スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

祝!LIMBOがPSNで配信開始【感想再掲載】

$タピオカのゲーム浪漫飛行




XBLAユーザーなら知らぬ者はいないであろう名作、LIMBO。
先日Trials HD、スプロージョンマンと共にXBLA名作三銃士としてパッケージ化されたのも記憶に新しいところ。

そのLIMBOが今度はPCとPSNでも遊べるようになりました。PSN版は8月4日木曜配信開始です。

$タピオカのゲーム浪漫飛行

ゲームのタイトルにもなっているLIMBO。それは天国と地獄の中間である"煉獄"という意味で。
このゲームは運命に逆らい、妹を救出するためにその煉獄に立ち入ってしまったある少年の物語なのです。

ゲームの基本は横スクロールアクション+謎解き。
しかしスクリーンショットを見てもらえれば分かるとおりただの2Dアクションパズルゲームとは違います。

①不気味かつ芸術的なアートワーク
②グロテスク&ホラー
③遊びやすさに配慮されバランスの取れたゲーム性


この3大要素がLIMBOを語る上で外せないポイントなのです。
同時にそれが強烈な個性となっていてこのゲームの評価がずば抜けて高いポイントでもあります。

$タピオカのゲーム浪漫飛行

これなんか背景で普通に人が首を吊っていますね。
この他にも死体を担いでスイッチの上に乗っけたり罠を回避したりと、その内容はなんともブラックで刺激が強い。
グロ系に耐性のない人は回避したほうが良さそうです。

しかしLIMBOはただグロくて怖いだけじゃない。


●序盤から説明書要らずで丁寧なチュートリアルを兼ねたステージ
●細かく刻まれたチェックポイント
●自力で仕掛けが解けたと錯覚させる絶妙な仕掛け
●適度なアクション要素


と2Dアクションとしても非常に良くできている。
作風が尖っているだけじゃなくちゃんとゲームとして面白いからこれだけの評価を受けているのですね。

$タピオカのゲーム浪漫飛行

で、まあ遊んでいて違和感を感じる部分もあることはあります。

序盤は死体を使った仕掛けや驚きに満ちた展開の連続でどんどん次が知りたくなる。

しかしプレイ半ばを過ぎたあたりから舞台は殺風景な工業地帯へ。
単純にテクニックや知恵を要求されるようなアクションばかりが増えてきて序盤で感じられた"らしさ"は薄れてしまった印象。

自分はこのゲームをクリアするまでに6~7時間かかったのですが、後半の1/3くらいは作業的だったように思います。

序盤のテンションがもう少し維持できるような作り込みがされていればなお良かったのではないでしょうか。

$タピオカのゲーム浪漫飛行

そんなような不満を感じながらもLIMBOが圧倒的な名作であることに変わりはありません。
家に居ながら1000円を切る値段でこれだけの作品が遊べてしまうことに驚きを隠せない訳です。

これまでXBLAとPSN両方で配信されたソフトには必ず体験版が付いてきていましたから
今回PSNでLIMBOを落としてみようと考えている方はまず体験版を遊んでみることとをオススメします。

きっと満足出来ると思いますよ。



ツイッターやってます。フォロー大歓迎!

ブログパーツ
スポンサーサイト
[ 2011/08/05 12:00 ] ゲーム系 ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tapiocasaaan.blog.fc2.com/tb.php/323-c388b2b3










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。