スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【UFOキャッチャー黙示録】 リラックマチョコレートバージョンを色違いで2個ゲット


今回は500円という事前に決めたリミットを守りつつリラックマを2個ゲットしました。
本当はあと1個とれそうだったのですがタグがぬいぐるみの山に埋もれて穴に落としても落下せず。


最近のゲーセンはほんとこのパターンが多い。
帰り際に店員さんに落ちかけのリラックマをもらえないか交渉したのですが無理でした。


押し込めばいけるんです、と言われてもそれがなかなか難しいのよね。


リラックマは表面がさらさらしているので摩擦が少なく、比較的山から崩しやすい景品です。
このチョコレートバージョンはどうでしょうか。
もうすぐバレンタインだからこうなっちゃったのでしょうけど、正直普通のやつが良かった。


今回は500円投入して2個ゲット、つまりゲット率4割!
まさかのイチロー師匠越えですね。


ごっつぁんでした(・´з`・)


ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト

【体験版感想】 『ワンピースアンリミテッドクルーズスペシャル』は原作再現度高し


先日配信開始していた『ワンピースアンリミテッドクルーズスペシャル』の体験版を遊びました。
本作の特徴は過去にWiiで発売されたアンリミテッドクルーズのep1とep2、さらに最新の原作内容を収録しているところ。


この原作というのがワンピースでの盛り上がりの頂点とされるマリンフォード編ですからテンションが上がるわけですよ。
最近はワンピースを特集するテレビ番組がやたらと増えましたけど、
それもこれも全部このマリンフォード編以降なのです。


そもそもワンピースという漫画は原作を追体験できるようなゲームがなぜかほとんど発売されてきませんでした。
ナルトのゲームはナルティメットシリーズが有名ですしドラゴンボールも
バンダイナムコから数々の新作が発売されてきたにも係わらずです。


そんなワンピースのオリジナルゲームを主に手がけているのは福岡にあるガンバリオンという中小開発会社。
ガンバリオンはレベル5、サイバーコネクトツーにならぶ九州を代表するゲーム会社です。
また社長の山倉さんは美人女社長として業界でも有名。


ガンバリオンとワンピースのタッグは古くはPS1時代のワンピースグランドバトルまで遡ります。

当時のガンバリオンはまだ無名の開発会社だったのですが、ワンピースグランドバトルの
高評価をきっかけにぐいぐいとのし上がっていったのです。


~~~~~ ~~~~~

で、この体験版ですが。遊ぶことが出来たのはマリンフォード編の序盤3試合。
白ヒゲ対青キジ、マルコ対黄ザル、ジョズ対ミホーク。

クリア目標は白ヒゲだと『相手の体力をゼロ』にするなのですが、
副将ジョズの場合『ミホークの攻撃を60秒間避けきる』になっていたりと、とにかく原作に忠実なのです。


体験版では一対一の場面しか遊ぶことが出来ず、対戦格闘のような触り心地でしたけど
おそらく一対多、一対一に対応したアクションゲームだと予想。


基本的な操作はバリエーションが少なく、説明を3分見れば把握できるレベル。
一応キャラクターごとに繰り出せる技はちょっと違っています。


まあよくある『多キャラクター、一対多、一対一』対応アクションゲームですね。


では一応操作方法を書いていきます。


~~~~~ ~~~~~


Bでジャンプ、B・Bと素早く二度押すことで回避兼ダッシュ。
Aで攻撃。Aはジャンプ後、ダッシュ後に入力することでそれぞれ派生あり。
Xは強攻撃。
Yで画面内に捉え、かつ一定距離近づいた敵キャラクターをロックオン。


~~~~~ ~~~~~


近距離攻撃が得意な青キジと遠距離攻撃が得意な白ヒゲ戦では不用意に相手に近づくと
プレーヤーが不利になってしまったりとゲームとしても奥深さもあります。


基本的には相手の攻撃を回避した後の隙を突いて攻撃し続けるのが得策なのでしょう。
しかし難しい事は考えないで原作に登場したキャラクターの技コマンドを
適当に出してみるだけでもちょっと感動するものです。



ちなみにこのソフト、発売が去年の5月なんですよね。今さら体験版感想の需要なんてあるのだろうか。


バンダイナムコゲームス (2011-05-26)
売り上げランキング: 510


ブログパーツ
関連記事
[ 2012/01/30 00:00 ] ゲーム系 体験版感想 | TB(0) | CM(2)

Bluetoothレシーバー(MW600)を買ったら音楽生活が劇的に変化した


つい先日Bluetoothヘッドセットを買ったことを報告しましたけど。
最近その意外な使い道を見つけたのでブログに書きたいと思います。


世間的には当たり前の事なのでしょうけど、この方法で使い始めてから
音楽との接し方が一つレベルアップしたと感じています。



ウチではこのように部屋の正面にメインのテレビとアンプ、スピーカー、ゲーム機、レコーダーなどを
繋げた全部入りのシステムがドーンと構えています。


そして部屋は4畳半と狭いのでこのメインシステムが正面にくる位置で作業をすることが多いのです。
そこでふと思いました。メインのアンプにBluetoothレシーバーからライン入力してみたらどうなるだろうかと。


結果は予想以上のものになりました。iPod touchでちょっとした作業をして、
ふと音楽が聴きたくなったらレシーバーに信号を飛ばす。




音を鳴らすのはメインのアンプとスピーカーですから当然音質は抜群。
高品質なBluetooth通信によって音声の劣化はゼロ。


まあわざわざこんな手順を踏まなくてもコンポにCDを入れて流しっぱなしにすればいいじゃないか、
という声も聞こえるような聞こえないような。


しかしコンポのスピーカーがベストな位置にあるとは限らない。
テレビもゲームも音楽も一つのシステムに集約できればスピーカーの設置場所も少なくて済みます。
ウチのスピーカーとアンプは結構高かったのですが、それにすべてが集約されるメリットは予想外に大きく。


そしてなにより高性能なiPod touchによるスムーズな楽曲切り替えが最高に気持ちいい。
自分は基本的に一枚のCDを通して聴くというよりは色んな楽曲を次々に再生したいので
このストレスフリーな操作は予想外にメリットが大きかったのです。


BluetoothとiPod touchによって劇的に変貌した我が家の音楽生活。
皆さんもぜひお試しあれ。


※追記


BluetoothレシーバーとiPod touchの接続は多少のラグが発生するのでゲームなどは快適に遊ぶことが出来ません。
そこはご注意を。





ブログパーツ
関連記事

【7bitチャンネル更新】 #8では再び奥深いラジカセの世界を紹介





約一ヶ月ぶりに更新された7bitチャンネル、今回は再びデザインアンダーグラウンドを訪れ
前回修理に出したマランツのラジカセ(ポルノ鈴木の私物)を受け取っています。



動画冒頭では相変わらず小気味の良いポルノ鈴木のMCが。
7bitチャンネルを観るのは一ヶ月ぶりなのにこの導入のおかげですっとこの摩訶不思議な世界観に没入できます。



修理が完了したマランツのラジカセで7bitチャンネルのジングルを再生し、感動する二人。
あのポップでキレッキレの音がラジカセと絶妙にマッチしています。


しかしラジカセを語るときの松崎さん、最高にいきいきしています。
本当にラジカセが好きで、大事に使っている人と語り合うことが出来て楽しいのでしょう。


自分も以前5年間使用したHDDコンポを修理に出したとき、ヨドバシカメラの修理受付の人と
やりとりをしたことがあるのですがその人も同じように輝いていました。


修理人と受取人と大事に使われた家電、その空間には独特の温かい空気感があるものです。



そして動画後半ではコンポではなくカセットの奥深い世界を掘り下げています。
ラジカセとカセットは一心同体、どちらが欠けても音楽は聴けません。


ラジカセが独自に進化したのと同様にカセットも多種多様なバリエーションが発売されていたのでした。
もう序盤のつかみだけで既に心を鷲づかみにされています。そしてこの話題は次回に続くようです。


Wiiをネットに繋ぐと「修理、魅せます」という職人が依頼者の持ち込み品を
心を込めて修理するという番組を視聴することが出来ます。


あちらがファミリー向け、万人向け修理番組なら7bitチャンネルはギーク向け修理番組なのですね。


ちなみにこの7bitチャンネルはファミ通Wave時代の回がDVDで発売予定です。
興味を持たれた方はぜひチェックしてみて下さい。


▼ファミ通WAVE プレゼンツ『7BIT ch』3枚組パーフェクトDVDボックス(エビテン)


それではまた2週間後にお会いしましょう。


ブログパーツ

関連記事
[ 2012/01/28 23:30 ] オワタ系 完・7BITch | TB(0) | CM(0)

エビテンで『7BITchDVDBoX』が予約開始!お値段据え置き7777円




▼ファミ通WAVE プレゼンツ『7BIT ch』3枚組パーフェクトDVDボックス(エビテン)





伝説の番組『7BIT ch』がとうとうDVD化されることになりました。お値段なんと7777円!そうか、7BITにかけているのか。

7BIT chはその昔ファミ通WaveというDVD付き雑誌に掲載され、
それはもうコアなファン、ポルノ鈴木ファンを鷲づかみにした伝説の番組。

自分がファミ通Wave、7BIT chをどれほど好きかというのはテーマの『ファミ通Wave』を参考にしてもらうとして、
このDVD化は歓喜の雄叫びをあげずにはいられない。それくらい熱狂的に大好きなんです。

発売は3月27日。もちろん既に予約済ですよ。

エンターブレインさんはファミ通Wave関連のDVDを自社通販サイトのエビテンでしか売らないもんだから
不便で仕方がないのだけども、とにかく需要が鬼少ないであろう零細コンテンツをDVD化してくれるだけでもありがたい。

もう今から到着が楽しみで仕方がありません。

届いたら確実にレポートしますよ。



ブログパーツ
関連記事
[ 2012/01/27 22:00 ] オワタ系 完・7BITch | TB(0) | CM(2)

Q-Gamesが10周年を記念してピクセルジャンク100円セールを実施中


▼Q-Games 創立10周年記念キャンペーン!(公式サイト)


Qゲームスは京都にある中小の開発会社。
社長はイギリス人で元々任天堂ソフトの開発に携わったプログラマーだそうです。


Qゲームスの社長は昔ファミ通の広告で何度か目にしたのですが、
なかなかインパクトがあったので記憶に残っています。


今回100円に値下げされたのは
■ PixelJunk レーサーズ 2nd Lap
■ PixelJunk モンスターズ
■ PixelJunk モンスターズ アンコール
■ PixelJunk Eden
■ PixelJunk Eden Encore
■ PixelJunk シューター
■ PixelJunk シューター2


この7本。どれも古い作品ですが普通に買うと500円~1000円はするので今回の100円セールは相当お得。


そんな訳でこの中から前から気になっていたピクセルジャンクシューターをダウンロードしてみました。



前に2の体験版を遊んだことがあるのですけど、予想通りかなり面白いですね。
これが100円だなんて良い買い物をしました。


皆さんも興味があればぜひ!



ブログパーツ
関連記事
[ 2012/01/27 21:30 ] ゲーム系 ゲーム雑記 | TB(0) | CM(0)

【缶抹茶感想】 アサヒ 『フォション オテマエ ド パリ 抹茶ラテ』


最近は缶の抹茶飲料が増えてきました。
午後の紅茶エスプレッソティーが缶紅茶の売り上げに火を付けたように缶抹茶のブームもきてしまうのか。




缶の表示










本当はこれのミルクと砂糖が入っていないバージョンも買ったのですけど
味が普通のお茶すぎて好きになれなかったので今回はスルーします。

この抹茶ラテは甘くてコクのあるよくあるタイプの抹茶飲料。
綾鷹の抹茶ラテは薄味でさらっとした口当たりが特徴でしたがこれは適度に濃厚でボリュームを感じられます。

抹茶が好きな方はぜひ一度手に取ってみて下さい。



ブログパーツ
関連記事
[ 2012/01/26 20:00 ] コーヒー系 缶コーヒー | TB(0) | CM(0)

【体験版感想】 『ナルティメットストーム ジェネレーション』は格闘アクションとして大幅に進化



24日火曜に配信された『ナルティメットストームジェネレーション』の体験版を早速遊んでみました。
本作一番の注目ポイント、それはさらに磨き上げられた格闘アクションパート、これに尽きます。


原作を映画的演出で体感する、という手法は前作『ナルティメットストーム2』で頭打ちとなっています。
なぜなら既にゲームが原作に追いつきつつあるから。


本作の狙いはナルティメットストーム2発売後に連載に登場したキャラクターをフォローしつつ、
戦闘システムを強化してネットでの対人戦をより盛り上げよう、ということなのでしょう。


新規要素としてはスタジオぴえろ制作の新規オリジナルアニメーションが収録されています。
体験版でPVを見ましたけどクオリティは地上波で放送されているアニメと遜色ありませんでした。


シナリオモードはアニメーションの止め画にキャラクターボイスで進行。
この紙芝居のために本家からアニメ画を借りたというのもすごい話なのですが
前作に比べて薄味過ぎるのは仕方がないのか。


アニメーションは容量の都合で収録できなかったのでしょうか?
とりあえずナルトのシナリオを楽しみたい方はナルティメットストーム2をオススメします。
あれは名作です。


そして。


微調整が加えられ、大幅に進化した戦闘システムですよ。


アクションパートについて書く前に操作方法をちょっとおさらいしておきます。


~~~~~ ~~~~~

は格闘、連打でコンボ。左スティックと組み合わせて連打すると4方向に応じた派生コンボ。
×はジャンプ、二回押しで相手をロックオンしてダッシュで追尾。
は手裏剣。キャラクターによって個性豊かな遠距離攻撃が可能。
はチャクラロード。ナルト原作においてチャクラは忍術の基本、肝であるためゲームにおける
チャクラボタンの活用は戦闘に勝つために身につけるべき必須項目なのです。

でチャクラをチャージした後にで必殺技、二回押しの後で奥義。
×でチャクラダッシュ。チャクラダッシュは相手に急接近する会得必須のアクション。
で強化手裏剣。攻撃からワンテンポずらした強化手裏剣は効果的に相手のリズムを乱します。


さらに条件を満たしてを長押しすればプレイヤーキャラクターが覚醒。まあスーパーサイヤ人みたいなもんです。


R1、L1はサポートキャラクターによるサブ攻撃。サブとは言え、使いどころを計算すれば勝つ確率は大幅上昇。
そしてR2でガード、L2で変わり身の術と。

~~~~~ ~~~~~


そして一番力説したいのはこの二つ。

①身代わりの術システムが大幅に改変された
②チャクラダッシュでコンボをキャンセルして相手を追撃 or 緊急離脱が可能になった


前作までのナルティメットストームは何が問題だったのかといいますと、無条件で攻撃を回避して
相手の背後に回り込むことが出来る変わり身の術ガードが同じボタンに振り分けられていたこと。


前作までは相手の攻撃にタイミングを合わせてガードボタンを押しさえすれば
たやすく変わり身の術で攻撃をかわされてしまっていたのです。


そしてこのシステムで上級者同士が戦うとどうなるか。
戦いは変わり身の術の連発で、ナルトの良さを最も体感できる各キャラクターの美しいコンボが全く続かないのです。


これだと結局アクションの肝がいかにタイミング良く変わり身を決めるかに集約されてしまい、
シナリオをクリアしてCPUが変わり身を頻繁に決めてくるタイミングで飽きてプレイをやめちゃうんですね。




それが本作では変わり身の術とガードのボタンは分けられ、変わり身のタイミングはよりゆるくなりました。
そして専用のゲージを一定量消費しないと変わり身は使えなくなったのです。


変わり身連発不可、さらに相手にタイミングは筒抜け。これにより通常コンボで押し切って変わり身ゲージを消費させ、
相手が避けられない状態で奥義を繰り出すなどより戦略的に戦闘が楽しめるようになりました。


さらにもう一つの変更点、コンボキャンセルからのチャクラダッシュ。
ナルティメットシリーズは流れるような美しいコンボが特徴的です。
しかし相手が障害物にぶつかったりすると攻撃は的を外れ、見た目的に見苦しい場面もありました。


チャクラダッシュを使えばもし攻撃がずれてヒットしなくなっても
コンボをキャンセルして再び相手をロックオン出来るのです。


さらにコンボキャンセルチャクラダッシュは決まった時点からコンボがリセットされるため、
うまく使えばこちらから一方的に攻撃を加えることが可能。


相手の変わり身ゲージを把握して避けられない状態でコンボをヒットさせ続ければ大ダメージは確実です。


~~~~~ ~~~~~


ちょっと戦闘システムの解説で熱くなりすぎましたけど、新規キャラクターの奥義ムービーも見所の一つではあります。


シナリオモードでアニメーションは使えない、3Dポリゴンも無しとなれば戦闘中に
リアルタイムで描写される奥義に期待するしかないでしょう。


元々ナルティメットシリーズは奥義が凝って作られていることで有名ですし、ナルティメットストーム2の後に連載で
登場したキャラクターは本作で初めてゲームに登場するので新鮮味もあります。


後はどのくらいサーバーが安定するか、ネット対戦が過疎らないかでしょうね。
ゲームが面白いことは体験版で証明されたので、これを遊ぶ人が増えていくと尚いいと思います。







ブログパーツ
関連記事
[ 2012/01/25 00:00 ] ゲーム系 体験版感想 | TB(0) | CM(2)

【UFOキャッチャー黙示録】 かろうじてスヌーピーをゲット&新テーマ設置


今日の戦利品です。
UFOキャッチャーのことをブログに書いたのはこれで3回目ですけど、今回が一番きつかったかもしれません。


前回お金を使いすぎてしまったという教訓を生かし、今回は景品を一つに
絞って少ないお金で確実にとろうと決めて入店しました。

しかしこれをとるのに使用した金額は900円。9回同じ筐体にお金をつぎ込んでようやくゲットできたのです。


全体で900円使ってしまったことは過去にありましたけど、一つの景品をとるのに9回もプレイしてしまうとは不覚でした。


ちなみにこのスヌーピー、完全に穴に落としたのにタグが引っ掛かって落ちてこなかったのですが、
店員さんを呼んだら鍵を開けて手渡してくれました。


いやー、九死に一生を得たね。
これがとれなかったらブログの記事にすらならなかったからね。


今回立ち寄ったお店は偶然通りかかった池袋のゲームセンターです。
ざっと見渡してみて中規模くらいのお店だとどこも景品は変わらないな、という印象でした。


次はネットで調べて大手に攻め込んでみようか。


そんで、新テーマ設置のお知らせです。




このUFOキャッチャー黙示録を定例化することにしました。


以前と違ってブログという発表の場があることも大きく、もはや火がついてしまったプライズ魂は消火不可能。

これからはなんらかの経費を節約しながらUFOキャッチャー代を捻出していきますよ。


ではまた。



ブログパーツ
関連記事

本日発売!『モンスターハンター3G ガリ子ちゃん ラ・フランス』を買ってみた


モンハン3Gとコラボしたガリガリ君を買ってみました。今回はガリガリ君ではなくガリ子ちゃんですが。

ちなみにガリガリ君に関しては過去二回ブログに書いています。
▼モンハンとコラボしたガリガリ君
▼ガリガリ君梨にハマり中




袋の左下に刻まれるトライGとの約束の証。これがなかったらブログに書くことはなかった。




袋を開けて中身を取り出してみました。
画像ではギリギリ見えますけど中身にはシャーベットではないアイスが詰まっています。


味に関しては文句のつけようもないくらいラ・フランス。
実は自分の地元の山形はラ・フランスの産地でして、実家ではおいしいラ・フランスをたくさん食べてきました。


それでもこのガリガリ君は十分おいしいと思えます。さすが赤城、いい仕事してますね~。



ブログパーツ
関連記事
[ 2012/01/24 18:00 ] 食品系 気になる食べもの | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。