スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【体験版感想】 『ドラゴンズドグマ』はモンハン×デモンズソウル?





24日火曜に配信開始していたドラゴンズドグマの体験版を遊んでみました。
ドラゴンズドグマはカプコンが世界展開するHD据置機のオープンワールドゲーム。

北米、欧州などの据置機市場ではオープンワールドのRPGが大流行しているようで。
スカイリムやレッドデッドリデンプションに代表されるようにそこに世界があって
人々が息づいている、そこでは何をしても良くすべてに反応がある、今やそのようなゲームをRPGと呼ぶのですね。

で、まあとある世界を丸ごとゲーム内に構築するためにはとてつもない開発コストがかかりります。
もはやこのジャンルのゲームは日本の開発会社では製作不可能なのではないか、
そんな不安を払拭するかの如く登場したのがこのドラゴンズドグマ。

当然開発にはとんでもないお金と労力がかかっているはずです。
そんで、世界で数百万本単位で売ることを前提としているのではないでしょうか。


■ドラゴンズドグマはモンハン?デモンズソウル?



・・・まあそんな前置きはいいんだ。
大事なのはゲームが面白いかそうでないか。

今回体験版を遊んでみて、個人的にはかなり楽しめました。
内容にも満足出来て続きが遊びたくなって、体験版としては100点満点。

事前にPVやスクリーンショットを見る限りではモンハンに近いゲームなのではないかと感じていましたが
その予想は遠からず当たっていたような気がします。

4人編成のパーティーで巨大なモンスターを狩るという根っこの部分は一緒。
しかしドラゴンズドグマにおいてモンスター討伐はゲーム中のごく一部の要素でしかありません。

モンスターハンターはモンスター討伐と報酬による装備強化、そして友人とのコミュニケーションに特化して製作され、
とてもシンプルに面白さを感じることが出来ていました。

しかしモンハンが初めて登場したのはもう8年も前。
当時とはユーザーの趣向やゲームの流行もだいぶ変わってしまいました。
モンハンの続編に大幅に手を加えるのはリスクが大きすぎる、しかし今のままでは世界で売れないというジレンマ。

そんな葛藤に対する一つの回答として提示されたのがこのドラゴンズドグマなのではないかと。

欧米では日本のように学生が集まって携帯ゲーム機を遊ぶという文化が無いので
ドラゴンズドグマが協力プレイをネットに絞ったのは納得がいきます。


そんでタイトルにも書きましたけどゲームの触り心地がすんごいデモンズソウルに近い。
この手のゲームって今や市場に溢れていますけど、デモンズソウルが凄かったのは
アクションゲームとして徹底的にこだわって製作されていたところ。

そしてネットとのゆるやかな繋がりも当時としては革新的で、4人までのマルチプレイにも対応していました。

ドラゴンズドグマを遊んで最初に感じたこと。それはモンハンでありデモンズであるなということ。
オープンワールドという世間のハードルが高いジャンルできっちり平均点はとりつつも
アクションゲームとしての手触りは損なっていない。

ドラゴンズドグマは日本、いやカプコンならではの職人魂が光るゲームだったのです。


■体験版を遊んでみて



体験版で遊ぶことが出来たのはダンジョンの探索とボス戦、キャラクタークリエイト。
ミッションは1人で遊んでいても3人のAIを召還してゲームを進めることが出来ました。

ダンジョンの探索に関しては可もなく不可もなくな印象だったのでここはスルーしてボス戦について語りましょうか。
ボス戦はモンスター対4人のプレイヤーという構図。ここまではモンハンと全く一緒。
しかしプレイヤーの自由度は格段に上がっていて攻略法が一つじゃないのです。

例えば空を飛び回るキメラ。
L1で装備を弓に切り替えて翼を炎の弓で撃ち抜くも良し。
AIに飛び乗って大ジャンプし、ワンダと巨像の如く体にしがみついてひたすら斬り続けるも良し。

墜落したら弱点の頭部を狙ってスキルを発動、ひたすら斬りまくる。

体験版で遊ぶことが出来た武器、ダガーではスタミナゲージを消費することで
攻撃スキルや弓スキルを発動することが出来ました。
モンスターにしがみつく握力もスタミナゲージに依存しています。

これが魔法使い系の職業だとどう変化するのでしょうか。

ちなみに回復はアイテムでも出来るし仲間のスキルに頼ることも出来ます。

弓を撃つ、剣を振る、スキルを発動する、敵にしがみつく、すべての行動がスムーズに
思うままにコントロールできて操作感は最高。



■結論



正直な話。

カプコンがオープンワールドのゲームを作るという話を聞いてどんな仕上がりになるかと思っていたのですが。
そんな心配は杞憂に終わったようです。

全体的な評価は製品版を遊んでみないと下せませんが、
少なくとも体験版がここまで面白いのなら大丈夫ではないでしょうか。










ブログパーツ
スポンサーサイト
[ 2012/04/27 12:00 ] ゲーム系 体験版感想 | TB(0) | CM(2)

1. 無題

協力プレイはないですよ
出来るのはネットを通したポーンの貸し借りのみです。
[ 2012/05/01 19:09 ] [ 編集 ]

2. Re:無題

>通りすがりさん
そうでしたか。あまり調べずに勢いでブログに書いてしまうことが多いので。

以後気をつけます。
[ 2012/05/02 22:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tapiocasaaan.blog.fc2.com/tb.php/607-080d7368










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。