スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

BELKINのBluetoothレシーバーを買って失敗した



完全に失敗しました。買わなきゃ良かった。

以前ブログにこのような記事をアップしました。

▼Bluetoothレシーバーを買ったら音楽生活が劇的に変化した




部屋のメインシステムにBluetoothレシーバーを接続するだけで音楽生活が
一段階レベルアップしたことに感動し、勢いにまかせて書いたのです。


ちなみにこのとき繋げていたのはソニー製で7000円くらいしたBluetoothレシーバー。





これをそのままリビング専用Bluetoothレシーバーにしても良かったのですけど、
常に電源に接続してもバッテリーに悪影響だろうし。


なによりソニー製のBluetoothレシーバーはあくまでも外出用に
使いたかったので家用にもう一個買うことにしたのです。


そこで選んだのがBELKINというメーカーの安いBluetoothレシーバー。3000円くらいでした。
アマゾンでの評価も良かったし電源直接続だし、リビングで気軽に音楽を聴くならこれでいいかなとポチッたのです。


昨日、それが家に届いたので早速繋げてみました。


・・・ ・・・。


なんじゃこの音質の劣化具合は!!



正直驚いています。
結局Bluetooth通信の音質がいいという訳ではなく、単純にソニー製品が高品質だっただけのようです。


このBELKIN製のBluetoothレシーバーは音質最悪です。これじゃあ意味がない。
Bluetoothレシーバーはメーカーや値段によって質が大幅に違う、今回そんなことを学びました。




ブログパーツ
スポンサーサイト

1. 青歯は

私も以前たのここむで激安のBluetothのレシーバーを買いましたけど、劣化どころか雑音が入りまくってとても使える代物ではありませんでした。

やっぱり音楽機器は直接つないでナンボでしょうかね?
[ 2012/02/12 19:20 ] [ 編集 ]

2. Re:青歯は

>ノウスウさん
いや、ソニーのMW600はかなり使えましたよ。
品質によるのだと思います。

テキトーな安い製品は要注意ですね。
[ 2012/02/15 00:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tapiocasaaan.blog.fc2.com/tb.php/537-13c2cede










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。