豆腐が水気を全部吸っちゃって出来上がり塩辛い。
さらに水気が無いからテンメンジャンと酒を足しすぎちゃって甘い。
豆腐を入れてから長い時間煮込みすぎて食感が悪い。

でも最終的にこれにコンビニで売ってるサラダを入れたら塩辛さと水気のなさが
改善されておいしく食べることが出来ましたよ。

これで捨てることになってたらものすごいお金の無駄。


しかし今回の麻婆豆腐作りはいい体験でしたよ。

元々は知り合いにいい顔したくて強引に引き受けた麻婆豆腐作り。
ただ作ってみると新たな発見も多く、ものすごく為になりました。

料理で豆板醤なんて使ったの初めてだし、テンメンジャンは存在すら知りませんでした。
しょうがってみじん切りする前に包丁で皮を剥かないといけないことも学べました。
遅い時間にスーパーに行っても挽肉は全部売り切れてしまっていることも学習。


結果的に失敗に終わった麻婆豆腐作り。

それでも得たものは大きく、今後の一人暮らしに役立てられるかもしれません。


ブログパーツ


【単行本感想】 ハンター×ハンター31巻はゾルディック家の家庭内不和が熱い!

DSC_0902.jpg

DSC_0903.jpg


ハンター×ハンターの単行本がとうとう発売されましたね。
ジャンプでの連載が途切れ途切れなので単行本を楽しみに待っているというファンは多いと聞きます。

12月~来年3月くらいまではハンター×ハンター強化期間になりそうな予感。


DSC_0905.jpg


ちなみに作者コメントはいつものように気が抜けるお言葉。
さすが富樫先生。

「お待たせしてすみません!」 

とか 

「いつもありがとうございます!」 

とかないのですね。

その図太さが人気の秘訣なのか。どうかは分かりません。


で、31巻からは痛手を負ったゴンを救うべくキルアが動き出します。
ゴンが負った痛手。それはハンター×ハンターという漫画を象徴するかのようなものでした。

条件次第では爆発的な力をもたらす念能力。
しかしその本質はものすごく繊細。本人の性質や性格、精神状態にまで影響されるもので。
使い方を誤れば能力者を廃人にしてしまうほどの恐ろしい能力。

前巻、そんな念能力でゴンは自身の能力の限界を超えた力と引き替えにすべてを失ったのです。


念能力による制約や痛手を回復させるには除念師という非常に希な能力者に頼らざるを得ず、
ハンター×ハンターの世界では一度かけられた念能力は並大抵のことでは外せないというのが常識。

そのような前提もあって、連載中にゴンがあのような状態になってしまったとき

「あ、ハンター×ハンターは終わるな」

と感じたのですが。


ゾルディック家には隠された能力者が眠っていました。それがキルアの弟アルカ。
見た目は妹なのに弟。(いわゆる男の娘?)

このアルカ、どんなお願いでも叶えてくれるというドラえもん的存在。
どうやらこのお願いに上限はないらしいのです。

少なくともキルアの兄、イルミを瞬殺出来るくらい万能。

そしてここからが重要なのですがお願いした後、
もう一度お願いするためにはアルカのおねだりを3つ聞かなければなりません。

さらにお願いの規模が大きいほどおねだりで要求される内容は深刻になります。
脳をちょうだい、死んでなど。

もしお願いした後のアルカのおねだりに答えられなかった場合、
アルカのおねだりを断った人間、その人が最も愛する人間、さらに人生で共に
過ごした時間が長い人間が順番に死んでいくのです。


31巻ではこのアルカの能力を使ってゴンを除念してやりたいキルア、
アルカの能力をコントロールしたいゾルディック家、
アルカを抹殺してゾルディック家と自身の無事を確保したいイルミの三すくみの構図で話が進んでいくのです。

イルミがアルカを殺したい理由。
それはキルアはゴンを救うお願いは他人にさせておいて
そのおねだりを自分で聞くだろうと予想しているから。

もしキルアがゴンを救ったおねだりを受け止めた場合、キルアの力量ではおねだりに答えられずに
キルアとキルアの最愛の人、さらに人生で関わってきた人間が数万人規模で死ぬ、らしいですよ。


これと並行して会長選挙もずいずい進んでいきます。
ここに関しては31巻ではあまり見所はありませんでしたね。

ただレオリオが大衆の面前で放出系能力を披露、ジンの顔面に一発食らわせたところは痺れました。




キルア、イルミ、執事、ゾルディック家の駆け引きは確かに面白いのですが、
個人的に一番見所だと感じたのはヒソカVSゴトーです。

ここは連載を読んでいて興奮しましたよ。確か去年の12月だったかな。
ハンター×ハンターでは久しぶりの念能力ガチバトル。

ゴトーってこんな能力だったんだ、と知れたのがちょっと感動。
これ十数年越しの解明ですからね。

結局瞬殺されたゴトーですがちゃんと駆け引きはあったしある程度ヒソカを追い込んでいたので合格かな。
ただもうゴトーの勇姿を見ることが出来ないとなるとちょっと悲しい・・・。


次の32巻は12月末に発売予定だそうです。
現在はジャンプ本誌の方で映画の原作読み切りが掲載中。

このままの勢いで来年の一月か二月には連載再開しそうな予感がしていますが果たして。




HUNTER×HUNTER 31 (ジャンプコミックス)
冨樫 義博
集英社 (2012-12-04)




ブログパーツ

The Heartbreaksの『Funtimes』US盤を購入

DSC_0836.jpg

DSC_0882.jpg

DSC_0883.jpg

DSC_0884.jpg


1stシングル Delay,Delay



2ndシングル Polly




どうもどうも。またしても輸入盤洋楽アルバムを買ってしまいました。
このハートブレイクスはキャッチーで哀愁のあるメロディーと、
モデル活動もこなすイケメンフロントマンが注目を集める若手バンドのデビュー作。

こういう分かりやすいロックが大好きなんですよね。

一応このアルバムは売れてるみたいです。まあ確実に二枚目で悩むタイプでしょうけど。

確かシングルカットされた「Delay,Delay」が公開されたときは
iTunesでダウンロードして猿のように聴いていましたよ。

この曲は6月だかのスペースシャワーTV月間パワープッシュに選ばれていました。

で、まあ個人的にはシングルはいいけどアルバムを買っても聞かないパターンだろうなと感じて
購入をずっと見送っていました。

しかしセカンドシングルの「Polly」を聴いて印象が一気に変わりましたね。
これはなかなかいいバンドかもしれないと。

で、そうやって購入に至った訳です。


購入後にアルバムを通して聴いてみましたけど、なかなか良くてしばらくはヘビーローテーションでしたよ。
アルバム全体だと10周くらいしてるみたいです。


上のYouTube動画を聴いてみて気になった方はぜひiTunesでアルバムの視聴を。

気に入ったら買ってみてもいいかもしれません。安いですし。




Funtimes
Funtimes
posted with amazlet at 12.12.03
Heartbreaks
Pid (2012-05-15)
売り上げランキング: 19698


ブログパーツ

今、あえて2000円札を10枚両替

DSC_0880.jpg


時代の流れに逆らって、2000円札を10枚両替してきました。わざわざ銀行まで行ってね。

いやね、実は去年姪っ子が誕生しまして。

その姪っ子が大きくなったときにお年玉でこの2000円札を渡したら驚くかなーと思いましてね。
その為だけの行動です(´・ω・`)

あと2000円札って今後間違いなく廃止されると思うので、記念に取っておきたかったというのもあります。
話では未だに100円札はお金として使えるらしいですし、この2000円札もいつまで持ってたっていいのです。


ただ、姪っ子は現在0歳なんですよね。


これを渡せるとき、俺いくつになってるんだろ・・・。


ブログパーツ

マクドナルドでLセット注文したらビッグマックのフードマグネットがもらえた

DSC_0877.jpg


マクドナルドに行ったらこんなんもらえました。


DSC_0879.jpg


開封。

今回は普通にグラコロセットを注文しようと思ったら、
Lセットにするとフードマグネットをもらえますよと言われましてね。

いや、別にこんなのいらんのよ?飽きたら荷物になるだけだし。

ただブログネタにちょうどいいかなーと思ってLセットにしてみました。


これ、冷蔵庫とかに貼り付くし上の切り込みにちょっとした厚紙を挟めるし、意外と機能性が高く。


他にはポテトとかコップとかありました。

で、ビッグマック以外いらないと思ったのでこの中から選べるなら
Lセットにしますと言ったらあっさり選ぶことが出来ました。


皆さんも貰ってみてはいかがですか?


ブログパーツ

賞美期限とは

DSC_0878.jpg


この間髪を切りに行って、レシートをもらったらこんなことが書いてありました。

「賞美期限」

なかなか粋、というかしゃれた表現じゃないの。

ちなみに賞美期限は大体一ヶ月みたいです。


ブログパーツ

【UFOキャッチャー黙示録 最終回】 同じ種類のトゥイーティーを5個も獲得する、そんな幕切れもいいじゃない・・・

DSC_0876.jpg


突然ですがこの『UFOキャッチャー黙示録』のコーナーは今回で終わります。最終回です。
これまで20回ほど続いてきて、ブログ的には中盛況だったこのコーナー。

終わらせるのもなんか悲しいのですが、お財布の中身的にそろそろ審判を下さなければなりません。

ゲームを新作で買うのも我慢している昨今、ふらっと立ち寄っただけなのに衝動的に1000円以上のコインを
投入してしまうのがバカらしいというか情けなく思えてきました。

UFOキャッチャーはギャンブルと似ていて、今日は見るだけとか
500円で終わらせようなどという自制心が働きづらいのです。

あとちょっとで穴に落ちるとなるともう一回、もう一回と連コインし、気がつくと1000円札を両替しているのです。

この負のスパイラルを断ち切る方法は一つしかありません。
もうUFOキャッチャー自体をやめてしまうことでしか解決出来ないのです。

(・・・自分で思ってるだけだと不安だからブログで公開したのはナイショです)




んで!!




まあね、上の景品はせっかくゲットしたことだし、最後くらいパァッと行きましょう。

これは調布駅踏切近くのモナコというゲームセンターに1台だけある筐体から。
そのお店は路面沿いに1台だけしかUFOキャッチャーの台を設置してないのに、
景品の質、獲得のしやすさはピカイチという謎の仕様。

で、勢い余って大量に獲得してしまったトゥイーティーですよ(ググるまで知らなかった)。
一回目は運良く2個同時ゲット。
あと一つくらい欲しいなとアームでぐりぐりやっていると、なんとヒモで玉になった三個のトゥイーティーが!

しかも穴に近くて落としやすそう。これは燃えましたね。
結果的に連コインしまくりでしたけど、景品三つがアームで宙に浮いたときは脳汁ビッシャーシャー。

キティちゃんは簡単な位置にあったのでごっつぁんげっと。



ここで余談なんですが。


今回遊んでいる最中、筐体を物欲しそうに見つめる子供が一人。
「次にやる?」と聞いても「やらない」と言うだけ。

それでもずーーっと見てるんで、6個穫れたトゥイーティーを一つあげちゃいました。
「欲しい?」と聞くと「うん」と答えたので。

これ、UFOキャッチャーをやる人にとってはあるあるかもしれません。
熱くなって大量ゲットしてるといつの間にか横につく子供。

ああいうとき気軽にあげちゃっていいのか、未だに悩みます。子供が親に怒られないだろうかとか。

前にこの状況になったのはイトーヨーカドーでしたが、あの時は親と来てるんだろうなと思って無視しました。
しかし今回は寂れたゲームセンターの一角。ずーっと遊ぶのを見ていた子供とも軽いシンパシー。

今回の行動は正しかったのだろうか・・・。




と、こんなところでUFOキャッチャー黙示録は最後を迎えます。

一時期万札をつぎ込むほどやり込んで、数年越しで再開して、再び封印する時がきました。
UFOキャッチャーなんて、いずれは自制心を働かせてやめるしかない娯楽なのかもしれません。

家庭用ゲーム機とは違うのです。


・・・とか言いつつ数日後に普通にこのテーマで記事が投稿されてたら笑えますが(笑えない)


ではね。この辺で終わろうかね。

UFOキャッチャー黙示録死すともタピオカ死せず!



またブログを読んでもらえると嬉しいです。


それでは。


ブログパーツ

【UFOキャッチャー黙示録】 にゃんぱいあクリスマス、お手玉マスコット、奇抜なクマ

DSC_0869.jpg


今回はこんなん穫れました。まあね。使った金額がでかすぎて、喜びなんてかき消されたよね。

下の二つ、お手玉マスコットは山積みになってたから楽に転がり落とせると思ったけど握力がないしね。
でもこれ、お手玉だけあって中身にそば殻っぽいつぶつぶが入ってます。
手触り良好。

まー、あとにゃんぱいあは人気がありそうだしいいかな。これは比較的楽に穴に落ちてくれたしね。
クリスマスバージョンは今の時期ゆえか。

で、一番気に入ってるのは奇抜なクマ。正式名称はタグからは読み取れません。
「LIQUID BLUE BEAR CUBS」というのが何のことなのかさっぱり。

でもデザインは最高ですよね。これはいい。


今回はこんなところです。


ブログパーツ

フィギュアアーツZEROの範馬勇次郎を買ってみた

DSC_0844.jpg

きっかけが何だったのかは忘れましたが、突然範馬勇次郎のフィギュアが欲しくなりました。
こちとらスマホ、iPod touch、パソコンのATOKすべてで「はんまゆうじろう」と打ち込めば「範馬勇次郎」と
一発で正規変換される勇次郎好きですよ。

勇次郎は漫画バキシリーズに登場する主人公範馬刃牙の父親です。
しかし主人公である刃牙のフィギュアはこれっぽっちも欲しくありません。

男なら誰しも一度は地上最強に憧れる。そんな地上最強を体現している唯一の人物、勇次郎のフィギュアが
欲しくなるんて男としては当たり前すぎて。

気がついたらアマゾンの検索欄に「範馬勇次郎」と打ち込んでました。
そこで見つけたのがこれ。

DSC_0848.jpg

裏面。

DSC_0850.jpg

そしてこれが勇次郎の勇姿!どうですかこのオーラ。フィギュアなのにオーラとか言っちゃってますけど。
このサムネイルをアマゾンで見たとき、ビビビと来ましたよ。ビビビ婚以来の。

DSC_0849.jpg

この台座とか見て下さいよ。とんでもないこだわり。

DSC_0854.jpg

そしてこの背中。
勇次郎と言えば背中に鬼が宿っているというエピソードはあまりにも有名。
その鬼を緻密に再現。なんちゅー再現度だ。本当に頭が下がります。

DSC_0858.jpg

ちなみに顔面パターンは二種類。これは修羅の顔。

DSC_0861.jpg

こっちは不敵な笑み。ちょっと画像がぼけちゃってますがね…。

DSC_0866.jpg

んで、おまけでカマキリパーツがつくというので何のことかと思ってたら。
シリーズの1~4までを購入すると完成するというデアゴスティーニパターンのおまけでした。

おまけこんなんかよ!正直これがつくかつかないかで500円くらいの価格差があったんで、
開けてみてがっくしです。



・・・ところで。

今回のフィギュア写真、やたらキレイに撮れてると思いません?
その秘密はこれ。

DSC_0862.jpg

以前段ボールと包装紙で自作した撮影キット。手間がかかった割に出番が少なくて意気消沈していたのですが、
このような活躍の場が突然訪れて、いとありがたやテイスト。

DSC_0863.jpg

裏はこんなんです。見えない部分は手を抜く男、タピオカ。




いやー。どうですかこのフィギュア。かなり良くないですか。
まあ高い値段を出せば上限はないですよ、フィギュアって。

でもこのフィギュアアーツZEROシリーズは集めやすい価格とサイズがコンセプト。
この勇次郎フィギュア、これだけ完成度が高かったのに2000円を切っていました。

正直ね。

フィギュアって高いし、買っても置く場所がないしでなかなか購入をためらうのですが。
この値段でこれだけ精巧ならもっと買ってもいいかなと思えました。

次に狙うのは愚地独歩かな。








ブログパーツ

最高峰の高揚感 『The Dead 60s』が残したたった二枚のアルバムに酔いしれる







最近知人に紹介されたデッド60sというバンドに酔いしれています。もうぞっこんです。
しかし彼らは2004年にデビューし、僅か2枚のアルバムを残して2007年に解散してしまっています。

自分が洋楽を聴き始めたのが2008年。そこから新作のPVで自分に合うかどうかを判断し、
気に入ったバンドには深くのめり込むという方法で洋楽と関わってきました。

しかしこの方法では遭遇出来ないのです。既に解散してしまったバンドとは。

彼らのファーストアルバム『無線衝突』の一曲目、『Riot Radio』で心をすべて奪われました。
もう一生ついていこうと思いました。こんな感覚はそうそうあるものではありません。
『Riot Radio』は上にリンク貼ってます。

ジャンルについては無知なので語りようがないのですが、
このアクが強くて哀愁があって、でもメロディーラインはキャッチーで聴きやすい曲たち。

そしてデッド60s、セカンドアルバムはよりキャッチーに、ストレートなロックに仕上げました。
それが仇となったのでしょうか。結局『タイムトゥテイクサイズ』発表後に彼らは解散してしまいました。

二曲目を聴いてもらえると分かると思いますが、ホントにストレートに王道のロックしてます、彼ら。
これはこれでありなんですがね。

知人に紹介してもらった彼らの楽曲の一部が好きになって、この2枚のアルバムを衝動買いしてしまいました。
マーケットプレイスだったので安い買い物でしたが、自分にとっては宝物です。

もっとデッド60sの楽曲を聴きたかった・・・。




無線衝突
無線衝突
posted with amazlet at 12.10.23
ザ・デッド60s
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル (2005-06-08)
売り上げランキング: 223284


タイム・トゥ・テイク・サイズ(初回生産限定盤)(DVD付)
ザ・デッド60s
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル (2007-08-29)
売り上げランキング: 223301



ブログパーツ

【なんじゃこのガチャガチャ】 ほっけのケース、略してほっケースゲット



これ、一見普通のサカナケース。(まあ魚という時点で普通ではない)





しかし開くと中身まで魚!アジの開きを本気でケースにしちゃった。なんという発想力。


ちなみに目玉商品はほっけの開きなので、商品名が「ほっケース」
まさしく「だれがうまいこと言えといったww」状態。





これがラインナップね。魚以外にも貝があります。ホタテとかカキとか欲しいですわ。


今回の変なガチャガチャ、いつものように調達先は調布TSUTAYAさん。
なぜTSUTAYAに変なガチャガチャがたくさんあるのかそれは永遠の謎。




ブログパーツ

Jason Mrazの『Love Is A Four Letter Word』US盤を購入








ジェイソンムラーズの新作が発売されてました。実はこのアルバムは買おうかどうか結構迷ってまして。
悩んだあげく結局買いました。

タイトルから分かる通りアルバムのテーマはずばり『愛』です。
正直ラブソングとかはあんまり好きではないのですが、シンガーソングライター・ジェイソンムラーズが生み出す
楽曲たちは聴いていて妙に心地よく、気がつくと何回でも再生してしまいます。

まあラブソングっつても歌詞は理解出来ないしいいか、とね。


ちなみに上の『Living In The Moment』は今作の中の一曲。
この他にもまだまだ名曲は潜んでいるのでぜひiTunesで試聴してみてください。





でもやっぱり個人的に一番好きなのは前作『We Sing. We Dance. We Steal Things.』に収録された
『I'm Yours』なんですよね。

この曲でジェイソンムラーズを知ったし、それから全アルバムレンタルして聴き続けてるし。

基本的にロックとかパンクロックみたいなノリの良い曲しか聴かないのですが、ジェイソンムラーズに関しては別腹です。





Love Is a Four Letter Word
posted with amazlet at 12.10.23
Jason Mraz
Atlantic (2012-04-17)
売り上げランキング: 1851


ブログパーツ

俺とローラとソニーのブルーレイ





何これww




ブログパーツ

【UFOキャッチャー黙示録】 アニ目マスコットとリアルバナナ




今回はこんなんゲットしました。他にも5個くらい獲得したのですが、その場で一緒にいた友達にあげちゃいました。


まあこのバナナみたいな、フルーツをそのまま景品にしちゃった系のプライズはよくありますが。
今回一番ツボだったのが有名アニメの目だけをコピーしたぬいぐるみ、その名もアニ目マスコット。


左がゴルゴ13、右はガラスの仮面?  ときたまこち亀の中川もこの目になっていますねw

なんかミョーにツボだったんですよね。アホらしくて好きです。


ちなみにブログを書いてるタピオカは左のゴルゴさんに目元が似てるそうです。

初めて気がつきました。自分が国民的漫画の主人公と同じ顔だったなんて。


ちなみにゴルゴの眉は常に敵をにらみつけているから険しくなっていますが、
タピオカの場合常に怯えて生きている為そのような眉になった模様です。



ブログパーツ

海辺でウミウシ捕まえて、乾燥させてストラップにしてやりました



意外と綺麗なもんでしょう。


というそんなボケは一行で終わらします。
本当はこのガチャガチャ。





またしても震災復興商品、ネイチャーテクニカラー。
いや、別に特別支援したいとかいう強い思いはないのですが、このシリーズはツボで見つけると買ってしまいます。


見つけると、というか調布のTSUTAYAに行ったらですね。あそこは珍ガチャガチャの宝庫。
ザキヤマも出川もあそこから。


昔はこんなのもゲットしていました。





ヤモリとか




トカゲとか。


今日行ったときはウミウシの他に毒キノコもありました。
気になりましたがそっちはスルーしまして。


こんなガチャガチャ、皆さんもやってみては?



ブログパーツ

読み切りでジャンプに復活した荒木飛呂彦が残した巻末コメント



だそうです。特にオチはありませんが。

思えば荒木先生がジャンプを去ったのはスティールボールランの途中から。ちょうど2005年あたりになるでしょうか。


あれから7年。また巻末コメントが読めるなんてなんか感慨深い。



ブログパーツ

荒木飛呂彦の短編集『死刑執行中脱獄進行中』文庫版を買ってみた



今年はジョジョの奇妙な冒険25周年を記念して様々なメディアでジョジョを目にしますね。
仙台と東京でのジョジョ展。フランスはルーヴル美術館での原画展示。


ゲームの方でも来年発売のオールスターバトルの新情報投下に未来への遺産HDバージョンの配信。
連載が四半世紀を迎えてもますます勢力を増すジョジョワールドにただただ驚くばかりです。


で、そんなジョジョ25周年を記念してか今週のジャンプにこんな読み切りが掲載されていました。





第4部に登場したサブキャラ岸部露伴のエピソード、その名も「岸部露伴は動かない」。
これがやたら面白くてね。そして勢いで前から気になってた短編集を買ってしまったというわけです。


ちなみに今回買ったのは2011年に発売された630円の文庫版。しかしたかが文庫版と侮るなかれ。
サイズこそ小さいものの、表紙からしてあのこだわりよう。原作のカラーページはすべて再現し、作者のコメントも掲載。
ジョジョが好きで短編集を手に取った濃いファンをがっかりさせない圧巻の仕様に脱帽。


ちなみにオリジナルが発表されたのは1999年です。もう10年以上も前なんですね。


で、買ってみて早速読んでみました。結論から言うと個人的な満足度は30%ほどですかね。
その理由を自分なりに考えてみると、やはり登場人物の全員がスタンド能力を持っていない、これに尽きると思います。


荒木飛呂彦の作風である絶対的に不利な状況から読者が想像も出来ない方法で脱出する、
そのハラハラ感は味わえるのですがそこからスタンドが欠如するとここまで味気ないものかとちょっと驚いています。


短編の中には岸部露伴と死後の吉良吉影が主人公のものがあります。
岸部露伴の方は露伴が完全に聞き役というかストーリーテラー的な扱いになっているので
ジャンプに掲載された読み切りほど物語に本人が介入してきません。


死後の吉良吉影が主人公のデッドマンズQはスタンド能力と生前の記憶を失い、
亡霊と化した吉良の生き様を描いた、いわば第四部の後日談的なエピソード。


これに関しては唯一なかなか楽しめました。




全体を通して読んでみた感想はこんな感じです。


これを読んで他のジョジョファンの方はどう感じたのか、今のところそれだけが気になっています。





荒木 飛呂彦
集英社 (2011-09-16)
売り上げランキング: 407



ブログパーツ

【UFOキャッチャー黙示録】 ワンピースのサンジ 造形王頂上決戦



またゲットしてしまいました。今回は久しぶりの箱物です。
獲物はまたしてもサンジ。ワンピースはそれほど好きじゃないけど、なぜかフィギュアは欲しくなってしまうのです。





箱から出して





台座に立たせてみました。たばこをくわえ、左手はポケットに。
なんともサンジらしい、キザな立ち姿。





商品名が「造形王頂上決戦」 というくらいですから近くで見てもかなり良く出来ています。


一昔前の景品じゃこの表情はあり得なかったものね。





こちらは以前ゲットしたサンジ。こっちの方がちょっとワイルド?


ちなみにコレ、箱物なので当然一回200円です。
普段は200円景品はやらないことにしているのですが、300円で2回という設定になっていたのでつい・・・。


まあ予想した以上にお金はかかりました。こんだけゲーセンに通っても相変わらず腕前は据置で。




ブログパーツ

【UFOキャッチャー黙示録】 エナメルベアーホワイトとにゃんぱいあキーホルダー




今回はこんなんゲットしました。UFOキャッチャー黙示録のコーナーは前回からずいぶん間が開きましたけど。
この間もずっとゲームセンターには行っていたのです。


ただこれだという景品に巡り会うことが出来ず。


ちなみににゃんぱいあはおまけです。狙ってとっていません。あくまでも本命は革製のクマ。
これ、めっさ質感がいいのですよね。以前黒と赤もゲットしたのですが、ホワイトは初です。



ここからは余談。



ウチの近所の駅には言わずと知れた開かずの踏切がありまして。
最近その駅が地下に潜って、踏切がなくなったのですね。
これは地域住民としては快適ではあるのですが。


しかし今回の駅の地下化、その開かずの踏切近くにあったゲームセンターの経営には大打撃だろうなぁと。
実際良くあったのです。
踏切が開かなくて、目線に入ったUFOキャッチャー目当てにふらっと店内に入ってしまうことが。


これからあのゲームセンターがどうなってしまうのかちょっと心配。



ブログパーツ

【単行本感想】 範馬刃牙最終巻、37巻を買いました



範馬刃牙がとうとう完結しました。というかグラップラー刃牙、バキ、範馬刃牙と
20年以上に渡って続いた範馬家の親子喧嘩にとうとう終止符が打たれたという表現が正しいでしょうか。


バキシリーズは連載開始当初からテーマが一切ぶれていません。
それはアメリカ国家さえも超越する父、範馬勇次郎より少しだけ強くなりたいと願う息子、範馬刃牙の物語。


しかしバキシリーズはなぜここまでぐだぐだで世間から鼻で笑われてるイメージが横行しているのか。
その理由は話が横道にそれまくり、急に脇役が主役のエピソードが始まる、
そもそも作者が描く地上最強のイメージがばかばかしい、次第に読者の期待に応えられなくなってきたなどなど。


まあそれでもですよ。個人的にはバキが現時点で最高峰の格闘漫画だと思っていますし、
そんな大好きな作品が終わってしまったのは悲しいのです。


20年以上引っ張り続け、3巻に渡って描かれた親子喧嘩のラストは両者による防御を捨てた殴り合いでした。
格闘技術も防御テクニックもすべて関係なし。
格闘技の世界ランクで言えばトップ1、2に入るであろう両者が最終的に選択したのがガチの殴り合い。


力を抜いて拳を握り、足を踏み出しすべての邪念を捨ててただただ殴る。


主役級の脇役が見守る中、先に倒れ、戦闘不能になったのは息子刃牙。
それでも闘争本能は衰えず、イメージでまだ戦おうとする刃牙。


そんな刃牙を見かねて勇次郎が取った行動、それはエアちゃぶ台からのエア味噌汁。そしてエア夜食。
息子に夜食を作ってやるなんてこれまでの勇次郎からは考えられない出来事。


地上最強の生物に夜食を作らせるという我が儘を通した刃牙こそ
地上最強にふさわしいと、その称号を息子に手放した勇次郎。


鼓膜が破損し、聴覚がないまま自らの負けを認めた刃牙。


そこに出現した徳川。これにて戦いは終わり、両者の握手で連載は終了。


ご愛読ありがとうございました。板垣先生の次回作にご期待ください。
的なフレーズがチャンピオンの方では入っていたのかは定かではありません。


まーね。一ファンからすると、こんなもんかというラスト。
というかもはやどういう終わり方だろうが納得なんて出来なかったでしょう。

だからこそ20年以上も刃牙対勇次郎をやらなかったのだろうし。


刃牙って確か勇次郎に母親を殺された怒りと復讐心もあったよね?
そんな出来事ですらもう初掲載が10年以上前。

もう色々と間が開きすぎて、訳の分からないキャラクターが詰め込まれすぎて、
話がぐちゃぐちゃになってとりあえず終わった感満載。


・・・ ・・・。


しかし単行本を読み終わったときにはすごく感慨深いものがあったけれど、
いざこうやって感想を書いてみると文句しか出てこないものだね。


一応言っておきますが、刃牙は大好きです。





ブログパーツ

Green Dayの『UNO』輸入盤を買いました





グリーンデイの最新アルバムを買いました。今回買ったウノは二ヶ月置きに発売される三部作の一枚目。
三部作のコンセプトは一枚目のウノは昔のグリーンデイのような軽快なポップソング、
二枚目のドスはクラシックロック、三枚目のトレはこれまで同様政治的な要素を取り入れたロックになっているそうです。

正直な話、グリーンデイにあんまり重厚な楽曲は望んでいなくて、
ウノのような軽快でノリのいいロックだけを聴ければ十分だと思っています。
なのでドス、トレはとりあえず様子見。

で、今回買ったウノ。ノリが良くて聴きやすいのでいつでも気軽に再生してしまいます。


ところで。

グリーンデイのボーカル、ビリージョーアームストロングが薬物乱用を理由にリハビリ施設送りになってしまったらしく。
ファンとしては今後の活動にどのような影響が出るのか心配なところです。





Uno!
Uno!
posted with amazlet at 12.10.04
Green Day
Reprise / Wea (2012-09-25)
売り上げランキング: 25



ブログパーツ

The Killersの「Battle Born」輸入盤を購入









聴いてますか、キラーズ。先週の19日水曜にキラーズ通算4枚目のオリジナルアルバムが発売されました。
早速それの輸入盤をアマゾンで取り寄せてヘビーローテーション中のタピオカです。


アルバムの方向性というかコンセプトはこれまでと大きく変わりはなく、相変わらずブランドンの美しい歌声と
重厚かつ繊細なサウンドが融合してキラーズらしい作品に仕上がっているのです。


それは先行シングルだった「Runaway」を聴けば理解出来るのですが、
アルバムを通して聴いて特に気に入ってしまったのが「The Way It Was」でした。






もうね。最高すぎます。この一曲だけで1500円分の価値があると感じてしまうくらい。
静かで落ち着いたイントロからサビにかけての盛り上がりは鳥肌ものです。

iTunesで全曲試聴出来るので、気になった方はぜひ。




Battle Born
posted with amazlet at 12.09.24
Killers
Island (2012-09-18)
売り上げランキング: 175



ブログパーツ

【UFOキャッチャー黙示録】 20周年記念カービィゲット



こんなんゲットしました。今年はカービィ生誕20周年ということで関連したプライズも多めです。
これは設定がきついゲームセンターに置いてあって、どの景品も位置は厳しめで。


これ以外に欲しいものが無かったので仕方なく3回ほどやってみたところ、
山の上の方に配置してあったカービィに見事アームを引っかけることに成功。


その後は穴までころころと転がり落ちてくれました。
景品自体が軽量で、形が球体に近かったのが良かったのかも。


他にも色違いがあったので出来ればゲットしたかった。



ブログパーツ

【UFOキャッチャー黙示録】 大漁! 「なめこ」「コドモダケ」「にゃんこ先生」「チョッパー」他



今日は大漁です。これだけの景品をゲットできました。
その分お金も使ってしまいましたが・・・。


このなめこ、ゲームセンターではいつも見かけていました。
どっかでみたことあるなーと思ったらDSで発売されたおさわり探偵小沢里奈に登場したキャラクターでした。


小沢里奈は買ったんですけど売ってしまって写真に撮れないのが残念。
んで、そのなめこですがiOSでおさわり探偵が配信されるときの販促品として無料配布された
なめこ育成キットなるアプリで人気に火がついたのだとか。


この間そのアプリを落としてみましたがなかなか良く出来ていましたよ。利用者の評価も☆4点台と上々。


にゃんこ先生は未だになんなのかよく分かっていません。ただネットで話題?・・・なのだろうか。


あとはずっと気になっていたコドモダケ。毎回行くたびに欲しいなと思ってたけど配置が悪く。
今回は絶妙な位置にあったので一発でいけました。


チョッパーは根強く人気ありますね。ずーっと前からありますよ、チョッパー関連は。


あとなぜかあったジャイアン景品。しかもドラえもんやのび太の姿はなくジャイアンだけ5パターンとか謎。




今回はこんなところです。次回はいつになるのやら。




ブログパーツ

べしゃり暮らしの原点 ヤングジャンプに掲載された読切「柴犬」を発見





現在実家におります。
実家にはむかーしに買ったヤングジャンプなどのヤング○○がたくさんあります。

漫画など読まないのになんでこんなのがあるのかは察してください。


で、グラビアなつかしー的にパラパラページをめくっていたら偶然発見してしまいました。

森田まさのりの柴犬を!





読み切りの柴犬前編。





次週の後編。

これはたぶん当時柴犬が読みたくて買ったんだと思います。

お笑いもROOKIESも好きでしたから。

で、早速読んでみたのですが。

たった79Pの中に売れ始めたお笑いコンビの相方との確執、お互いが胸に秘める思い、学生時代のコンビ結成に通じるエピソードなどがぎっしり。

森田まさのり作品なんで、もちろん泣きの要素も入っていて後半は読み進めるにつれて涙。

そして最後にはほろりとさせてくれる。

この短いページにこれだけのテーマを盛り込んでしっかり漫画として完成させるとかさすが。

(まあ以前小畑健とコラボ読み切り書いてすべってましたけども)。

昔のダンボールをあさったらこんなめぐり逢いが待っていたなんて。

ラッキーラッキー。



ブログパーツ


Android携帯からの投稿

べしゃり暮らし 14巻 感想



べしゃり暮らしの新刊が発売されました。これ買ったの7月なんですけど、感想を書くのがだいぶ遅れました。



14巻で見所だと感じたのがあるあるネタで若くしてブレイクしたるのあ~るの苦悩とエンタの神様の本質。


若手芸人るのあ~るは養成所を卒業後すぐにブレイクするも人気に実力が追いついていない、
また収入も微々たるもので生活苦に陥っていました。


特に梵は高校生の時に両親を亡くし、幼い妹を育てながらの苦しい生活。

まあこの辺の不幸話はちょっと非現実だとしても、低レベルなネタで中高生を中心にブレイクした若手が
中堅の多いバラエティに出ると何一つ結果が残せないという状況は実際のバラエティでもあるわけで。


はんにゃでもオリラジでもフルーツポンチでもいいですけど、あの辺の若手が悩んでいそうなことをるのあ~るという
コンビにかぶせてくるあたりお笑いファンの心理を分かっているなーと感じました。


で、苦しくても虚勢を張る梵に待っていたのは先輩からの救いの一言。
「お前には恐ろしいほどの天然の才能がある」
「仕切りはうまい」
「皆がお前になりたがっている」


ああー、そうきたかとね。結局こういうくすぶってる若手も救われてしまう、それがべしゃり暮らし、人情ドラマ。
実際のお笑いってブレイクしてもすぐに消えていく、そして消えたことが話題にもならなずに
テレビで見ることがなくなる芸人がたくさんいるわけで。


べしゃり暮らしは好きですけど、そういう芸能界のシビアな一面を描くことはないんだな、というのが本音です。
キャラを活かすのもいいですけど、出入りの激しいお笑い界というものをリアルに
感じたいなら違う漫画の出現を待つ方が良さそうです。


で、そんなるのあ~るのレギュラー出演が決定したのが笑劇ゴッデス。
笑劇ゴッテス=エンタの神様だと思っていただければ。


べしゃり暮らしに笑劇ゴッデスがなぜ登場したかといいますと、アドリブ重視のしゃべくり漫才で
評価されていた上妻に芸能界の厳しさを教えるため。


笑劇ゴッデスはアドリブ無し、笑い声は効果音で付け足してネタはプロデューサーにぐちゃぐちゃにいじられる。
そうやってテレビに出て、キャラ芸人で一時はスターになっても結局数多くの芸人が使い捨てられる。


このような現状を見下す上妻にゴッデス出身の元芸人が喝!
一瞬でもブレイクできるだけありがたい、どんな仕事にでも食らいつく姿勢がないと
この業界で売れることは出来ないと説教。

結局またしても森田先生おなじみの熱い展開で決意を新たにした上妻。


果たしてこれでいいのか。
エンタの神様ってこんなんじゃ語りきれないくらい芸人の才能を潰してきたと思うんだけど。



14巻の中盤以降は人気芸人の息子がお笑いをやるお話でしたけど、これにはあんまり興味が無く。

そろそろべしゃり暮らしが芸能界でのし上がっていく展開を期待。まずはNMCかな?






ブログパーツ

【UFOキャッチャー黙示録】 カービィとメタナイトをゲット




今日の戦利品。ご存じカービィとメタナイトでございます。


いつものようにゲームセンターに寄ってみるとこれを発見して( ゚д゚)ハッ!  状態でした。

いや、あんまりゲーム関連の景品って見ないので。


で、普通にやると結構かかりそうだったので店員さんにおねだり。
2個とも取りやすい位置に移動してもらいました。若干ずうずうしいですが、節約のためです。


まあやっぱりUFOキャッチャーは大手よりもちょいマイナーな店舗が取りやすいですよ、実際。


また行ってみていい景品と出会えることを期待します。



ブログパーツ

SHIBUYA TSUTAYAにいざ行かん




この間生まれて初めて渋谷に行ってきました。お目当てはマイナーな洋楽CDです。
サイコビリーなバンド、タイガーアーミーの2作をレンタル。このCDはマイナーすぎて並のTSUTAYAじゃまず置いてない。




ついでに人志松本の○○な話。これはどこでもレンタル出来るね。




いやーしかし人生初渋谷ですよ。渋谷といえばしゃれおつな若者の街。
行くのに若干はためらいはあったもののタイガーアーミーのCDはどうしてもレンタルしたかったので。



んで駅から出てTSUTAYAに行く道にはなんとあの「スクランブル交差点」が!


なるほど、これがスクランブル交差点かっていうね。なんか感慨深かったですよ。


ちなみに渋谷駅ハチ公口から出たのにハチ公を確認するのを忘れていました。
惜しかった!


またマイナー洋楽がレンタルしたくなったら行くことはあるかもね。
待ってろ渋谷!


ただ帰りが遅くなってしまって電車内は満員ぎゅうぎゅう詰めだったとさ。





ブログパーツ
[ 2012/07/26 20:00 ] その他趣味・雑記系 TSUTAYA | TB(0) | CM(0)

ローソン限定『モヤモヤさまぁ~ず2 とれ高フィギュア』を買ってみた




モヤモヤさまぁ~ずが突然ローソンで売り始めたフィギュア、それがとれ高フィギュア。
全5種+シークレットというその内容はこちら。




小さくて見づらいですが。
『1000円自販機』『とれ高サイコロ』『アドバルーン』『根付けセット』『羊と木彫りの熊』+一種類であると。


モヤさまは大好きで2007年正月のパイロット版特番時代からずっと観てますが。
それでもよく分からない景品がありますね。


アドバルーンは深夜時代のかなりマニアックな景品ですが羊と木彫りの熊に関しては記憶にございません。
忘れてるだけなのか。


それ以外は番組では定番のグッズですよね。



しかしね。


これ一個で525円は高すぎるだろぉ~。


しかもローソンでしか売らない。探しても見つからない。これを買えたのも偶然で残りはたったの一個でした。
選ぶ余地もありません(元々箱の中身は謎な景品ですが)。


正直高すぎてあんまり欲しくないけどブログの為ならと思って買いましたよ、ええ。
で、せっかく買ったので出し渋ります。










箱の4面を舐めるように撮影。








で、結局中身は・・・

















D中田ですよろしくおねがいしますアドバルーンでした。


ヽ( ´ー)ノ フッ



まああれやね。


こういうのは開けた瞬間がピークやね。



じゃあの。



ブログパーツ

【ハンター×ハンターの新事実】 レオリオは放出系能力者だった


レオリオは放出系能力者であることが公式に認定されました。

当然証拠はありますよ。




アニメのエンディングのラストでは軽快な駄音に乗せてゴン、キルア、クラピカ、レオリオの能力系統が
象徴的に描かれていました。


ちなみにこれはゴン。当然強化系。




次はキルア。はいはい、変化系ね。オーラを電気に変化させると。





そういえばクラピカは具現化系だったな。だいぶ早い段階から特質系になるから忘れてたよ。



で。



(´・ω`・)エッ?


これ誰だよと思ってよく見たらレオリオでした。




・・・レオリオって放出系だったのか!




まあ確かに最近の連載ではハンター協会会長総選挙で何かを放出してゴンの父親のジンを殴っていたけども。
公式でレオリオが放出系能力者であることが認められたのってこの新EDが初じゃないか?

原作では新展開を迎えて再び連載が中断しましたが、レオリオの能力が今後どのように開花するのか期待しておきます。

原作の幻影旅団編では単純な性格のレオリオに対してキルアが「こいつ絶対強化系だ」
独り言を言うシーンがあって。

それ以降レオリオ=強化系と勝手に認識してしまっていました。

まあこのEDも結構前から放送されているので話題としては古いのでしょうけど。
普段はアニメのOPとEDは飛ばしているのですけど、こないだ偶然ぼーっと見ていたら新たな発見があったという。





冨樫 義博
集英社 (2012-04-04)



ブログパーツ








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。