スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ファミ通Wave 最終5月号 感想

$タピオカのゲーム浪漫飛行

とうとうこれを書くときがやって参りました。ファミ通Wave最終号感想です。
今月号で最後なんです。もう続きは観られないんです。

ファミ通Wave読者になって8年半。この間毎月一回はファミ通Waveを観るという生活が習慣化してしまい、
今さら休刊とか言われてもこの先どうスキマを埋めていったらいいんだという虚無感でいっぱいです。

・・・さ、まあそんなコトを言ってても始まらないので最後の感想きますよ!

今月号のコンテンツはこちら

1ch アメリカザリガニのキカイノカラダ 「パワフルプロ野球2010」後編

2ch ボーズの○○タイム 俺たちとボーズの○○タイム

3ch ファミ通TVジャンボ

4ch 照英兄貴のGAME CAMP!!

5ch クロスレビューチャンネル 「ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート」

6ch 魔界むらっ! 平井有未

7ch よりぬきポッドキャスティング

8ch 7BIT ch

9ch ナッツ企画

10ch げいむ道 OD THE DEAD ~最後の晩餐~

11ch 憂えるゲームおっさん

12ch ファミ通Wave最終号追悼企画 「クイズ!俺たちのルパン小島」


※今月号は全コンテンツを観ました。そうです、本気なんです。


______________________________________________

ここから感想です。

1ch アメリカザリガニのキカイノカラダ

キカイノカラダはほとんど観ていないので前後のつながりがよく分かっていないのですが
どうやらアメザリとスタッフがそれぞれパワプロのサクセスで選手を育成してきて収録でCPUと対決している模様。
それぞれが育成した選手はどれもパラメータが高くCPU対CPU戦ではアメザリチームが圧勝。
そこで今度はアメザリチームの選手を平井と柳原がそれぞれ操ることに。
平井が相手打線を0点で抑える中、選手の能力は高いはずなのに柳原が全く打てない。

言うまでもなくキカイノカラダは今月で最後。ここで負けたら番組の締めとして最悪の結末に。
それが分かっている柳原はマジのド緊張、そして最後にランナーを返して1点をもぎ取ったときの
表情は忘れることは出来ません。

結果はアメザリチームの勝利。ホントに良かった。今までお疲れさま。

2ch ボーズの○○タイム 俺たちとボーズの○○タイム


オープニングもなく突然始まる番組。レトロゲームを普通に遊ぶボーズと内沢。
その後ろに映し出される○○タイムの名場面に懐かしさと寂しさを感じながら観ていました。
番組のラスト、突然居なくなる3人。これがホントのホントでラストなんですね。
あの訳の分からない奇天烈なブリッジ映像ももう観ることが出来ない。寂しすぎます。

3ch ファミ通TVジャンボ


神谷浩史と金田朋子がMCのこの番組も今回でラストです。
ファミ通Wave歴は浅いコンテンツですが金田さんの天然ぶりは強烈にインパクトに残っています。
何でも、ファミ通TVジャンボは女子中高生からの人気が高く、アンケートでもダントツで人気なのだとか。
もともとケータイコンテンツからファミ通Wave本誌に引っ越してきたという経緯もあり
今後何らかの形で継続される可能性は大でしょう。

4ch 照英兄貴のGAME CAMP!!


照英兄貴、ラストはロックマン9のトルネードマンステージ攻略に挑む。で、挑戦失敗。。
ラストにそれはないだろ!

5ch クロスレビューチャンネル


コーナーが終わることを嘆いているファミ通編集長・カミカゼ長田と女子編集者の3人ですが
あんたらには帰るところがあるだろと。ホントに大変なのは解散してしまうファミ通Waveスタッフ。
結局最後まで声出てなくて聞き取りづらかったね。

6ch 魔界むらっ!


今月はなんと元グラビアアイドルでアメザリ平井の嫁の平井有未が登場。
しかし結局水着姿は見られず。( `д´) ケッ!

7ch よりぬきポッドキャスティング


今月号はルパン小島がポルノ鈴木を好きかも知れないと告白した衝撃の回を振り返ります。
ルパンさんはそっちの気もあるってのか。。
そんでこれがラストかよ!ホントにぶっ飛んでる。でもこんなのはまだ序章にすぎない。
この後もっとクレイジーな企画がたくさんありますから。

8ch 7BIT ch


滋賀県までカスタム筐体を届けたついでにゲーム屋さんをディグるという今回の企画。
それほど面白い収穫物はなかったもののポルノ鈴木のリポートは何回観ても面白い。

最後に21回続いた7BIT chを総括。ファミ通Waveの歴史的にはそれほど長く続いたコンテンツでは
ありませんでしたが、毎回これぞWaveという濃い内容で個人的にかなり好きでした。

9ch ナッツ企画


ファミ通町内会を担当する編集者、ナッツの企画。この人あんまり面白いと思わないので正直内容は謎でした。

10ch げいむ道 OF THE DEAD ~最後の晩餐~


増子直純、松島初音、ポルノ鈴木、マスクドUHが明日死ぬならこの一本というテーマで
ゲームを持ち寄ってみんなで遊ぼうという企画。
個人的に印象に残ったのはディシプリンを持ってきた松島初音でしょうか。
この人だいぶ前からゲーム系タレントとしての道を歩んでいますがディシプリンをオススメするとか相当変わり者だなと。
もうゲーム以外の仕事をする気ないのか。

そんでマンハント1を持ち込んだマスクドUH。
残虐シーンの連発でスタジオは大いに沸いていたのですが正直殺害シーンがエグすぎて見るに堪えない。
でもそういうアングラな世界を我々に届けてくれるのがマスクさんの役目でもあるし、
実際そういうのに興味もあるのでこの人は好きですね。

11ch 憂えるゲームおっさん


長いこと続いたきたこの憂えるゲームおっさんも今回で見納めです。
このメンバーはホントに濃い組み合わせで、自分のようなヘビーWave視聴者でも
観た後に若干のクドさを感じてしまうのですが、やっぱりクセになる。

ブラックサンデーモーニングシステムで最後の喝!天晴れ!をジャッジした後はなぜか
植地さんの呑み仲間の普通の石橋ちゃんが登場。
何でラストにゲームに詳しくもない一般人を出すのか疑問。こんな締めでいいんですか?

12ch クイズ!俺たちのルパン小島


出ました、今月号最大の問題作。
ルパン小島についてのクイズを○○タイムチームとアメザリチームが
答えるという内容なのですが、問題がいちいちエグイというか。

表沙汰にはなっていませんがファミ通Wave編集長のルパン小島は結構不祥事というか問題を起こしてきた
みたいでそれにやんわりとかすったクイズが次々出題されます。

まあ突然「私はうつ病です」とかいう文章がクイズに組み込まれていたり(ルパンさんはリアルに落ち込んでいる)、
エンターブレインの受付嬢と会議室で淫行、意中の人妻を本気で口説いて不倫しかけたなどむちゃくちゃ。

このチャンネルは5月号のラスト。いわばWave読者が一番最後に観るコンテンツな訳です。
そこでこれまで雑誌を支えてきた○○タイム、アメザリの二人、最後にルパンさんにコメントを求められたのに
てんぱって全員を差し置いて勝手に締めてしまう。しかもコメントも短くテキトー、心を打たない。
正直こっちは泣く準備は出来ていました。


でもね。これがファミ通Wave編集長ルパン小島なんですよ。

こういう面も含めてみんなから愛されている。
こんなぐだぐだなラストでもルパンさんならオーケーという空気が会場を包んでいましたもんね。

______________________________________________

これにてファミ通Waveの全コンテンツ紹介はおしまいです。ホントに楽しかった。

ファミ通Wave、
今まで本当にありがとう!!!


最後にファミ通Wave本誌に掲載された自分のコメントを貼り付けて終わりたいと思います。
合掌。
$タピオカのゲーム浪漫飛行




ツイッターアカウント「tapioca0330」はこちら

ブログパーツ

スポンサーサイト
[ 2011/04/07 01:37 ] オワタ系 完・ファミ通Wave | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tapiocasaaan.blog.fc2.com/tb.php/193-7b146e9c










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。