スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【単行本感想】 ハンター×ハンター31巻はゾルディック家の家庭内不和が熱い!

DSC_0902.jpg

DSC_0903.jpg


ハンター×ハンターの単行本がとうとう発売されましたね。
ジャンプでの連載が途切れ途切れなので単行本を楽しみに待っているというファンは多いと聞きます。

12月~来年3月くらいまではハンター×ハンター強化期間になりそうな予感。


DSC_0905.jpg


ちなみに作者コメントはいつものように気が抜けるお言葉。
さすが富樫先生。

「お待たせしてすみません!」 

とか 

「いつもありがとうございます!」 

とかないのですね。

その図太さが人気の秘訣なのか。どうかは分かりません。


で、31巻からは痛手を負ったゴンを救うべくキルアが動き出します。
ゴンが負った痛手。それはハンター×ハンターという漫画を象徴するかのようなものでした。

条件次第では爆発的な力をもたらす念能力。
しかしその本質はものすごく繊細。本人の性質や性格、精神状態にまで影響されるもので。
使い方を誤れば能力者を廃人にしてしまうほどの恐ろしい能力。

前巻、そんな念能力でゴンは自身の能力の限界を超えた力と引き替えにすべてを失ったのです。


念能力による制約や痛手を回復させるには除念師という非常に希な能力者に頼らざるを得ず、
ハンター×ハンターの世界では一度かけられた念能力は並大抵のことでは外せないというのが常識。

そのような前提もあって、連載中にゴンがあのような状態になってしまったとき

「あ、ハンター×ハンターは終わるな」

と感じたのですが。


ゾルディック家には隠された能力者が眠っていました。それがキルアの弟アルカ。
見た目は妹なのに弟。(いわゆる男の娘?)

このアルカ、どんなお願いでも叶えてくれるというドラえもん的存在。
どうやらこのお願いに上限はないらしいのです。

少なくともキルアの兄、イルミを瞬殺出来るくらい万能。

そしてここからが重要なのですがお願いした後、
もう一度お願いするためにはアルカのおねだりを3つ聞かなければなりません。

さらにお願いの規模が大きいほどおねだりで要求される内容は深刻になります。
脳をちょうだい、死んでなど。

もしお願いした後のアルカのおねだりに答えられなかった場合、
アルカのおねだりを断った人間、その人が最も愛する人間、さらに人生で共に
過ごした時間が長い人間が順番に死んでいくのです。


31巻ではこのアルカの能力を使ってゴンを除念してやりたいキルア、
アルカの能力をコントロールしたいゾルディック家、
アルカを抹殺してゾルディック家と自身の無事を確保したいイルミの三すくみの構図で話が進んでいくのです。

イルミがアルカを殺したい理由。
それはキルアはゴンを救うお願いは他人にさせておいて
そのおねだりを自分で聞くだろうと予想しているから。

もしキルアがゴンを救ったおねだりを受け止めた場合、キルアの力量ではおねだりに答えられずに
キルアとキルアの最愛の人、さらに人生で関わってきた人間が数万人規模で死ぬ、らしいですよ。


これと並行して会長選挙もずいずい進んでいきます。
ここに関しては31巻ではあまり見所はありませんでしたね。

ただレオリオが大衆の面前で放出系能力を披露、ジンの顔面に一発食らわせたところは痺れました。




キルア、イルミ、執事、ゾルディック家の駆け引きは確かに面白いのですが、
個人的に一番見所だと感じたのはヒソカVSゴトーです。

ここは連載を読んでいて興奮しましたよ。確か去年の12月だったかな。
ハンター×ハンターでは久しぶりの念能力ガチバトル。

ゴトーってこんな能力だったんだ、と知れたのがちょっと感動。
これ十数年越しの解明ですからね。

結局瞬殺されたゴトーですがちゃんと駆け引きはあったしある程度ヒソカを追い込んでいたので合格かな。
ただもうゴトーの勇姿を見ることが出来ないとなるとちょっと悲しい・・・。


次の32巻は12月末に発売予定だそうです。
現在はジャンプ本誌の方で映画の原作読み切りが掲載中。

このままの勢いで来年の一月か二月には連載再開しそうな予感がしていますが果たして。




HUNTER×HUNTER 31 (ジャンプコミックス)
冨樫 義博
集英社 (2012-12-04)




ブログパーツ
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tapiocasaaan.blog.fc2.com/tb.php/742-605276fe










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。