スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

我が青春のゲーム屋、宝島

$タピオカのゲーム浪漫飛行

どうもー無事山形から帰還しましたタピオカです。

突然ですが、山形に帰ってひとつ再確認出来たことがありました。
それは子供の頃からよく通っていたあるゲーム屋さんのお話。

自分の地元の山形県庄内地方は上の写真のような田園風景の広がるなーんにも無いところ。
しかしそんな田舎にもゲーム屋さんはいくつかあるのです。

その中でも自分が足繁く通い詰めたのが宝島というお店。

いや、何個かあるゲーム屋さんの中でほぼ宝島にしか行かなかったのは別にこれといった理由も無いのですよ。
ただなんとなくゲームがしたいなと思ったら自分の中では宝島一択でした。

そんで今回久しぶりに山形に帰ったということで宝島に行ってみたのですよ。




そしたらなんというかお店に入った瞬間からわくわくするというかテンションが上がりました。
これは懐かしさだけのものではなかったのです。

なんというか宝島ではゲーマーを刺激するような陳列がなされていて、直感的に刺激を受けた気がしました。
ああ、ここは新作か、ここはPS3か、PS2か、PSPか、DCか、PS1かと見ていって各コーナーのソフトを細かく
チェックしてもちゃんと良いソフトが揃ってるし自分好みのタイトルも多い。

ここで( ゚д゚)ハッ!と気がつきましたね。

自分が宝島が好きだったのはなんとなくなんかじゃない。
本能的に気に入ってしまっていたんだなと。

初めて宝島に行ったのは小学校高学年くらいでしょうか。それから時が経つこと10数年。
こんなにも時間がかかってしまいましたが、自分はこの店が好きなんだという事実に気がつくことが出来ました。

しかしこれだけ長い間ゲーム屋さんとして存続出来ているなんて賞賛に値するくらい凄いことだと思います。
庄内は少子化や大手の進出で小さなお店はどんどん潰れていますから。

そしてなによりゲーマーとしての自分の原点とも言えるお店が潰れずに
営業しているということをこれほど幸せに思ったことはありませんでした。

ちなみに宝島の隅っこにはトレーディングカードルームが設けられていてパッと見た感じ
全体の3分の1はTCGや小物系フィギュアかなといった印象。

しかしそれでも立派ですよ。あれだけの、通を唸らせる品揃えを誇るのですから。

そんな宝島で今回購入したのがこちら。

$タピオカのゲーム浪漫飛行

PS2版の餓狼伝でした~。値段は680円からGW割引が適用されて1割引の612円也。
たった68円ですがこういうきめ細やかなサービスが施されているのも宝島が好きなポイント。
そんで元の値段が安い!中古ですが状態はばっちりでこの値段なら文句無し。

次に山形に帰るときも宝島が存続していること願って、今日は締めさせていただきます。



ツイッターアカウント「tapioca0330」はこちら

ブログパーツ
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tapiocasaaan.blog.fc2.com/tb.php/221-31935f7a










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。