スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Bluetoothレシーバー(MW600)を買ったら音楽生活が劇的に変化した


つい先日Bluetoothヘッドセットを買ったことを報告しましたけど。
最近その意外な使い道を見つけたのでブログに書きたいと思います。


世間的には当たり前の事なのでしょうけど、この方法で使い始めてから
音楽との接し方が一つレベルアップしたと感じています。



ウチではこのように部屋の正面にメインのテレビとアンプ、スピーカー、ゲーム機、レコーダーなどを
繋げた全部入りのシステムがドーンと構えています。


そして部屋は4畳半と狭いのでこのメインシステムが正面にくる位置で作業をすることが多いのです。
そこでふと思いました。メインのアンプにBluetoothレシーバーからライン入力してみたらどうなるだろうかと。


結果は予想以上のものになりました。iPod touchでちょっとした作業をして、
ふと音楽が聴きたくなったらレシーバーに信号を飛ばす。




音を鳴らすのはメインのアンプとスピーカーですから当然音質は抜群。
高品質なBluetooth通信によって音声の劣化はゼロ。


まあわざわざこんな手順を踏まなくてもコンポにCDを入れて流しっぱなしにすればいいじゃないか、
という声も聞こえるような聞こえないような。


しかしコンポのスピーカーがベストな位置にあるとは限らない。
テレビもゲームも音楽も一つのシステムに集約できればスピーカーの設置場所も少なくて済みます。
ウチのスピーカーとアンプは結構高かったのですが、それにすべてが集約されるメリットは予想外に大きく。


そしてなにより高性能なiPod touchによるスムーズな楽曲切り替えが最高に気持ちいい。
自分は基本的に一枚のCDを通して聴くというよりは色んな楽曲を次々に再生したいので
このストレスフリーな操作は予想外にメリットが大きかったのです。


BluetoothとiPod touchによって劇的に変貌した我が家の音楽生活。
皆さんもぜひお試しあれ。


※追記


BluetoothレシーバーとiPod touchの接続は多少のラグが発生するのでゲームなどは快適に遊ぶことが出来ません。
そこはご注意を。





ブログパーツ
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tapiocasaaan.blog.fc2.com/tb.php/524-d353cb49










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。