スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【3DSで鬼トレが?】 初代DSを発掘して『脳トレ』を再開しました



最近なんか物忘れがひどくてね。ええ、おっさん街道まっしぐらです。
このままにしとくとなんとなく不安なので以前購入した脳トレを再開してみました。


脳トレですよ、脳トレ。
2005年の発売からトータルで500万本以上を売り上げ、ニンテンドーDSが
社会現象になるに至った立役者であり伝説の老化防止ゲーム。


当時はブームに便乗してノーマルともっとを購入しましたよ。そんで三日坊主で終わりました。

こういう知育系のソフトは続いた試しがありません。


昔、中学時代にベーシックスタジオというプログラムソフトを8000円で購入したことがありました。






まあ簡単に言うとPS2版ファミリーベーシックですね。ファミ通で記事を読んだのですよ。

「PS2で君の好きなゲームをゼロから作れる!」
「解説漫画付きで初心者も安心!」


これを鵜呑みにして買ってみたのです。
そしたら漫画を読んで作れるのは画面に表示される無機質な●を十字キーで動かすところまで。

それ以降は受験の参考書並みの分厚いプログラム解説書を読まないといけないというね。
それでもある程度我慢して読んでみました。

そしたら気がついたんです。
「こんなことしているより受験勉強しなくちゃいけないんじゃね」


それ以降プログラム作成ソフトを触ったことはありません。


・・・ ・・・。


話が逸れました。知育系ゲームは苦手という話でしたね。




2005年に購入した脳トレは押し入れの深い深い奥底にこの小汚いポーチと共に格納されていました。




中身。




今見ると物悲しい、脳トレを続けられなかった罪悪感漂うスカスカのDSケース。





この初代DSはDSライトを購入したことで完全に脳トレ専用機となり、
脳トレ熱の収束と共に起動することが無くなってしまったのです。




長いことウチのDSの主力として活躍してくれたDSライトのホワイト。
これも3DSの購入と共に現役を引退しました。




今回、わりとマジで脳トレを続けようと思っています。
ブームだったあの頃、めちゃくちゃ売れたというのは聞きましたけど
果たしてどのくらい効果があったのかは甚だ疑問です。

その効果を長期間トレーニングすることで自らの脳で確かめてやろうか、というのが今回の記事の趣旨。

ここまで来るのにだいぶ回り道をしたけれども。


脳トレ専用機だった初代DS、往年のDSライトに敬意を払いつつ、
現世代機の3DSに脳トレを差し込んでちまちま遊んでいます。

しかしまだ6日しか続けていません。


しばらく遊んで、効果を実感したらまた報告します。


※これらの意見はあくまでも購入者の個人的な感想です










ブログパーツ
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tapiocasaaan.blog.fc2.com/tb.php/566-052af9d5










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。