スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【DmCが最高に面白そう】 日本のスラッシュゲームは終わったのか

▼ダンテが全裸を披露…『DmC』Captivate最新トレイラー&ゲームプレイ(Game*Spark)




DmCはデビルメイクライの新作。いや、新作という表現はちょっと違うのかな。

デビルメイクライは世界中のコアなファンから愛されるシリーズ。
しかしその内容はいかにも日本の漫画チックで大多数の海外ゲーマーからは敬遠されているのが現状。
またシリーズを重ねる度に売り上げは落ちていて。

そこで今回、カプコンは新作の開発を海外の開発会社、ニンジャセオリーに委託し
欧米受けするキャラデザインと世界観で勝負に打って出たのです。

多くの日本ファンを捨ててね。このデザイン、従来のファンには非常に受けが悪い。
しかし自分は好きですよ、DmC。ダンテがダンテっぽくないけどかっこいいと思います。


そんな前置きはどーでもいいんだ。以前見たPVが面白そうだったので個人的にはもう予約準備段階。
しかし一つ気がかりだったのが開発がニンジャセオリーだということ。

あそこがこれまでに開発したヘヴンリーソード、エンスレイブドは両方体験版を遊びましたが
操作感がもっさりしていてあまり好きになれなくて。

自分が純粋なスラッシュゲームに求める物、それは触った瞬間の気持ちよさ。
ここが好きなれたのはベヨネッタ、初代デビルメイクライ、ゴッドオブウォー、ニンジャガイデンだけ。

この4つ以外のシリーズはアクションとは別の部分で楽しませてもらってます。
しかしDmCはあのデビルメイクライの新作でしょ。だから触り心地には一番こだわってほしい。


・・・とか上から目線で思っていました。


しかし今回のPV、あまりにも面白そうで。触り心地なんて結局実際に遊ばないとわかりません。
ただ過去の経験からPVを見て、そこが優れているか劣っているかを予想することはできます。

DmC、最高に面白そう。ここは素直にニンジャセオリーを賞賛したい。


・・・けれどこの部分でも海外にリードされたら日本の立場がないぞ、とも感じました。


スラッシュアクションというジャンルはそもそも日本が作り出し、常にリードしてきました。
ゴッドオブウォーの誕生で海外のユーザーは根こそぎ持って行かれた感はありましたけど、
日本のスラッシュゲームはまだまだ負けていないという認識だったのです。

海外にシューティングがあるように、日本にもお家芸としてスラッシュアクションがあった。

しかしニンジャガイデン3があんなことになり、DmCがこれだけおもしろそう。
もう日本で期待できるのはプラチナゲームズだけ。


スラッシュゲームスキーとしては悲しい現状を嘆くばかりですわ。




カプコン (2012-03-22)
売り上げランキング: 180

カプコン (2012-03-22)
売り上げランキング: 357


ブログパーツ
スポンサーサイト
[ 2012/04/12 20:00 ] ゲーム系 ゲーム雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tapiocasaaan.blog.fc2.com/tb.php/590-231b6432










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。