スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マジック2012(デュエルズ オブ ザ プレインズウォーカーズ) 感想

$タピオカのゲーム浪漫飛行




概要
マジック:ザ・ギャザリング—デュエルズ オブ ザ プレインズウォーカーズ 2012ではデザインを一新。
昨年大ヒットした本作のグラフィックとオプションを充実させ、新しいチャレンジも導入しました!

AI対戦の他に 仲間と楽しめる多人数戦が登場——協力して敵のボスを倒す魔王戦をプレイできます。
チームメイトが途中で抜けてもAIが代わりに参戦してプレイを継続できます!

本作で登場する10種類のデッキはすべてカスタマイズ可能。
カードを新たに手に入れてデッキを強化できます!

仲間と集え。 戦いが待っている。

$タピオカのゲーム浪漫飛行 $タピオカのゲーム浪漫飛行


▼マジック:ザ・ギャザリング -デュエルズ オブ ザ プレインズウォーカーズ 2012 体験版感想
(タピオカのゲーム浪漫飛行)
▼マジック:ザ・ギャザリング — デュエルズ オブ ザ プレインズウォーカーズ 2012
(SCE公式サイト)


以前体験版の感想を書いたマジック2012。
あの後製品版をダウンロードして一通り遊んだので製品版の感想も書こうと思います。

◆体験版感想に書いた内容をまとめてみる


●なかなかローカライズされないマジックザギャザリングがPSN版だけきっちり翻訳されている
●使用できるデッキは10種類。プレイを進めることで各デッキに16枚のカードがアンロックされカスタマイズが可能に。
●秀逸なチュートリアル
●デュエル進行の自動化が不完全か。頻繁に求められるボタン入力。

まとめるとこんなところでしょうか。不満も若干残りますがゲームの完成度としては申し分のないクオリティ。
デッキのカスタマイズが大幅に制限されていることに納得できれば十分楽しめるゲームとなっています。

◆キャンペーンモードのプレイ感覚はさながらドラクエ


プレイを開始してチュートリアルを終えて、さあここから何をしますかとなれば
とりあえずキャンペーンで一番弱い敵と戦ってみる、これしかないでしょう。

しかし初期のデッキだとこの一番弱い相手に勝つのが難しい。特に序盤のルールを良く理解していない状況なら尚更。
なぜこれほど相手が安定して強いのか。それはコンピューターの手札配列に人の手が加わっているから。
序盤に安定して配られるマナ、低コストのクリーチャー、スペル。これが何回戦っても崩れない。

まあカードゲームですから何回か戦えば一回くらいは勝てます。
そうするとその時使用したデッキに入るカードがアンロックされると。

このアンロックされるカード、どれも強力なものばかりで最後に近づくほどレアなカードが放出されます。
カードゲームって勝利した報酬で手に入るカードは弱かったり強かったりが
原則だと思うのですがマジック2012はちょっと違う。

勝てば確実にレアカードが手に入るけれど相手は強力。
これを遊んでいてデッキという名の主人公を地道に強化していく、ドラクエのようなRPGを連想してしまったのです。

ロックされた16枚のカードはだいたい10勝くらいすればすべて解除できるように設定されています。
用意されたデッキは全部で10種類。

今回のプレイでは半分の5個しかすべてのカードをアンロックできませんでした。
もうね、全部のカードを解除するのって意外と面倒なのですよ。

◆3対1の変則プレイ。魔王戦が熱い


マジック2012にはプレイヤー3人が束になって魔王となる1人のプレイヤーに立ち向かう魔王戦を遊ぶことが出来ます。

まあそれだけを聞くとどう考えても魔王が不利ですがそこは心配無用。
魔王サイドは計略という超強力なスペルを毎ターン発動可能なので。

どの計略が発動するかは完全にランダム。しかしその効果は超高校級。
マナをごっそり補充したり相手のライフをごりっと削ったり場のモンスターを一掃したり。

マジックザギャザリングって運の要素がかなり強いTCGなのですが魔王戦は
この計略によってさらにその傾向が強まった印象。
苦労して場にモンスターを揃えても計略で一掃されたりするとやる気が一瞬で削がれます。

なので個人的には魔王戦はあまり好きではありません。4人同時に遊べるという発想は面白いのですが。

◆マジック2012ではネット対戦が可能


やっぱ一番の魅力はここですよね。気軽に対人戦が出来る。カードゲームにおいてもはや必須の機能。
仕組みは簡単です。一対一、二対二、一対三のどれがいいかを選んで部屋をサーチすればいい。

該当する部屋がなければ自分がホストとなってマッチを作成する。そこに対戦相手がチェックインすれば対戦開始です。
今なら簡単に対戦相手が見つかるでしょう。

この対人戦、コンピューターの様に手札に調整が加わっていないのでガチンコの対決をすることが出来ます。
相手の思考時間が直に伝わってくるので若干ピリつく精神。これこそが対人戦の醍醐味ですね。



マジック2012はまー遊びましたよ。50時間は確実に超えていると思います。
950円でこのボリュームだったら大満足。

カードゲームが好きな方には確実にオススメしておきたい一本です。


DUALSHOCK 3 充電スタンド
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2011-04-21)
売り上げランキング: 106



[予約投稿]


ツイッターアカウント「tapioca0330」はこちら

ブログパーツ
スポンサーサイト
[ 2011/10/16 12:00 ] ゲーム系 ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tapiocasaaan.blog.fc2.com/tb.php/399-b956ec9a










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。