スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【豆から作るアイスコーヒー】 スターバックスのコーヒー豆『イタリアンロースト』を買ってみた



アイスコーヒーマスターなる者、豆の特徴を理解すべし。

ということでとりあえずスターバックスのイタリアンローストという豆を買ってみました。


この豆はねー。自分のコーヒー好きの原点ですよ。
初めてスターバックスに行ったとき、そのコーヒーの美味しさに感動したものです。


そして店頭に並ぶいい香りがするコーヒー豆。
いつかあれを使って自分でコーヒーを淹れてみたい。その願望が今叶いました。


なぜ数ある豆の中からこれをチョイスしたかというと。
インスタントコーヒーのスターバックスヴィアでこの味が気に入っていたからです。


イタリアンローストは苦みが強くてコクがあるのでアイスで飲むには最適。
ヴィア時代はこればっか買ってました。





袋を開けてみました。いい香りがします。





んで、出来上がったのがこれ。
一口飲んでみました。


・・・うーん、なんか違う。多分作り方が悪かったのだと思います。


今回、お湯2に対して標準的な分量比でコーヒー豆を3にしました。しかし結果は大失敗。
これまでアイスコーヒーを作ってきて若干味が薄いと感じていたので豆の分量を増やしてみたのですが。


単純に豆を増やせば味が濃くなるかというとそうでもなく、適切なお湯の量でドリップしなかったコーヒーは
雑味が強く出てしまいあまりおいしくありません。


アイスコーヒー作りは本当に難しいですね。


これまで10回ほど作ってきましたが未だに「コレだ!」という分量にはたどり着けていません。

試行錯誤の日々は続きます・・・。



ブログパーツ
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tapiocasaaan.blog.fc2.com/tb.php/646-41d42ec8










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。