スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

XBLA探訪:MOON DIVER(ムーンダイバー) 体験版感想

$タピオカのゲーム浪漫飛行

$タピオカのゲーム浪漫飛行

すいません、今回のXBLA探訪はPSN版ムーンダイバー体験版の転載です。
手抜きですいません(´・ω・`)

公式サイトによる概要はこちら

________________________________________________
少年の名はファウスト。

ファウストという名前の少年がそこにいる、ということに人々が気づいた時、
すでにヨーロッパの大半が焼き尽くされていた。

2081年、日食直下のバルセロナ。 ふいに、廃墟の中から5人の戦士が現れ、逆襲を仕掛ける。

簡単な操作で遊べる横スクロールアクションゲーム。 1人プレイ~最大4人の協力プレイが可能。

地上のみならず壁、天井をアクロバティックに駆け抜けステージを攻略せよ!

キャラクターはレベルアップする他、連携必殺技ムーンサルトコンビネーションなど
様々なシステムを搭載。 その名は<ムーンダイバー>

______________________________________________



ここから転載です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
最近配信開始されたムーンダイバーの体験版を遊んでみました。

これ最初見たときにちょっと驚いたのはRPGのイメージが強いスクエニが
アーケードとは言えバリバリの横スクロールアクションを作ったということ。
XBLAやPSNではこの手の多人数参加型ベルトスクロールアクションは密かなブームというか
ちょっとしたいちジャンルを築いていますけれどもスクエニもそこへ参入したかたちですね。

配信型のゲームは世界市場への展開が比較的容易ですから日本製のソフトを
遊んでみるとローカライズ前提の作りだな、と感じることが多々あります。

絵柄は日本受けしやすそう、でもインターフェイスが汎用的(というか作り込みが甘い)だったり
フォントが簡素、文字の間隔に違和感などなど。
しかしこのムーンダイバーは比較的よく作り込まれているのではないかと。
まあ世界を狙うといっても絵柄がアニメ調な以上、かなりニッチな商品であることは間違いないでしょう。

ゲームの方は手触りが良く、かなり作り込まれているなと感じました。
Wiiで和風なグラフィックを売りにした2Dアクションの傑作、朧村正というソフトが
ありますが遊んだ感覚はあれにかなり近いです。

挙動は軽すぎず重すぎず操作にテキパキ反応して動くので安っぽい印象はなく、
連撃で敵をバサバサ斬っていくのは快感。
タイミングを見計らってMP消費の大技を使うと画面上の敵を一掃できていいアクセントになっている。

体験版は複数でのプレイに対応していなかったのでその辺はどうなのかは分かりませんが
少なくとも一人で遊ぶために買っても損はしないと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

転載終わり。


後から知ったのですが、ムーンダイバーを作ったのはPS1ストライダー飛竜の開発者だそうで。
どうりで雰囲気が似ているなと思ったのですよ。

ちなみに4Gamerによるクリエイターインタビューにもリンクを貼っておきます。
「MOON DIVER」は,なぜこの時代に2D横スクロールアクションというジャンルなのか? 
再結成した「鈴木爆発」コンビ,安藤武博氏と四井浩一氏に聞く


今日はこの辺で。


Xbox Live 3500 マイクロソフト ポイント カード【プリペイドカード】/マイクロソフト

Amazon.co.jp

Xbox Live 1400 マイクロソフト ポイント カード【プリペイドカード】/マイクロソフト

Amazon.co.jp


ツイッターアカウント「tapioca0330」はこちら

ブログパーツ
スポンサーサイト
[ 2011/05/09 23:43 ] ゲーム系 XBLA探訪 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tapiocasaaan.blog.fc2.com/tb.php/225-b67f3669










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。