スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ノーモア★ヒーローズ レッドゾーンエディション 感想

$タピオカのゲーム浪漫飛行


マイルドでクリアしました。クリアタイムは16時間半。
マイルドは標準的な難易度なのですがWii版に比べると難しくなっていて
コンティニューをした分4時間ほど余計に時間がかかったという印象。

このレッドゾーンエディション、遊んでみると不具合の多さばかりに目を向けてしまいがちなのですが
結構オリジナルから改善されている部分も多くて一概に出来が悪いとは言えません。

そこでとりあえず要素を分解して羅列してみます。


【レッドゾーンエディションに追加された主な新要素】
●HDグラフィック
●CEROの年齢区分Zに基づいた過激な演出
●PS MOVEに対応
●ノーモア★ヒーローズ2から5人のボスキャラが参戦
●Wii版には収録されなかった幻のミッションが追加
●禁断のビューワーモードを収録


【不具合、マイナス要素】

●フレームレートが低いく安定しないためティアリングが発生
●特定条件でフリーズが発生
●突然画面が真っ暗になりプレイ続行不可になる場合がある
●一部コントローラーを認識しない(パッチで解決済み)
●ボタンの配置と操作系統の一部がおかしい
●ターゲットロックオンの性能が劣化
●障害物へのひっかかりが多数発生


【オリジナルから改善された要素】

●バイクに乗るボタンとミッションを開始するボタンが分けられた
●ミッションを失敗した場合その場でリトライ出来るようになった
●ミッションに挑戦する際2回目以降なら現地へジャンプ出来るようになった



レッドゾーンエディションを遊んでいて最初のうちは
これならWii版をやったほうがマシだと思ってしまったのも事実です。

しかし遊び進めるうちにWii版に存在した粗がきっちり潰されているのを目にして開発側も
最大限努力しているんだと感じるようになりました。

ここから上に挙げた要素の詳細を書いていきます。

①グラフィックとフレームレート

本作はグラフィックがHDに対応した代わりにフレームレートが安定しないという欠点を持ちます。
序盤はティアリングが所々で発生して嫌になっていたのですが
中盤を過ぎたあたりからなぜかこの症状は改善されていました。

フレームに関してはおそらくWiiとそれほど変わっていなくてグラフィックだけがHDに
なってしまったので余計に違和感を感じるのだと思います。
この辺はプレイヤーの慣れと許容が必要かと。

②ムーブとコントローラー認識に関する不具合について

自分はムーブを持っていなくてコントローラーも正常に認識されていたのでこの問題に関してはスルーします。

③その他追加要素

追加された5人のボスキャラ、お蔵入りミッション、ビューワーモード、Z演出に関しては素直に賞賛したいところ。
ミッションはそらお蔵入りになるだろうなというレベルのものですしZ演出も人を選ぶと思うのですが。
ノーモア★ヒーローズをよりコアに楽しみたい人向けでしょうか。

④フリーズと画面が真っ暗になる不具合

正味な話これが一番痛かったのではないかなと。
ノーモアってセーブポイント制なのでこういう不具合にはすこぶる弱い。

せめて自動セーブとかチェックポイントが保存されるとかいう仕様だったらまだ良かったのでしょうけど。
この不具合の何が怖いかというとサンタデストロイの町でやった作業が一瞬にして失われるということ。

ノーモアは町でやらされる作業がとにかく多い。お金稼ぎや殺しのミッション、バイト等々。
そしてその途中にセーブしたいと思ったら一旦自室に戻らないといけないのです。

⑤ボタンの配置、操作系統の不備

これもアクションゲームとしては致命的な問題。ボタンの配置はオプションでも変更不可で。
ロックオンボタンが一番押しづらいであろうL2に配置されていたり戦闘中はL1が空いていたりと
アクションの使用頻度とボタンの押しやすさが一致していない。

そしてノーモアの肝と言えばトドメのスラッシュ攻撃な訳ですがこれの前に
なぜか右スティックのクリックを求められるという謎の仕様。

おそらくすべてはムーブに対応したことによるしわ寄せが
ボタン配置と操作系統の不備という形で表れてしまったのだと思います。

⑥ターゲットロックオンの性能が劣化

これもなかなか痛い問題。基本的に一番近くにいる敵を最優先でロックオンしてしまうので
遠方に銃を持った敵が現れたとしてもなかなか近づけない。

ノーモアではガードとロックオンが同じボタンに割り振られているのでロックオンしないで
銃を持った敵を追いかけると周りの敵に攻撃されてなかなか近づけないし
攻撃をガードしようとすると近くのザコをロックオンしてしまって視点がそれに固定してしまう。

この場合最初から銃を持った敵をロックオン出来ればすべてがうまくいきます。
この手のゲームでは自分が向いている方向の敵を優先して
ロックオン出来る機能が入っていないとかなり遊びづらいのです。

⑦バイクに乗るボタンとミッションを開始するボタンが分けられた
Wii版ではバイクに乗るボタンとミッションを開始するボタンが同じだったのでミッション開始地点に
バイクを横付けするとミッションを開始したつもりがバイクに乗ってしまったりその逆もあったりと
かなりイライラさせられたものでした。

レッドゾーンではそれぞれのボタンが分けられたことでこの点が改善されています。

⑧ミッションのリトライとジャンプ

ノーモア★ヒーローズではバイトや殺しのミッションを受けると
その場までバイクで移動してミッションを開始する必要があります。

Wii版ではミッションに失敗してしまうとその場に取り残されて
もう一度ミッションの受注からやり直す必要がありました。
しかしレッドゾーンではミッションを失敗した際にリトライ出来るようになったのです。

そして一度クリアしたミッションとバイトは受注した後
現地へそのままジャンプ出来るようになり、より快適なプレイが実現しました。

Wii版ではミッションをリトライ出来ないというのが明らかな欠点だったので
そこを潰してきた開発陣は素直にすごいと思いますね。



なんか各要素を書き起こしてみると8割愚痴みたいになっちゃいましたね。

しかし大好きですよ、このゲーム。
リメイクにあたって多少の不具合はありましたけどオリジナルが最高のゲームですからね。

さて、感想も書き終わったので近々プレイ日記などを書く予定です。

乞うご期待!






ツイッターやってます。フォロー大歓迎!

ブログパーツ
スポンサーサイト
[ 2011/07/29 12:00 ] ゲーム系 ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tapiocasaaan.blog.fc2.com/tb.php/314-6b0ceacb










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。