スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【体験版感想】 『バイナリードメイン』は音声認識機能に注力したTPSだった






昨日2月1日水曜に配信開始された『バイナリードメイン』の体験版を遊んでみました。
バイナリードメインはセガの龍が如くチームが放つ世界をターゲットにしたシューティングゲーム。

世界をターゲットにしているわりには舞台が東京だったり登場キャラが
妙に日本人受けを狙っていたりと違和感を感じつつもプレイ開始。

~~~~~ ~~~~~

ここで操作方法を説明しておきます。

左スティックで移動、右スティックで視点操作。
L1で武器を構えてR1で射撃。
十字キーはそれぞれ4種類の武器に装備切り替え。

は注視。ゲームを進めるとリアルタイムでイベントが発生し、
を押している間は見ておくべき対象物に自動で視点を移動。
は武器を拾ったり対象物を調べます。
遮蔽物に接近して×を押すと身を隠します。移動中に×でローリング回避。
は銃器による打撃。

相手に話しかけられているときにL2で会話が出来ます。この機能はマイクを使用することで代替え可能。


ここまで書いてみると操作方法に目立った個性はありませんね。

~~~~~ ~~~~~

正直PVを見てもどんなTPSなのか想像できなかったのですが遊んでみて理解できました。
本作は仲間との連携が特徴の一風変わったシューティングであると。

遊んでみて一番驚いたのは音声認識機能に相当力が入っていること。
普通この手の機能ってゲームに搭載されていたとしても利用すればより楽しめますよ的な
おまけ感漂う仕様であることが大半です。

しかし本作ではマイクがオフになっていると画面に警告が表示されたり
音声認識のチュートリアルがやたら充実していたり。

さらにマイクを利用したほうがゲームがスムーズに進行する作りになっていて
しばらく遊んでいるともはやマイクは必需品なのではないかと感じ始めます。

そこで先日購入したBluetoothヘッドセットMW600をPS3に繋げてマイク機能を利用してみました。
使ってみた印象としては人と話すくらいハッキリと発音しないと音声を拾ってくれないということ。
正直な話1人でゲームをしていてなぜにゲームに向かってハキハキ話しかけなけりゃいかんのよと感じましたね。

MW600はマイク入力機能が貧弱なので専用のマイクを使えばもうちょっと
ぼそっとつぶやいても音声を拾ってくれるかもしれません。

戦闘中にリアルタイムで仲間が話しかけてくるのは新鮮味があります。
選んだ選択肢やゲーム中の行動によって信頼度が変化し、その度合いによっては
自分の指示に従順になるというあたりも日本のゲーム会社らしい手の込んだ作り。

この仲間との会話や信頼度システムのおかげで本作のキャンペーンモードはよりドラマチックに感じられ、
オンライン対戦をせずとも1人でも十分楽しめるというのは評価できるのではないでしょうか。

正直な話グラフィックはC級でシューティングにもそれほど目立つ特徴がないので
良くも悪くもこのドラマチックにキャンペーンを楽しむという部分しか売りはないでしょう。

あともう一つ感じたのは、遊んだ感覚がセガとプラチナゲームズが
タッグを組んで発売したシューティング、ヴァンキッシュに近いということ。
ヴァンキッシュの舞台は宇宙、バイナリードメインは近未来の東京、しかしパッと見た画は両者かなり近い。

そして両方に共通しているのは敵がロボットであるということ。
体験版で遊べたステージには巨大ロボットがボスとして登場し、
その倒し方はもろにヴァンキッシュの影響を受けていると感じました。


龍が如くはもともとグラフィックのクオリティや斬新なゲーム性が評価されてきたソフトではありません。
据置機で一年に一本のペースで製作するという超ハイスピード開発、
大物俳優を顔まで似せてゲーム中に登場させるという話題性、
極道の世界をテーマにしてバイオレンス表現で狭いターゲットのニーズを確実に掴むという戦略、
そして名越総合監督のプロデュース力。

単純に技術が優れているとか独自性があるとかそんなことでは語れないソフト、それが龍が如く。
そのスタイルは日本では受け入れられ、今やセガの代名詞となるまでに成長しました。

今こそ世界にその名を轟かせるとき・・・なのかもしれない。






セガ (2012-02-16)
売り上げランキング: 317


ブログパーツ
スポンサーサイト
[ 2012/02/02 22:30 ] ゲーム系 体験版感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tapiocasaaan.blog.fc2.com/tb.php/528-5f254772










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。