スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

検索ちゃんネタ祭を見て感じた漫才芸人の世代交代

$タピオカのゲーム浪漫飛行

久しぶりのお笑いの話題をブログに書きます。残していて良かった、「お笑い・バラエティ」のテーマ。

検索ちゃんネタ祭は毎年年末に放送される既にブレイクした芸人たちによるネタの祭典。
ちょこっとだけ検索ちゃんの要素も入っていますがこの特番は基本的に
新作のネタを見て大いに笑おうというのが主体です。

THE MANZAIやキングオブコントと違って順位もなければガチの空気もなく
お客さんはただただ笑いに来ているので例えすべろうとも自身は傷つかない。

だからこそ既にブレイクした芸人も出演しやすいのだと思います。

全部見終わって感じたのは漫才やコントの旬の短さ。
その中でも特に漫才師は厳しいだろうなというのが率直な意見です。

品川庄司の漫才は見ていてちょっとつらいものがありました。
ネタって基本的に自分の内面の切り売りみたいなところがあって
それが時代と合わなくなっても漫才を強いられたときどう乗り切ればいいのか。

しかも本人はどんどん年を取るわけだし40のおっさんに学校のあるあるネタをやられてもちょっと引いてしまいます。

漫才中に本人たちもネタにしていましたけどもはや自分たちが
時代に合っていないということを自嘲気味に笑いにするしかない。

THE MANZAIでの博多華丸大吉も立場は似ていました。
40を過ぎ、ネタも限られた中で若者とのジェネレーションギャップもある。

それでもまだ売れていないから漫才をせざるを得ない。そんな彼らの姿はかっこよくもあるのですが。


で、結局何が言いたいのかというと爆笑問題はすごいということ。

彼らはある時点から漫才のテーマを時事ネタに絞ったため見る側との
ジェネレーションギャップという問題を完全にクリアしてしまった。

しかも太田は政治に強いし時事ネタをイジって笑いにするイメージもあるから漫才に違和感がない。
そして単純に漫才師として巧いしネタも最高に面白い。

あの芸歴でトリで漫才をやってその日一番の爆笑をかっさらう。
爆笑問題はかっこいいよ。


[予約投稿]


ツイッターアカウント「tapioca0330」はこちら

ブログパーツ
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tapiocasaaan.blog.fc2.com/tb.php/470-2142577c










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。