スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

VCで配信中「カードヒーロー」の思い出

$タピオカのゲーム浪漫飛行


GBのカードヒーローが10日水曜から配信開始していたので早速落として遊んでみました。

カードヒーローはねぇ。本当に思い出深いソフトでした。

$タピオカのゲーム浪漫飛行


カードヒーローが初めて世に出たのは2000年春。この黒いパッケージでした。
当時は今と同じくらいカードゲームが大流行していまして。

カードゲームはルールをしっかり理解すればどんどん深く楽しめる。しかし初心者への敷居は高いのではないか。
そう考えた任天堂がこのジャンルに出した答え、それが初代カードヒーローだったのです。

カードヒーローは絵柄も地味で一見何のゲームだかよく分からない。当時の世間の反応は冷たいものでした。
発売日を迎えても全く盛り上がることなくワゴンセールの常連。

しかし遊んでみれば本当に面白い。
このカードヒーローの魅力をいち早く察知したファミ通は当時としては異例だった
単独ソフトでの長期連載コーナーを本誌に設けました。その主導役は浜村弘一さん。

ファミ通での連載は続きましたが認知度や売上に繋がることはありませんでした。
結局初代は知る人ぞ知る名作としてその生涯を終えたのです。

そんなあれこれから6年ちょい。


DSバブルで世の春を謳歌していた任天堂は過去の名作をDSでリメイク、
または続編をリリースという大変景気のいいことをがんがん推し進めていました。

脳トレブームで稼いだ資金にゆとりがあったのでしょう。
そんなソフトまで復刻するのか!という任天堂ファンにしてみれば夢の期間でした、あの頃は。

$タピオカのゲーム浪漫飛行


そんな中満を持して登場したのがこのDS版ですよ。
こっちにはそれほどハマっていなかったのでどれだけ売れたのかは知りません。

このDS版の最大の魅力、それはWi-Fiに対応したことで通信対戦が可能になったところ
もともとカードヒーローのサブタイトルは"トレード&バトル"なんですよ。

これがネット時代において不特定多数の人間と出来るようになった。これってすごく大事なことです。
どんなに優れたカードゲームでも対人戦の敷居が高いとなかなか広がっていかないですから。

GB版発売当時はネット上でカードヒーローの対戦が出来る同人サイトが何個かありましたが
それがDSになると公式にサポートされてしまったと。

このDS版が出てからカードヒーローの認知度は飛躍的に上がったような、そんな気がしています。

$タピオカのゲーム浪漫飛行 $タピオカのゲーム浪漫飛行 $タピオカのゲーム浪漫飛行


そんな自分とカードヒーローとの出会いはワゴンセールでした。当時新品が980円でしたかね。
買って遊んで、はまりすぎて大変なことになった記憶があります。

遊んで、遊び尽くして飽きて、また数年したら遊んで遊び尽くしての繰り返し。

確か時計内蔵でバッテリーが電池式だったと思うのでもうカードリッジでセーブは出来なかったような。

しかし!

任天堂はちゃんとバーチャルコンソールとしてリリースしてくれた。
これは嬉しかった。

・・・ ・・・。

今回、本当はカードヒーローの感想を書こうかと思っていたのですが
気がつくと語りすぎて記事一個分になっちゃいました。

と言う訳で感想は次回!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




ブログパーツ




スポンサーサイト
[ 2011/08/14 01:53 ] ゲーム系 ゲーム雑記 | TB(0) | CM(2)

1. キミもヒーローになれる!

パッケージにでかでかと載っている人が主人公・・じゃないのにびっくりしますね。
ポケモンに習ってパッケージにカードのキャラクターを載せていれば売り上げも変わったかな?
[ 2011/08/14 09:46 ] [ 編集 ]

2. Re:キミもヒーローになれる!

>ノウスウさん
主人公はカドマサルに憧れる普通の少年ですからね。

カードヒーローはモンスターのデザインが若干ださいのでパッケージに載せても効果は薄かったかも。
[ 2011/08/14 22:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tapiocasaaan.blog.fc2.com/tb.php/337-3df5929e










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。