スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今、『NINJA GAIDEN Ⅱ』なのではないか



中古でニンジャガイデン2を買いました。 




裏面。




\パカッ/



いやね。こないだニンジャガイデンの3が発売されたじゃないですか。
これまで3に対する期待感を結構ブログに書いてきたのですけど。


発売が近づくにつれて妙な不安があったのですよ。なにせPVが全然面白そうじゃない。
引っ掛かった点はいくつかありました。


まず敵を斬ったときに挿入されるテンポが悪くなりそうな断骨表現。
そして不自然なQTEが多すぎる。


さらにストーリー重視を謳っている。
ニンジャガイデンに物語?

そんなドラマティックなものは求めていない。
ニンジャガイデンは多くを語らないリュウ・ハヤブサノ生き様に痺れるゲームなんよ。
そんでアクションゲームで物語を売りにされても。


PVって見ると普通テンションが上がるものだと思うのですが。
あれはさすがに酷かった。



そして海外での酷評。Game*Sparkで内容のまとめも読みました。
あれは日本のゲームだからとかシナリオがしょぼいとかで批判されているのではない。

ゲームがつまらないと思われたから低評価なんだと感じました。



この時点で一旦予約を取り消しました。そして発売後の反応をちょっと眺めてみようと思ったのです。
購入者のレビューを何個か読みましたが、PVを見て感じた不安が的中してしまった、そんな印象です。

もちろん遊んでないゲームの批判をするつもりはありません。
3に関しては遊んでも楽しめなさそうだから買わない、それだけです。



ニンジャガイデンは本当に大好きなシリーズです。
Xboxで1を初めて動かしたときの衝撃は今でも忘れられません。

そしてニンジャガイデンシリーズはアクションゲームの中で一番好きです。

1はXboxで、2はPS3でΣ2を遊びました。





これは発売当時新作で買ったΣ2。
このΣ2が製作された当時、初代チームニンジャリーダーの板垣伴信さんは既に離脱していました。

このΣ2を遊んでからでしょうか。
自分が好きだったニンジャガイデンは板垣さんが作るニンジャガイデンなのではないかと感じ始めたのは。

Σ2に追加された要素は2に搭載されていたであろう内容から劣悪に改変されていたのです。
もちろん2はこれから遊ぶので憶測に過ぎませんが、変更箇所はググったので知っています。



もうチームニンジャには期待できないのではないか。あの頃の輝いていた姿はもう見られないのか。

そんな悲しみと共に2を遊びます。





テクモ (2008-06-05)
売り上げランキング: 2858



ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/03/31 21:30 ] ゲーム系 ゲーム雑記 | TB(0) | CM(2)

ENERMAXのアクリル製キーボードは最高にかっこよかったけど・・・




どうですか、このキーボード。最高にかっこよくないですか。これは2010年末にヨドバシで買ったものです。
当時無線のキーボードを探していたところこの製品を見つけ、一目見て気に入ってしまったのです。


最大の魅力はやはりデザインでしょうか。材質がアクリルなのでプラスチックのキーボードに比べてスタイリッシュ。
そしてキーの下から覗く蛍光オレンジのパネル。


サイズは大きくて文字入力がしやすく、キーの叩き心地も最高。まさに至れり尽くせりのキーボードだったのです。



故障するまではね。



このキーボード、買ってから一年弱経過した今になってまともに入力出来ないキーが出てきてしまいました。
具体的には左の3列、『AとS』、『QとW』、『ZとX』がそれぞれが片方を押すと同時入力されてしまうという不具合。


こうなるともう使い物にはなりません。


そして修理覚悟でメーカーサポートにメールしてみると衝撃の事実が。


なんとこの症状は修理不可だそうです。



ワイヤレスのキーボードはアナログな仕組みではなく、
キーボードの内部にキーボードモジュールという基盤が入っています。


今回のケースはそのキーボードモジュールがショートしてしまったのが原因。
そしてそうなると修理は出来ないのだとか。


いやいやいや!


これ8000円もしたのに1年ちょっとでスクラップかよ!


確かに買うときにちょっと嫌な予感はしていたんです。
販売元のエナーマックスは元々PC電源の販売会社なのでキーボードは専門分野ではありません。


ヨドバシの店員にオススメを聞きつつこれを選んだときの若干曇ったような表情。
おそらくエナーマックスのキーボードはあまりオススメ出来なかったのでしょう。


一応ヨドバシの修理受付にも問い合わせてみましたが、
1年の保証期間を過ぎたマウスやキーボードは基本的に修理=買い替えとなるのだとか。


もうこうなってしまった以上仕方がありません。デザイン重視で選んでしまった自分の責任もあります。
今後キーボードを買うときはショートの可能性がある無線タイプは避けるようにします。



ブログパーツ
関連記事

【また買ってしまった】 グリーンベルのスクリュー・シルバー耳かき



また耳かきを買ってしまいました。これで3個目。
前回買った記事はこちら。

▼グリーンベル『螺旋式ゴムの耳かき』は史上最強の耳かき


あの耳かきには結構満足しているのです。
しかし材質がゴムで耳カスをかき出す溝が浅いためうまく取れない場合があって。




その点今回買ったシルバー製耳かきは溝が深く材質がしっかりしているので耳カスがしっかりとれるような。





これもツーウェイなので





片方は螺旋




もう片方は通常の耳かき。


まあしかしこれにも一長一短があり。材質が固いので耳を痛める可能性があって使用は慎重にならざるを得ません。
また一切しならないので耳穴にフィットするような感覚もなく。


結局どれが合うかは個人の体質によって変わってきそうです。




グリーンベル
売り上げランキング: 79660


ブログパーツ
関連記事

スターバックスのインスタントコーヒー『ヴィア』はドトールに匹敵する



もうタイトルで全部言ってしまいましたが。スターバックスのインスタントコーヒーは激うま、というのが今回の趣旨。
これ、コンビニでも気軽に手に入ってしかもおいしいので最近ハマっているのです。


最近は缶コーヒーよりもインスタントコーヒーを飲む割合が多くなってきています。
やっぱり単純にインスタントの方がおいしいですよ。


インスタントには添加物が一切入っていないので雑味も少ないですしね。
味をお湯やミルクの量で調整できるのもメリットの一つ。






これは外箱の表示。


スターバックスヴィアは5袋入りで448円。一杯に換算すると約90円となります。
缶コーヒーの代わりとして飲むなら安い、しかしインスタントとしては高い。


それでもヴィアはかなりおいしいのでこればかり飲んでしまいます。
なんたってその味はドトールコーヒーに匹敵するのですから!(個人の感想)。





箱を開けてみました。





これが一杯分の粉末。
スティックタイプのインスタントコーヒーはボトルタイプよりも値が張りますが劣化しにくいのが特徴。


値段はちょい高いですけど興味のある方は飲んでみてはいかが。






ブログパーツ
関連記事
[ 2012/03/31 20:00 ] コーヒー系 缶コーヒー | TB(0) | CM(0)

XBLA探訪:『シネモラ(Sine Mora)』 感想





XBLAで配信中の横スクロールシューティング、シネモラを遊んでみました。
シネモラはグラスホッパーが海外の開発会社と組んで製作した配信専用タイトル。







概要

SINE MORA は、クラシックなシューティングゲームと最新の演出技術が融合した、
ユニークな横方向シューティングゲーム。
「時」が重要な役割を果たすこのゲームでは、迫力のストーリー モードと、
シューティング ファンを唸らせる奥の深いアーケードモードの両方が楽しめる。
時間を操作する様々な能力により、60を超える武器の組み合わせを駆使し、
プレイヤーのスキルに合わせて難易度が変化する美しいステージの数々を攻略しよう。
音楽は山岡晃、ボスデザインは前田真宏が担当。新しいシューティングの世界がここに始まる!

XBLA公式サイトより




シネモラはとてもユニークなシューティングゲームです。
先鋭化し、コアユーザーしか遊ばなくなった横スクロールシューティングというジャンルでありながら
初心者でも気軽に楽しめる、そして上級者はどこまでもやり込めるという遊びの振れ幅が大きい傑作。

ゲームモードは大きく三つに分かれています。
物語を進めながら残機制限ありのゲームプレイを楽しむシナリオモード。
シナリオモードで一度クリアしたステージを遊ぶステージ選択モード。
シナリオを排除し、高難易度のゲームプレイに特化したアーケードモード。

まあ普通はシナリオモードで進めるだけ進めて、あとはゲームオーバーになったステージからステージ選択モードで
リトライしてエンディングを迎えることになるのかなと。自分がそうでしたから。

シネモラのシナリオモードでは最初から最後まで限られた残機で通して
クリアすることが推奨されています。
実際ハードモードで残機5の状態で最後までクリアすると真のエンディングを見ることが出来ますから。

しかしそのハードルはかなり高く。
結局ステージ選択でちびちび最後のステージまで辿りついてボスを倒してもノーマルバージョンの
エンディングは見ることが出来るのでそれで満足してしまっている自分がいます。

なのでぬるま湯ゲーマーでもステージ選択機能を使えばシナリオを楽しみながら
適度にいいプレイをしたり死んだりしながら最後までクリアすることが可能なのですね。
腕に自信があればシナリオをハードでクリアして真のエンディングを見るのも良いでしょう。

さらにハードコアなゲーマーはアーケードでさらなる高難易度に挑戦できる。
アーケードはシナリオモードの完全上位という位置づけなのでなかなか歯ごたえがありました。




ここからはちょっと変わったゲームシステムについて。
シネモラでは自機が被弾した場合でも制限時間が減るだけで一撃でゲームオーバーとはなりません。

もちろん制限時間が減ればクリアしづらくはなりますが被弾とゲームオーバーの間に
時間という概念が入り込んだことで遊びにゆとりが生まれたと感じます。

例えばノーマルモードだと制限時間が緩いのである程度被弾してもごり押しでクリア出来る場合があります。
しかし難易度が上がるにつれ制限は厳しくなり、被弾=死という場面も増えてくるのです。

また被弾すると獲得したパワーアップアイテムを一気に放出してしまいます。
通常のシューティングなら被弾=死=初期装備が当たり前。
ですからアイテムを放出してしまっても回収することが出来るだけありがたいのですがね。

またゲージを利用して時間の進行を一時的に緩やかにすることも出来たり。
ボスの弾幕が激しいときや放出したアイテムを回収したいとき、このスローモーション機能は非常に役に立ちます。

もう一つ特徴的なのがサブウェポンの威力が強力なところ。
サブウェポンの種類はパイロットによって異なりますがそれぞれがすごく強力で、
使いどころを見極めれば一気にピンチを脱することも可能になります。

これらのことから見えてくるのはシネモラは既存のシューティングというよりは
アクションゲーム的な手法で製作されたゲームだということ。

相手の攻撃パターンを覚えて弾幕をかわし、連射で地味に体力を削るのが既存のシューティングだとします。
シネモラではそのような地味な作業は強要されません。

むしろ適切な場面でサブウェポンを使用し、やっかいな攻撃を仕掛けてくるボスの部位を
積極的に破壊する方が無理して弾幕を避けるよりも得策だったりします。

死にながらボスへの対処法を覚え、結果が目に見える形で示されるというのは爽快で気持ちがいいものです。




シネモラはゲームだけではなく練り込まれたシナリオも魅力的。

シネモラのゲームシステムの肝となっているのは時間を操るシステム。
そして物語で描かれているのは時間を操る民族と大国との戦争ですから
ゲームとシナリオがシンクロして説得力が生まれるのです。



シューティングの腕に自信がなくても楽しめるカジュアル&コアゲーマー両対応の
新感覚横スクロールシューティング「シネモラ」。

その面白さ、体感するべし。




マイクロソフト (2011-11-10)
売り上げランキング: 17


マイクロソフト (2011-11-10)
売り上げランキング: 55


ブログパーツ
関連記事
[ 2012/03/30 00:00 ] ゲーム系 XBLA探訪 | TB(0) | CM(0)

The Ting Tingsの『Sounds from Nowheresville』輸入盤を購入









ティンティンズの新譜を買いました。
いつもはマイナーな輸入CDばかりを紹介していますが今回に限ってはちょい有名どころです。

ティンティンズというグループ名は知らなくても代表曲「グレイトDJ」
聴いたことがある人が多いのではないでしょうか。
ティンティンズがデビューし、大ヒットとなったのは2008年の春。

当時このグレイトな新人が奏でるビートは世間に驚きを持って迎えられ、デビュー作は全世界で大ヒットとなりました。
自分も当時聴いていましたよ。アルバムはヘビーローテーションでした。




これはティンティンズのデビューアルバム「We Started Nothing」


デビューアルバム発売後4年間、ティンティンズは沈黙しました。
日本の野外フェス、サマーソニックには毎年のように訪れたものの新作がいつまで経っても発表されない。

そんな中この3月に満を持してリリースされたのが「Sounds from Nowheresville」なんです。
日本版の発売は29日ですが輸入盤は3月始めに既に買えたのですね。





これは本作に収録されたリード曲「Hang It Up」。これがCSで流れていてアルバムの発売を知りました。
前作を彷彿とさせるテンポのいいビートに心躍らせてアルバムを買ってみたのです。

しかしティンティンズ、アルバム2枚目にして方向性が変わってしまいました。
爽快なビートと圧倒的なインパクトで構成されたファーストで築き上げたものを捨てて。

正直このアルバムにはティンティンズに期待していた楽曲はほとんどありませんでした。

今のところアルバムを5周ほど聴いています。
聴けば聴くほど味が出てくるのでしょうか?とりあえずこの後もしばらくは再生してみます。



Sounds from Nowheresville
posted with amazlet at 12.03.29
Ting Tings
Sony (2012-03-02)
売り上げランキング: 556


ブログパーツ
関連記事

『7BITch DVDBOX』開封レポート






ファミ通Wave休刊から1年。残党スタッフによるアメーバ的な草の根活動が実を結び、
本誌に収録されながらもDVD化されることなく終わりを迎えた「7BIT ch」がついにDVD化されました。


このDVDには7BITのすべてが詰まっています。
あの頃の輝いていたファミ通Waveの勇姿がDVDという形でずっと手元に置いておけるのです。


内容についてはエンターブレインの通販サイトの商品説明をコピペしておきます。




【DVD収録内容】
ジャケットは超絶ボールペンイラストレーターSHOHEI氏による描き下ろし!
 『7BIT ch』をテーマに感性のままに描かれた7Bitchガールが目印だ!

■『7BIT ch』全21話(ファミ通WAVE 2009年9月号~2011年5月号) 約180分

■特典映像
・新規撮りおろし!大型海外企画『光速船 Vectrex を捜せ!!』 約45分

・今蘇る伝説企画 約120分
ファミ通NEXTGAMES E32010 『WORLD VIDEO GAME CLASSIC』
ファミ通WAVE 2005年 8月号 『Denki Denki Denki 2005』
ファミ通WAVE 2005年 12月号 『東京ゲーム相模湖』
ファミ通WAVE 2006年 10月号 『Denki Denki Denki 2006 前編』
ファミ通WAVE 2006年 11月号 『Denki Denki Denki 2006 後編』
ファミ通WAVE 2008年 1月号 『Evo2007リポート 前編』
ファミ通WAVE 2008年 2月号 『Evo2007リポート 中編』
ファミ通WAVE 2008年 3月号 『Evo2007リポート 後編』

・幻のお宝映像『東京ゲーム相模湖2003』 約15分

※全コンテツにオーディオコメンタリー付き

【Book内容】
■7BITchDVD TEXTREME BOOKS (112P小冊子)
ポルノ鈴木 暴走コラム全集
1.7bitch全21回  ※【いま振り返る欄外注釈】付き
2.伝説の珍コラム「確定珍告」全24回 ※【いま振り返る欄外注釈】付き
3.その他、新規書き下ろし!!





収録時間は限界突破、オーバーザ限界の6時間超。届いたのは27日の火曜ですからまだほとんど観れてません。
とはいえこのDVDに収録されている内容は過去発売されたファミ通Waveで何度も観ていますからね。

ってなわけでここからは開封レポートです。




帯。





お値段は7BITにちなんで7777円。高・・・いや何でもないっす。





中身をスライドさせたところ。





中に入っていた物を並べてみました。





ディスク1~3。
こうやって並べるとグラビア画像のよう。


しかしジャケットもディスクもイラストが最高ですね。7BITのイメージと合ってる。





これはファミ通Waveの本誌に掲載されていたポルノ鈴木のコラムを集めた冊子。
ある意味本編よりも価値がある代物。


ファミ通Wave、DVDは全部保存しているのですけど冊子はすべて捨ててしまっています。
正直内容がショボかったのでね。しかし今になって思えばもったいないことをしたなと思っていまして。


これは後でじっくり読むことにします。






これは早期購入特典のオリジナルキーカバー。
昔はこういう風にLEDを点灯させて文字を表示していたんだろうな、
とは思えるものの元ネタを知らないので何とも言えません。


ちなみにこのキーカバー、表面のパーツを組み替えることで好きなアルファベットを表示させることが出来るようです。

こんな感じで。



まあパーツをなくすのが怖いので組み替えませんけどね。


番組MC、ポルノ鈴木のブログではDVD発売を祝した記事がアップされています。
PORNO-SITE

気になる人はチェックチェック。


ちなみにこのDVDBOXはエンターブレインの通販サイトでしか買えません。
もし欲しいという奇特な方がいたらアクセスしてみてはいかが?
エビテン


さて、開封レポートはこんな感じです。あとは中身をじっくり楽しみたいと思います。


ブログパーツ
関連記事
[ 2012/03/29 20:00 ] オワタ系 完・7BITch | TB(0) | CM(0)

タルコンガで『ドンキーコング ジャングルビート』を遊んでみたけど・・・



かつて任天堂は超実験的なゲームを発売しました。
それがこれ、ゲームキューブで発売された「ドンキーコング ジャングルビート」。


このゲームのどこが実験的だったのか。
それは2Dアクションのドンキーコングをタル型のコントローラで操作してしまおうという発想。




これがそのタル型コントローラ、略してタルコン。




上から撮影してみました。白い○の部分は薄いゴム製で叩き心地も触り心地もいいです。





1の部分で拍手音を感知。2はゲーム中に使用する唯一のボタン。



同時期に発売され、同じくタルコンを使用するソフトにドンキーコンガという音ゲーがありました。
ドンキーコンガは太鼓の達人風のリズムゲームで、
それとタルコンの相性は抜群に良かったのですね(もう売ってしまいましたけど)。


しかしこのコントローラーでアクションゲームってどうなのと。
結局遊び心地が気になりすぎて買ってしまいましたよ。当時2005年なので今から大体7年前。


操作方法は単純です。
タルコンの右を叩けば右に移動、左を叩けば左に移動。同時に叩くとジャンプします。

拍手をすると敵を怯ませたり周囲のバナナを一気に獲得したり。

操作はたったのこれだけ。
それなのにちゃんとアクションゲームとして楽しく仕上げた任天堂の開発力に脱帽ですよ、ほんと。


しかしね。



まあ結局ドンキーコングみたいな激しいアクションをモーションコントローラで
操作しようというのはちょっと無理があったと感じます。

個人的にWiiで発売されてる体感ゲームとかにも興味がないのですよ。

最初は操作していて新鮮で楽しいのですよ。
しかし長時間遊ぶと肩が凝りまくり。

しかも集合住宅住まいだと音を気にして思いっきりコントローラを叩けないし拍手も小さめにせざるをえない。
そんで小さい拍手だと認識率低いしね。

それでも7年間もゲームショップに売らずに引っ越しの度に持ち出して部屋に置いておいたことも事実なのです。
いつかこのゲームを楽しめる日が来るのではないか、そんな期待を込めて置いておいたのですね。

で、今回久しぶりに遊んでみてやっぱり合わないと感じてプレイを放棄しました。


その理由は途中から同じステージを繰り返し遊ぶことを強要されるからというタルコンとは関係ない部分なのですが。
ゲームのボリューム的に仕方がないのかもしれませんが、この手のアクションで
スコア上げのために同じ面を遊ぶのは個人的にありえません。

途中からゲームキューブのコントローラにチェンジしてプレイを続行してみたのですが、
レスポンスがイマイチ良くなかったのです。

ジャングルビートはタルを叩いたり拍手したりという操作ラグを計算して設計されているので
コントローラで操作してもうまくいかないのですね。

7年も寝かした思い出のソフト、このまま終わらすにはもったいないという思いはありつつもこれにてプレイ終了です。

合掌。





任天堂 (2004-12-16)
売り上げランキング: 8459



ブログパーツ
関連記事
[ 2012/03/20 20:00 ] ゲーム系 ゲーム雑記 | TB(0) | CM(0)

絶妙な食感と食べ応え ソイジョイバナナ味にハマり中



最近ソイジョイにハマっていまして。ソイジョイは主成分が大豆の健康食品です。
これ、登場したときはみのもんたがCMをやっていて「大豆なのにうまい」 みたいなことを強調していました。


それはもううさんくさかったですよ、ええ。





袋から出してみました。




そんでふにゃっとちぎってみました。



最初は印象があまり良くなかったソイジョイをなぜ買ったのか。そのきっかけはローソンのお試し引換券。
ローソンでは買い物した金額の1%がポイントとして貯まります。


そしてそのポイントは日替わりのお試し商品と交換できるのです。
普通に買えば121円のソイジョイもお試し引換券なら30Pで交換可能。


確かその時はブルーベリー味と交換ました。
で、食べてみたら意外とおいしかったのですよ、これが。


ソイジョイはお菓子ではないのでブルーベリーやオレンジピールなども
入っていてちょっと余計だなと感じることもあります。


ただ何というのでしょうか。
生地に大豆を使用したことによる独特のもちっともさっと した食感がクセになるのです。


ソイジョイは結構種類がありますが一番オススメなのはバナナ味。
個人的にこの生地とバナナは一番相性がいいと思っています。


たぶんコンビニならどこにでも置いていると思うのでぜひお試しあれ。



ブログパーツ
関連記事

最近インスタントコーヒーにハマっています



(´・ω・`)やあ


一週間以上更新を休んでしまいました。明日以降はまたちびちび更新していきます。

ところで最近、インスタントコーヒーにハマっています。甘くてミルク入りじゃないと飲めないのでアイスカフェオレですが。
まだ飲み残したルーツとデミタスコーヒーが60缶ほど残っていますが最近はインスタントしか飲んでいません。

味としてバランスが取れているのは当然プロが調合した缶コーヒーなのですがね。
次の日にどっちを飲もうかと考えるとインスタントの方を選んでしまうのですよ。

やっぱり飲む直前に熱湯でコーヒーを作ったライブ感 が美味しさの秘訣なのでしょうか。


一応作り方を書いておきます。

まずお湯を沸かします。ここではティファールの電気ケトルを使用。
少ないお湯なら1分もかからずに沸き上がるので重宝しています。

この間にコップやスプーン、かき混ぜ棒を準備。

そしてグラスにお湯を注ぎます。アイスラテは牛乳と氷でかなり薄まるので少なめでオーケー。

さらにインスタントコーヒーを投入して溶かす!
ここで粉を投入する量で味はほぼ決定します。
しかし製品によってベストな量は違っていて、未だにこれだ!という配分には辿りついていません。

お次はガムシロを入れます。
お湯なのでスティックシュガーでもいいのですが、ガムシロの方がよりおいしく仕上がります。

よーくかき混ぜた後は牛乳を投入。色で味を想像しながら適量を探ります。

そして最後に氷をたくさん入れてかき混ぜ、よく冷やす。
30秒くらいかき回すと冷え冷えになり、これにて手作りアイスカフェオレ完成!

途中で味見などはしないのがタピオカ流。最後まで作って、ひと口目でおいしいと感じたら幸せなのです。

しかし今のところほとんど失敗に終わっています。
インスタントコーヒーでアイスカフェオレを作るのって本当に難しい。

その原因はお湯に粉を溶かしても牛乳と氷でかなり薄まるので
作りながら最終的な味が想像しづらいところでしょうか。

しかしめげずに今後も作り続けますよ。


ブログパーツ
関連記事
[ 2012/03/19 00:00 ] コーヒー系 缶コーヒー | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。