スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トルネの進化版『nasne(ナスネ)』が発売決定したがどんな風に使おうか


▼SCE、PS3やVitaと連携する新デジタルレコーダ「nasne」 (AV Watch)
▼SCEの新ネットワークレコーダー「nasne」(ナスネ)-機能をQ&A形式で紹介(Phile-web)



気になった特徴

●ナスネ本体に500Gハードディスクと3波チューナーを搭載
●録画機能はナスネ本体に搭載。トルネのように録画をPS3には依存しない。
●録画モードはDRと3倍の2種類
●録画した番組はPS3、PS VITA、その他ソニー製品で視聴可能。視聴にはトルネアプリ必須。
●出力はLAN経由。その他出力端子は備えていない。
●PS3一台に対してナスネは4台まで同時接続が可能。
●LAN経由で外出先でも録画番組の視聴が可能。同時に2台の機器に出力可能
●ナスネは外付けHDDによって容量の拡張が可能。
●リモート録画予約対応。様々な携帯端末、PCなどのブラウザからナスネの録画予約が出来る。



SCEからトルネの進化版、その名もナスネが発売されることが決定しました。
記事を読む限りはトルネの3波&ネットワーク対応進化版だと感じるのですが
この周辺機器、意外と化けるかも知れませんよ。

スペックや詳しい情報は上のリンクが詳しいので、ここからはもしナスネを買ったらどういう風に使うだろう
というのをあれこれ考えてみたいと思います。

■トルネ以上ブルーレイレコーダー未満の録画スペック


まずは録画機能について。SCE初の地デジレコーダー、トルネは録画機能をPS3に依存していました。
一応録画しながらゲームは遊べましたが同時録画直前は頻繁にトルネから通知が表示されていました。

おそらく同時録画はPS3本体に結構な負荷をかける行為なのでしょう。実際初期型PS3では不可能ですし。
しかしナスネは本体に録画機能を搭載しているので録画と同時にゲームをしようがDVDを観ようが問題ないのです。

そして3波対応なのでBS/CSも録画出来るしトルネ&PS3と組み合わせれば2番組同時録画も出来る。
今ナスネに食いつくような人たちは大半がPS3ユーザーでしょうし、トルネ所持率は結構高いのではないでしょうか。

自分も含めそのような人たちにとってはナスネを買い足しても
今あるPS3とトルネを丸ごと生かせるというのはかなり大きいはず。

ちなみにウチにはメインのレコーダーがあってトルネはあくまでもサブ的な役割です。
しかしその使い勝手の良さから今やトルネは無くてはならない存在。

正直ゲームプレイと同時に録画開始したときにいちいち罪悪感を感じてしまっていて、
それがめっさうっとうしかったのです。

■使い方が想像できないネットワーク機能


その他ソニー製品やネットワーク対応についてはイマイチ想像できません。
PS VITAに対応といっても3G回線じゃまともに視聴できないだろうし。
結局ネットワーク機能を使うなら家以外の回線が整備されている場所になるのでしょうけど。

そういう機能を搭載したソニー製品って結構前からあるじゃないですか。
しかしそれが話題になっているという話を全く聞かないのですよね。

■スマホ時代こそ活躍のとき リモート予約機能


あとはリモート録画予約ですか。これは素直に便利だと感じます。
ウェブブラウザに対応していればどの端末でも利用可能というのが大きい。

これならアンドロイド対応スマホやアイフォンでも気軽に利用できるでしょう。
今まで生活してきて録画をし忘れたけど帰る頃には放送が終わってるという場面に
何度も出くわしたのでこれはリアルに便利だと思います。




個人的な感想はこんなところでしょうか。
とりあえず発売されたら買うと思います。
そしてウチでの役割はメインレコーダーを補完する『スーパーサブ』 になるだろうなと。



ソニー・コンピュータエンタテインメント (2012-07-19)
売り上げランキング: 1



ブログパーツ
スポンサーサイト
[ 2012/04/18 20:00 ] ゲーム系 ソニー系雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tapiocasaaan.blog.fc2.com/tb.php/600-3ac0c1bd










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。