スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゲームボーイミクロはGBAソフトを遊ぶのに最高の環境



最近ゲームボーイミクロでポケモンを遊んでいます。これを買ったのは確か2005年。
ハードの世代交代真っ直中だったゲームボーイアドバンスの上位機種として発売されたゲームボーイミクロは
当時のゲームファンを困惑させました。


「なぜ今ゲームボーイアドバンスの上位機種なのか」
「液晶とイヤホンの性能が高いのはわかったけど画面小さいし一部の周辺機器が使えないじゃんか」
「そもそもDSでGBAのソフト遊べるし」


ゲームボーイミクロはスーパーマリオブラザーズ生誕20周年の記念日に発売されたいわばファン向けのハード。
スタイリッシュなアルミ筐体と、小型ながら高性能な液晶とイヤホン音声機能は
今でも通を唸らせる逸品として任天堂のハード史に刻まれているのです。





本体の大きさはGBA向けの小型カートリッジと大差ありません。かなり小さいです。





音声はイヤホン推奨。本体のスピーカーはモノラル音声で音量も小さめ。
その反面イヤホンから出力される音声は高品質で、アクティブスピーカーなどに接続するといい音を鳴らしてくれます。





電源を入れて画面を撮影したところ。
ゲームボーイミクロは画面が小さい分液晶が高精細で実際に見るとかなり綺麗です。画面が明るいし。


そして一番力説したいのは『残像がかなり少ない』と言うこと。

ゲームボーイミクロをしばらく遊んだ後にカートリッジを差し替えて
ゲームボーイアドバンスやDSライトに表示してみるとその差は歴然です。


このゲームこんなに残像があったのかというくらい画面がぶれまくり。
移動するプレイヤーキャラに影のようにつきまとう残像はその差を体感した人しかイメージできないでしょう。


しかし一つだけゲームボーイミクロに対抗できる周辺機器が存在します。
それはゲームキューブ専用周辺機器の『ゲームボーイプレイヤー』


ゲームボーイプレイヤーはゲームキューブの底に接続して、ゲームボーイとゲームボーイアドバンスの
カセットを差してテレビ画面に映して遊ぶことが出来るという画期的なもの。


これ、家の押し入れにあるのですけど接続やら片付けが面倒くさいので今回はスルーします。
あっちの動画表示性能はあまり覚えていないのですが、大型テレビにゲーム画面を
表示できるというメリットはかなり大きくゲームボーイミクロと双璧をなす使える周辺機器です。


しかもあっちは初代ゲームボーイ対応。しかしゲームボーイミクロには持ち運びが出来るというメリットがあり。


・・・なんか話がごちゃごちゃしてしまいましたが、とにかくゲームボーイミクロは最強で
この後もポケモンエメラルドを遊びますよと。


ではまた。



任天堂 (2005-11-23)
売り上げランキング: 565


任天堂 (2005-09-13)
売り上げランキング: 4796



ブログパーツ
スポンサーサイト

1. 勉強になりますね。

小さくて見ずらい本体かと思っていたんですが、そんなメリットがあったんですね♪

しかし、ゲーム屋の店長時代、なかなか現金化できずに辛かった記憶が…
[ 2012/03/04 00:32 ] [ 編集 ]

2. Re:勉強になりますね。

>マージさん
そうなんですよ、小さいからって不便なわけではないのです。

そんでマージさん、ゲーム屋の店長だったとは!
驚きです。

ゲームボーイミクロはマニア向けの商品だったのでお店にとっては扱いづらいハードだったかもしれませんね。

しかし今でもファンが多いハードだと思いますよ。
[ 2012/03/05 07:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tapiocasaaan.blog.fc2.com/tb.php/561-7c98de72










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。