スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ノーモア★ヒーローズ2 デスパレート・ストラグル レビュー ※注 ネタバレあり

今日は昨日クリアしたノーモア★ヒーローズ2のレビューなどを。

■前作よりゲームプレイがより快適に

前作は発売当時にプレイしていて、Wiiリモコンに特化した独特の操作感を
表現していながらもアクションとして遊んでいて面白い良作でした。
今作ではでは前作ののいいところは残しつつ、より快適に遊べるような調整が施されています。

一番大きいのは、戦闘中に視点が自動で最適な位置に移動してくれるため、
いちいち視点を動かす煩わしさが減ったことでしょうか。
前作は視点の調整は基本自分で行う必要があったのでこの部分が
解消されたことでグッと遊びやすくなった印象があります。

またステージ合間のロードとフロアを移動する際に画面が
ブラックアウトする場面が減ったため、よりスムーズに遊べるようになりました。

そして今作からはプレイヤーが操作可能なキャラとしてシノブとヘンリーが加わっています。
それぞれの特徴はそれぞれシノブはジャンプが可能でヘンリーはダッシュが可能ということ。
ただシノブとヘンリーは基礎がそれほど作り込まれていないのか、操作に粗が目立つ印象。

シノブはトラヴィスほど技が多彩でないため、攻めが単調。
またジャンプをするときにラグが生じるために動かしていて快適でないのが痛い。
ヘンリーはダッシュ攻撃が可能ですが主立った特徴は
それだけでシノブと同じく操作が単調になりがちです。
今回追加された二人のキャラは、あくまでゲームプレイのバリエーションを
増やすという目的なのだと捉えた方がいいのかもしれません。

■今回はサブゲームが豊富

前作ではお金を稼ぐ手段としてサブミッションが用意されていましたが、
今作ではそれらがファミコンゲーム風に進化しています。
サブミッションを開始する直前、カセットを吹いてカチャッと
本体にはめる効果音が流れるあたりがにくいところ。

また飼い猫ジーンとのじゃれ合いも、今作からダイエットという新たな目標が
できたためプレイヤーのモチベーションをいい具合に維持してくれます。
ちなみにダイエットを成功させるとある技を習得でるのでダイエットなんて
面倒くさいという人も最後まで付き合ってあげることをオススメします。

部屋にあるテレビでは「ビザール・ジェリー5」という某日曜朝子供向けアニメを
意識したであろうシューティングが遊べるのですが、これもまたなかなか作り込まれています。
このシューティングはクリアすると「ビザール・ジェリー5」のアニメビデオが手に入るので
興味のある方はぜひ。正直、このアニメ結構クオリティが高いです。

■独特の中毒性を生む須田剛一ワールド

今作のエグゼクティブディレクターである須田剛一さんが造る作品は一部のファンを
虜にするトゲのある、クセのある表現が魅力なのですが今作にもそれは存在します。

まずはボスであるランカーを殺ったときの「○○ Dead」という演出。
血の背景に繰り出されるこの演出はまさに須田節といえるのではないでしょうか。

またちょくちょくインサートされる謎の女性との風俗店内での会話。
その女性はトラヴィスがランカーと戦う直前にそのときの出来事について抽象的に
語っていくのですが、まず風俗店での会話という設定の時点でかなりブラック。
ここのシーンも須田さんならでは。

そしてやたらと多い首をはねる表現。おそらく首を撥ねるシーンはすべてムービーということで
CERO Dでおさまっているのでしょうが、これがゲーム中だったら確実に18禁だったことでしょう。

■トゲがありながらもユーザビリティに配慮された良作

今作は前作にあった独自性や尖った部分は残しつつ、
アクションゲームとしてより遊びやすく幅広い人に受けるように調整されいます。
まだ須田作品は体験したことがなかったり、クセがありそうで
敬遠していた人にもぜひ遊んで欲しい一作になっています。
スポンサーサイト
[ 2010/10/27 23:40 ] ゲーム系 ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tapiocasaaan.blog.fc2.com/tb.php/26-b72b8379










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。