スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ゲーム感想】 3次元エアホッケー 無重力スカッシュとエアホッケーの融合



皆さんは3次元エアホッケーというゲームを知っていますか?
3次元エアホッケーは今年4月に3DSでひっそりと配信されていたダウンロード専用ゲームです。


PS3や360、3DSでダウンロードが開始されたゲームは定期的に本体を起動してチェックしているのですが。





このスクリーンショットと3次元エアホッケーというタイトル。それだけでどんなゲームか想像できました。
そして感じたのです。これは神ゲーなのではないかと。


その後映像を見てみて、まさしくこれはビデオゲーム最初期のアーケードテニスゲーム、
ポンの3D版なのだと感じましたよ。






3次元エアホッケーのルールは簡単に説明すると立方体の無重力空間を跳ね回るボールを
相手のエリアに先に一定回数押し込むこと。

ボールが自分のエリアに迫ってきたらタッチペンでボードを操作し、
うまく当てることでそのまま跳ねかえります。

最初は縦横無尽に跳ね回るボールにうまくボードを当て続けることは難しいでしょう。
しかし慣れてくるとある二つのテクニックを使ってゲームをより有利に進められるようになります。

まず一つがボタンによるプッシュ。ボールにボードを当てる瞬間にボタンを押してプッシュすることにより
より強い打球を相手エリアに放つことが出来ます。

もう一つがスライド。ボールを打つ瞬間にタッチペンをスライドさせることにより、
ボールを放つ方向をある程度コントロールすることが出来ます。

そしてこのプッシュとスライドを応用するとどうなるか。
飛んでくるボールを大胆にスライドさせ、ヒットした瞬間にプッシュすれば
まるでドラム缶にぶん投げたスーパーボールのようにドムドムフィールドを
跳ね回り、防御が難しいスーパーショットが打てるのです。


しかし。


これらのテクニックを使えるのは相手も同じ。
そしてプッシュとスライドを意識すればするほど気が散って早いボールに対応しづらくなります。

例えば、ちょっと慣れてきたからと言ってプッシュ&大幅スライドでがんがんボールを跳ね返らせて得点を狙うとします。
しかし相手が返しづらいということは自分も同じ。

難しい速球はヒット重視でただ当てただけの相手ボードから跳ね返り、
そのままの速度で今度は自分のエリアに襲いかかってくるのです。

逆に言えば相手がとにかくスマッシュを決めてくる場合、
自分は守りに徹していれば相手のミスを誘って得点を稼ぐことも出来ます。

面白いもので決めてやろうと集中するほど空振りをしやすく、守りに徹して
軽く当てようとするとなんとか跳ね返すことだけは出来たりします。

この辺の「ゲームと集中力の妙」を突いて抜群のゲームバランスに仕上げた
シルバースタージャパンはなかなかすごいと思いますよ、ええ。

3次元エアホッケーには9段階から強さを選べるキャンペーンモード、
自分の限界に挑戦可能なエンドレスモード、
通信対戦モードが用意されています。

それぞれのモードではゲーム中に使用できるマリオカート的なアイテムが存在していて、
オンオフはオプションで切り替え可能。

アイテムでボードが大きくなったり常に速球が打てるようになるのはいいけど、
自分はそんな運の要素がなくても素のゲームが一番面白いと思っています。

今のところCPUのレベル9は軽々とクリアしてエンドレスモードをちまちま進行中。
これが相当ムズくてね。全然進みませんよ。

あと、このゲームは3D立体視との相性が抜群。
3Dをオンにすると視界がグッと広がったような感覚があってリアルに勝率に影響してくるほど。

ただし3D立体視は酔いやすいしすぐ疲れるてしまう。そこがちょっと悲しいところ。



eショップを覗いてみてもあんまり評価はされていない3次元エアホッケー。
PVやスクリーンショットを見て面白そうだと思った方は買って損はしないはずです。

想像通りの、いや想像を軽く超えてくる良作ですから。




ニンテンドープリペイドカード3000円
任天堂 (2011-06-02)
売り上げランキング: 732



ブログパーツ
スポンサーサイト
[ 2012/07/07 01:07 ] ゲーム系 ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tapiocasaaan.blog.fc2.com/tb.php/650-4e8f87f1










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。