スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今週のファミ通感想 2/10・17合併号 1156

$タピオカのゲーム浪漫飛行

今週もやってきました、ファミ通の発売日。
今号は合併号ですがいつものように値段割り増特別号を出すための布石ですので来週も普通に発売されます。
それでは超偏った個人的ファミ通感想、いってみよ!

p10 巻頭特集① カプコン・竹内順氏に聞く2011年の展望と戦略
~夏までに二回は驚かせます!!~

$タピオカのゲーム浪漫飛行

稲船さん亡き後カプコンの実質的な開発トップに立っているであろう竹内さん。
その竹内さんがカプコンの今後の展望について熱く語っています。

内容をまとめると
・2010年は新規タイトルと定番タイトルの両輪が噛み合っていた。
・カプコンの"グローバル戦略"という言葉は勘違いされている。
 "グローバル"には北米がありヨーロッパがあり、日本もある。
・海外のオープンワールドゲーは日本には作れないということはない。
 日本の開発者の平均値は海外に負けていない。
・2011年は2011年以降へ向けた弾込めの時期。
・3DSはとんちの効いたハード。
・未発表の2011年向けタイトルがある。夏までに2回驚かす。


竹内さん、とにかく年内にユーザーを驚かすみたいなことを繰り返してますが、
いつものように具体的には何も明かさず。そんなんじゃ期待できませんよ。

p14 巻頭特集③ プラチナゲームズのつぎの挑戦は"多人数乱闘格闘アクション"!!

$タピオカのゲーム浪漫飛行

プラチナゲームズの次の発売タイトルが多人数格闘アクションの「マックスアナーキー」に決定したそうです。
内容は簡単に言うと、マッドワールドみたいなシステムでユーザー同士がオンラインで殺し合うゲームっぽい。
ハードはPS3と360。開発は2年くらい前からだそうです。

ちなみに稲葉さん、プラチナゲームズを自ら変態的なデベロッパーと言っていたのには吹きましたw

p36 トゥハート2に板尾が興奮

$タピオカのゲーム浪漫飛行

板尾さんまじですか・・・。

p47 ニンテンドー3DS体験プレイリポート

$タピオカのゲーム浪漫飛行

3DS体験会のプレイリーポートが掲載されています。数が多いので気になったものだけ。

スーパーストリートファイターⅣ 3D EDITION

・タッチスクリーンが田の字状に区切られてそれぞれの領域をクリックすることでスーパーコンボ、
 ウルトラコンボ、必殺技などを繰り出せる。
・ボタンのみの操作も可能

nintendogs+cats

・子犬と子猫のもふもふ感にうっとり
・あくびをした口の中まで立体的に
・ごろんと寝転がったときの腹の毛が薄くなっているのも愛らしい

リッジレーサー3D

・従来とは全く違った作品になっている
・3D立体視の恩恵なのか目に映るすべてのものが新しく見える

新・光神話 パルテナの鏡

・試遊版はダイジェストで簡略化されている
・ボス戦はダッシュや回避で攻撃を避けながら弱点を狙い撃つというアクションが心地いい

METAL GEAR SOLID SNAKE EATER

・蛇の動き方や舌のチロチロ具合など立体ならではの気持ち悪さが

ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D

・ハイラル王国が画面の中に実在していると思えるほどの空気感
・グラフィック的なスペックの数値的な向上では計りきれないほどの存在感が

バイオハザード リベレーションズ

・とにかく怖くて懐かしい
・一歩進むたびに感じた緊張感や恐怖感が蘇った

スティールダイバー

・奥行きのある深海の美しさにびっくり
・魚雷の直撃で沈没する敵戦艦の挙動がリアルで病みつきになる

p72 いい電子 582

$タピオカのゲーム浪漫飛行

今週は引き続きモンハンの話題。
なんとみずしなさん、モンハンのプレイ時間が100時間に迫っています。
なぜそうなったかを色々検証していますが、
結局は助言をしてくれたフジイさんのおかげだったことに気がつきます。

p209 福満しげゆきのほのぼのゲームエッセイマンガ

$タピオカのゲーム浪漫飛行

シュタインズゲートにはまっている福満さん。このゲームが大好きなのにも関わらず、
友達に紹介するときはオタクと思われたくないばっかりに貶めるような紹介をしてしまうらしいです。

p258 ファミ通Wave 3月号紹介

$タピオカのゲーム浪漫飛行

今月のファミ通Waveは1月29日土曜日に発売されます。みなさんもぜひ!

p268 桜井政博のゲームについて思うこと

$タピオカのゲーム浪漫飛行

1992年4月、初代カービィ発売前に桜井さん曰く「すべてにおいて上を行かれた」という
「ギミック!」というソフトが発売されてしまったそうです。
後にも先にもあんなことはこの一回だったと語っているだけあって桜井さん、かなり悔しそう。
こういうクリエイターの内面も知ることが出来るこのコラムはやっぱり最高ですね。

p269 洋ゲー発着便 エアポート51
#195 海外音楽ゲーム最新事情に迫る! PART⑥

$タピオカのゲーム浪漫飛行

今週は海外音楽ゲームの流れを一気に変えてしまったソフト「The Beatles:Rock Band」を深く掘り下げています。
このソフトが発売された後は急激に流れが変わり、
音楽ゲーム=パーティーゲームという構図が完全に出来上がってしまったのだとか。

そしてビートルズの許諾を得るために2年を費やしたという話も興味深い。
それを聞いた須田さんの「胃が痛くなる」というのもうなずけます。

そしてこの直後須田さんから
「そういった難しい交渉を乗り越えて、
すべてのエンターテインメントが一緒になってビジネスをしているのが洋ゲーなのでは?」

という結論に近い一言が。
_____________________________________________


今週のファミ通感想はここまで。また来週お会いしましょう。

ブログパーツ
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tapiocasaaan.blog.fc2.com/tb.php/142-4767c818










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。