スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【洋楽CD】 ザ・フラテリスの『ヒア・ウィ・スタンド』US版を購入



ザ・フラテリス最後のアルバム、ヒア・ウィ・スタンドを購入しました。





裏面。




\パカッ/





中身。







フラテリスは1stが世界的にヒットしたものの2ndが売れなくて(おそらく)2009年に解散してしまったバンドです。
活動期間中に世に出たアルバムはたったの2枚でした。

上の曲は1stに収録されたリード曲、『For The Girl』。
For The Girlが収録されたコステロミュージックは売れたのでTSUTAYAで
取り扱いがあったのですけどヒアウィスタンドは置いていませんでした。
よほど売れなかったのでしょうか。iTunesやアマゾンを見ても1stほど評価は高くないようです。

フラテリスの魅力はなんと言っても一度聴いたらクセになる独特のメロディーセンス。
売れ線を意識していないのではないかというその感性丸出しの楽曲は聴くものを虜にします。

しかし二枚目のヒアウィスタンドでは曲を売れ線に寄せてきた事によって
独特のクセが薄れてしまったという意見が多いようです。






これが2ndアルバム、ヒアウィスタンドのリード曲『Mistress Mabel』。
この曲に象徴されるようにヒアウィスタンドはアクがすくわれて聴きやすくなったというか、
素直なロックアルバムだなと感じます。

買う前にiTunesで視聴してみましたけど、個人的にはこれはこれで好きだと感じました。
ちなみに買ったのは輸入盤でお値段1000円ちょっと。

そしてアマゾンから届いた後しばらく聴き込んでいます。
現在4周ほど聴いていますがアルバムとしての完成度はコステロミュージックの方が高いと感じますね。


フラテリスの解散を知ったのはつい最近。正直残念な気持ちでいっぱいです。

TSUTAYAでレンタルしたアルバムを聴き込んで、次回作を取り扱っていないからって
輸入盤を買ってしまうほど好きになるアーティストって実際それほど多くありません。

好きになったらどんなマイナーなアーティストでも掘り下げる、という信条で洋楽を聴いていますけど
そんな自分にとってバンドの解散はもっとも悲しい結末。

このアルバムはかなり前の作品なんで知ってる人は少ないと思いますけど、
これからも購入したCDは逐一報告します。

ではまた。


Here We Stand
posted with amazlet at 12.02.19
The Fratellis
Cherry Tree (2008-06-10)
売り上げランキング: 90106


ブログパーツ
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tapiocasaaan.blog.fc2.com/tb.php/539-c3bf2d21










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。