スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シャドウオブザダムド 感想

$タピオカのゲーム浪漫飛行


先日シャドウオブザダムドをクリアしました。ダムドは去年秋のノーモア★ヒーローズ2以来の新作須田ゲー。
発売前から積極的に情報を集めて遊ぶのを楽しみにしていたのですが
プレイしてみると決して手放しでは賞賛できない内容で。

まあ楽しめたところ、イマイチだったところは色々あるのでここから書いていきます。


◆シャドウオブザダムドは須田剛一なりの純愛ロードムービー

今さら説明不要かとは思いますがダムドは純愛ロードムービーという分かりやすい設定です。
ただしそこに須田剛一というアクの強いエッセンスが加わって地獄が舞台で
主人公がデーモンハンターという奇天烈な世界観のゲームが誕生した訳ですが。

主人公のガルシアは恋人のポーラを愛しています。そして最初から最後までひたすらポーラの影を追い続けます。
一方ポーラはというと要所要所で登場して殺されたり操られてガルシアを追い回したり
ヒステリックな性格でガルシアを罵倒したりとやりたい放題。

まあ純愛といえば聞こえがいいですが結局シナリオの引きが連れ去られるポーラを
追いかけるという一点にのみ集約されてしまうのは厳しいかなと。
これで10時間引っ張られるとさすがに遊んでいて飽きてしまいます。

ポーラに追いついたと思ったら実は幻影で体真っ二つ、中から悪魔というパターンをゲーム中何度見たことか。


◆空振りする須田剛一ワールド

須田さんのゲームはこれまで決して優れていないゲーム内容を完成度の高いシナリオでカバーしてきた、
そんなイメージを個人的に持っています。
しかし今作に限って言えばシナリオが若干空振りしているのではないかと感じてしまいました。

ポーラを追いかける道中、ガルシアは相棒のジョンソンと頻繁に会話しています。
相棒と二人で巨大な悪に打ち勝つ。これは映画だとバディものと言うらしいですね。

ダムドは登場人物が本当に少ないので須田ゲーらしさを味わうにはこの二人の会話しかないのです。
しかしここに心惹かれる何かが無かった。

この二人は舞台が地獄なのに結構脳天気な会話をしています。
そんな中には須田さんが仕込んだ笑いどころが満載。しかし個人的にはそれがことごとく不発でした。

ガルシアの口癖「悪くねえ」も最後までしっくりこず。


◆それでもシューティングは一級品

ダムドはバイオ4のようなTPSのゲーム。製作に三上真司さんが関わっているだけあってそこのクオリティは高い。
ハンドガン、アサルトライフル、ショットガンという三つの武器に加えて粘着性の爆弾や
ボーリングの玉大の転がる爆弾など特殊兵器の使いどころがちゃんと用意してあって飽きずに楽しめます。

本作には暗闇という概念が存在します。
暗闇の中では敵は無敵になりガルシアはほとんどの行動を封じられて体力も減り続けます。

基本的に暗闇の中では闇を晴らす手段を最優先で考える必要があります。

しかし闇の中でだけ攻撃可能なボスや闇に包まれると即死する敵も存在するため
必ずしも攻略の妨げになる訳では無い。

この暗闇と上手く付き合うことこそが本作を楽しむポイントなのではないかなと。


◆ゲームバランスの調整はあと一歩か

基本的に良質なシューティングとして楽しめるダムド。
しかし開発の調整ミスかと思える場面も一部存在しました。

例えば主人公の成長要素。キャラクターの成長はアカダマというキーアイテムを利用して行うのですが
その振り分け自由度が高すぎて本当に必要な要素を成長させることがないまま
難所を迎えてしまい厳しい状態に陥ってしまうことが多い。

自分の場合コンティニューしないように体力を優先的に上げたあとザコ戦に有効なショットガンを強化していました。
しかし突然アサルトライフルが効果的な強いボスが登場。

その時点ではアサルトライフルの破壊力を一切強化していなくてどれだけ攻撃しても
ダメージを少ししか与えられずリトライの連続に。

このようなことが多々あったので成長要素はゲーム側がある程度制限を持たせて攻略に必須の要素を
優先して強化させるような仕組みを作るべきではないだろうかと感じたのです。

もう一つの不満点。それは一部ボスの攻略法が分かりづらいということ。
ボスには体力ゲージが存在せずまた体力がやたら多いので
攻撃が効いているのか効いていないのか判断しづらいことも。

攻撃するとそれなりのリアクションをするのでずっとその方法で攻撃を続けてみるが
いつまで経っても状況が変化しない、違うアプローチで攻撃した方がいいのか悩むという場面が多発。

例えばある程度ダメージを与えると怯んだような様子を見せるとか動きで
残り体力を知ることが出来るような仕掛けは必要だったのかなと感じます。


◆良作には一歩及ばない惜しいゲーム

クリアしてみてそう感じてしまいました。ゲームはすごく面白いのに最後まで詰め切れていないというか。
そこをシナリオでも挽回できていなかったのも厳しかった。

正直買う前に期待したほどの内容ではありませんでした。


シャドウ オブ ザ ダムド【CEROレーティング「Z」
エレクトロニック・アーツ (2011-09-22)
売り上げランキング: 943


シャドウ オブ ザ ダムド【CEROレーティング「Z」】
エレクトロニック・アーツ (2011-09-22)
売り上げランキング: 2080




[予約投稿]


ツイッターアカウント「tapioca0330」はこちら

ブログパーツ
スポンサーサイト
[ 2011/10/08 12:00 ] ゲーム系 ゲーム感想 | TB(0) | CM(2)

1. その通り

極端に難しいところと、ダラダラしているところが混在していて、緊張感のないゲームですね。

全てが中途半端なゲームだと思いました。
[ 2012/05/27 08:49 ] [ 編集 ]

2. Re:その通り

>VESPさん
ゲームの作りが荒いのはいつものことなのですが。
須田さんが作ったにしてはシナリオや世界観に魅力を感じられなかったのが残念です。
[ 2012/06/08 01:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tapiocasaaan.blog.fc2.com/tb.php/397-09be289c










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。