スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

体験版レビュー6 ゴッド・オブ・ウォー 降誕の刻印

$タピオカのゲーム浪漫飛行

「ゴッド・オブ・ウォー 降誕の刻印」はSCEのサンタモニカスタジオが開発し
そのクオリティとキャラクターやステージの圧倒的でダイナミックな魅せ方に
定評がある「ゴッド・オブ・ウォー」シリーズ最新作になります。

ゴッド・オブ・ウォーシリーズはこれまでに据置ハードでのシリーズⅠからⅢまでと
PSPでの番外編に当たる「落日の悲愴曲」を販売してきましたが、
本作はPSPでの番外編の続編になっています。

これまで据置機での開発は本家サンタモニカスタジオが
携帯機での開発はRead at Dawnが開発し
サンタモニカスタジオは監修という体制で造られてきました。

本作はPSPの性能をフルに使い、まさに本体の性能を限界まで使用した力作となっています。

体験版は北米のPS STOREで先行配信していたため、以前にプレイ済み。
そしてつい先日、日本語体験版の解禁に合わせて遊んでみると音声がいつもの
吹き替えというだけあってまるで異なった印象。

序盤はゴッド・オブ・ウォーではおなじみのブレイズ・オブ・アテナを振り回して
敵を蹴散らし、巨大ボス戦では防御と回避をうまく使い最後にはCSアタックを使って
ダイナミックな演出の中ボスを仕留めるといういつも通りなプレイ感覚。

今回新しかったのは新武器である"槍"が登場したこと。
ゴッド・オブ・ウォーシリーズはアクションの爽快感だけでなく
個性豊かな武器をその都度切り替えながらプレイできるのも大きな魅力の一つ。
これまでシリーズでは様々な武器が登場した中でも槍のシステムは
今までにない斬新なプレイを可能にしていました。

槍のアクションの中で最も特徴的なのは左手に持った大きな盾で防御ができるところ。
これにより防御しつつも敵の遠距離攻撃を弾きながら敵の元へ
じりじりと迫っていくことが可能になりました。
おそらくこの武器はモンスターハンターシリーズのランスに閃きを得たモノでしょう。
そして防御からの攻撃ボタンで一体の敵を集中的に狙う連続突きを繰り出すことも可能に。

防御で距離を詰めた後は槍を振り回した広範囲攻撃が強力。
また遠距離に球数無制限で槍を投げて攻撃できたりと、
遠距離でも短距離でも使える非常に頼もしい武器となっています。

もちろん槍の盾による防御は完璧ではなくボスによる一部の
強力な攻撃はきちんと回避する必要がありますので注意が必要。

今回の体験版は特に難しいところもなく個人的には
ただただ槍の新鮮さ、操作する楽しさに圧倒された印象。
すでにPS3でⅢが出た後というだけあってハードの制約があるPSPでは
ゲームとしてそれほどリッチな体験は期待できませんが
シリーズのファンで体験版が気に入ったという方は購入してみるといいかもしれません。

最後に最新のトレイラーを貼って締めたいと思います。





ツイッターやってます。フォロー大歓迎!

ブログパーツ

スポンサーサイト
[ 2010/10/29 01:29 ] ゲーム系 体験版感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tapiocasaaan.blog.fc2.com/tb.php/28-4ce3d469










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。