スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

BOSEの『Companion2』は最高のコストパフォーマンス



とうとうこれを買ってしまいました。
パソコンをするときは音楽を常に流しているのでスピーカーには色々こだわりがあります。


この度デスクトップのスピーカーを新調することになりまして、色々悩んだあげく選んだのがこのコンパニオン2。




開封してみました。ボディはそれほど小さくありませんがデスクトップに置くならこのくらいがちょうどいいかも。
フロントの編み目は金属で高級感があります。しかしそれ以外はプラスチック。




入力端子はコンポジット端子二系統。




全面にはヘッドホン端子も搭載。

このコンパニオン2の何がいいって、ずばりコストパフォーマンスですよ。
値段は定価11900円なのですが、この価格帯だとこれが最強です。

実際電気店に行って「アクティブスピーカーを探しています」と
店員に尋ねると確実にこれをオススメされるのです。

価格帯が20000円を超えるとミニコンポという選択肢もありえるのでそうなると話が違ってくるのですけど。
しかし置くスペースが少なくて済むのはアクティブスピーカーならではの強みですし
10000円というスピーカーとしては格安の価格帯で期待以上の音を返してくれるのが最高。

このコンパニオン2が優れているところ。

それは
①しっかりと響く低音
②音量をマックスまで上げても破綻しないバランスの良さ


なのだとか。これは店員から聞いた情報です。

小さいスピーカーほど低音を鳴らすのは難しい。しかし音は土台がしっかりしていないとバランスが悪くなる。
その点コンパニオン2はボーズ特有の低音がズンガズンガ鳴る設計で音質に安定感があります。

そして音量をマックスまで上げても音の破綻が少ない。
安いアクティブスピーカーはスピーカー本体の音量を上げると音が割れたりしてしまうらしいのですが
コンパニオン2は音量マックスで長時間音を出し続けても平気なのだとか。

まあ自宅のPCで音楽を聴くだけならソースの音量を上げてやれば問題ないのですけどね。


ウチには余っているスピーカーが一組あるので、10000円程度のアンプを買い足して
PC用のスピーカーにしようと考えていた時期もありました。

ただアンプは小型化が難しく、小型化=高コストになるためデスクトップ用の
低価格なアンプはなかなか存在しないのだとか。

10000円という予算、音質の聞き比べ、店員の情報、すべてを総合して
今日ヨドバシでこれを選んで買ったのでした。

現在、自宅に設置して1時間ほど音楽を聴いています。静かな環境で聴くとよりいい音に感じますね。
ちなみにウチのPCはノートなのでサウンドボードを追加できません。

しかしヘッドホン端子からそのまま音をひろうのも嫌なので折衷案的に
5000円くらいのUSBサウンドボードを使用しているのです。
これがあるとないとでは大違いですね、正直。



・・・まあここだけの話、個人的にボーズの音質はあまり好きではありません。
8年前に7万円くらいするボーズのホームシアタースピーカーセットを試聴せずに買って、
その低音傾倒な音質に失望した苦い経験もあります。

音質で言えば高音の伸びが心地いいオーディオテクニカあたりが好みなのですけどね。




BOSE (2006-12-01)
売り上げランキング: 2189


ブログパーツ
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tapiocasaaan.blog.fc2.com/tb.php/547-9165c641










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。