スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

思い出のレトロゲームを振り返ろう その2 オメガブースト

$タピオカのゲーム浪漫飛行

$タピオカのゲーム浪漫飛行

思い出のレトロゲームを振り返るこのコーナー、第2回目はオメガブーストです。
このパッケージを見て何か気がつきませんか?右下に注目です。

そう、何を隠そうこのゲームを開発したのはグランツーリスモシリーズでお馴染みのポリフォニーなんです。
オメガブーストはバリバリのシューティングゲーム。
この当時なぜそんなゲームをポリフォニーが開発したのかという経緯は知りませんが、
ゲームの内容は一級品でさすがグランツーリスモの開発会社だけあるなといった印象。

オメガブーストが発売された1999年当時はちょうどPS1の全盛期。
とは言えこれほど硬派なイメージのシューティングゲームを当時PS1ユーザーに多かったライト層は
手に取ってくれなかったのでは?と思ってしまいがちですがそれはSCEお得意のキャッチーなCMが解決してくれました。



このCM面白くないですか?あの頃のSCEはこんな風に一度見ただけでゲームに興味の無い人にも
ソフトを買わせてしまうようなインパクトのあるCMを量産していました。

で、そういったCMを見て興味が出たから買ったという人たち。
そんなライトなゲーマーも遊び始めると自然と操作方法を覚え、知らぬ間にどっぷりハマってしまう、
シンプルで奥深いゲーム性を実現していたのもこのゲームの特徴でした。

360°を自由自在に動き回って敵を撃つと聞くとかなり小難しそうな操作を要求されそうに
思ってしまいがちですがホントにプレイヤーがやることは簡略化されていて。

敵が出現したらL1で視点を自動補正→軽くLスティックを動かしてロックオン→シュート!

たったこれだけ。
ホントに大げさではなく初めて遊ぶ人でもステージ3くらいまでなら操作を覚えて難なく進めてしまうでしょう。

このゲームで一番キモチいいのは、なんといってもロックオンが簡単に決まるところ。
普通この手のゲームでロックオンというと照準を重ねた敵にしか適用されず画面すべての
敵をロックオンしようとするとかなりの手間が必要になる場合が多いのですが、
オメガブーストの場合ちょろちょろっと照準を動かすだけで簡単にロックオンしてくれる。
そして放たれるロングビーム、当たれば敵を一撃で破壊。

直線方向にしか撃てないバルカン砲でちまちま敵の体力を削るというシューティングの常識を完全に覆しています。

ボスには連鎖で10連ロックオン、攻撃をダッシュで回避して10連ビーム発射!
これ以前もこれ以降もこんなに爽快感のあるシューティングゲームには出会ったことがありません。

操作に慣れてくると意外とキャンペーンモードはすぐにクリア出来てしまいます。
しかしその後もハードモードやより難易度の高いミッションに挑戦していくという遊び方も出来て。

小難しい操作はいらない、直感的に遊べるという古き良きアーケードスタイルを踏襲した一本でした。
スポンサーサイト
[ 2011/03/24 23:09 ] ゲーム系 ゲーム雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tapiocasaaan.blog.fc2.com/tb.php/181-6b97bd52










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。