スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

どつき合いで相手の精神を削り取れ 餓狼伝 Breakblow

$タピオカのゲーム浪漫飛行

$タピオカのゲーム浪漫飛行 $タピオカのゲーム浪漫飛行

$タピオカのゲーム浪漫飛行 $タピオカのゲーム浪漫飛行

山形に帰ったときに宝島というゲーム店で購入した餓狼伝Breakblw。
その時の模様はこちらでどうぞ。
我が青春のゲーム屋、宝島

このゲームはねー。もう板垣恵介作品が好きな人にはたまらないのではないかと。
Breakblowは一応餓狼伝をベースにしたゲームですが、
戦闘システムや格闘シーンが板垣作品特有の躍動感を忠実に再現しているので遊んでいて心が躍りますね。

もう同じシステムでバキのゲームを作って欲しい。
一応バキはPS2でゲームが一本出ていますがあれはあまり評判がよろしくないのですよ。

そしてゲームの内容ですが、まーとりあえずこの動画を見て下さい。



動画を見ると分かりますがこのゲームでは攻撃を受けてもよろけない。
つまり両方同時に殴り合うことが可能なのです。

板垣作品のひとつの美学として攻撃モーションに入っている最中に殴られても一切ひるまないというものがあります。
グラップラー刃牙の花山薫なんかがまさにその筆頭なのですが、Breakblowではそれを忠実に再現しているのですね。

そして体力が0になっても精神力を削られない限り負けない。
これって格闘ゲームとしてはありえない設定なのですが板垣ファンからしたら大歓迎の仕様です。
肉体がいくらダメージを受けても決して負けを認めない。彼らはそういう漢と漢の勝負をしているのです。

ちなみに体力が減れば減るほど敵の攻撃によろけやすくなって戦闘はどんどん不利になります。
体力が0になっても負けないとはいえ、それなりのリスクはあるのでなるべく体力を減らさないように戦うのがポイントです。

また各キャラクターには3つまでの必殺技が用意されていて、
精神ゲージを押し込まれて不利な状況に陥るとその使用が解除されます。
この必殺技1・2・3は能力の高いキャラクターほど威力が高い。
もう少しで勝てるという状況が一気にひっくり返るほどの必殺技を持つキャラも多いので最後まで気が抜けません。

戦闘の基本はこれらのシステムを頭に入れつつ上段中段下段へのパンチ、キック、強力なアタック攻撃、
投げで体力と精神力を削り合うというもの。

んで、これまで殴り合い熱さについて語ってきましたが、
結局投げからのコマンドが一番強かったりします。
投げモーション中に攻撃を受けても、怯まず相手を掴めるのも大きい。
そうなると有利なのがプロレスラーや柔術家。
この辺はプロレスへのリスペクトを掲げている板垣先生の作風を反映しているのかなと。


最後に。
やっぱ一番の見所は地上最強の生物である範馬勇次郎の参戦でしょう。

勇次郎の出現条件は、百戦錬磨というモードで一度も負けずに100戦目に登場する勇次郎に勝つというもの。
正直条件をググったときはやる気も起きないほど厳しい条件だなと思ったりもしましたが、
難易度を「易しい」にして挑んだらなんとあっさりクリア!

というわけでBreakblowでの範馬勇次郎の勇姿を見てもらって今日は締めたいと思います。
$タピオカのゲーム浪漫飛行

$タピオカのゲーム浪漫飛行




餓狼伝 Breakblow
餓狼伝 Breakblow
posted with amazlet at 11.05.21
ESP (2005-11-17)
売り上げランキング: 14329


こっちはバージョンアップ版です

餓狼伝 Breakblow Fist or Twist
エンターテインメント・ソフトウェア・パブリッシング (2007-03-15)
売り上げランキング: 8712




ツイッターアカウント「tapioca0330」はこちら

ブログパーツ
スポンサーサイト
[ 2011/05/20 07:00 ] ゲーム系 ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tapiocasaaan.blog.fc2.com/tb.php/232-09833601










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。