スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最近のゲーム近況

今日は書くことがないので最近遊んでいるゲームの近況などを少し。
自分は基本ゲームは3本くらいを同時進行で進めて、その日の気分で遊ぶゲームをチョイスします。

そして一本クリアしたらそのゲームはあがり、次を選んで追加という感じですね。
今はちょっと同時進行のゲームが増えすぎてしまって若干手持ちぶさたですが、
一応クリアするまでは投げ出さないつもりです。

そんな中で今プレイ中なのは・・・。

まずはMHP3
$タピオカのゲーム浪漫飛行

モンハン、プレイ日記を相当ほったらかしていますがなんたって
村最終クエに挑むのがなかなか億劫で最近あまり遊んでいません。
昨日一人でジンオウガを狩って雷大剣を完成させましたが眠くなってそこで力尽きました。

プレイ日記の続きは終焉をクリアしたら書こうかなと。

お次はニンジャガイデンブラック
$タピオカのゲーム浪漫飛行

ニンジャガはこの日に紹介しているのですが
NINJA GAIDEN Blackは最高のアクションゲーム


あれからノーマルで一周目をクリア、ミッションモードのクリアを諦めて現在ハードモードに挑戦中です。
いや、このゲームは結構遊んでいてブログに書こうと思えばいろいろ書けますがどういう形で書けばいいのか迷うんですよね。

一回紹介しちゃってるし全部終わるまでレビューは書けないし。

あとはKunoichi
$タピオカのゲーム浪漫飛行

もともと前作にあたるShinobiが好きでむかーしに買っていたのですが
クリア出来ていなかったので最近プレイを再開しました。
気軽に遊び始めましたけどかなりムズいですね。
ノーマルで遊んでいるはずなのにボスが異常に堅くてねー。正直楽に遊べるレベルではないです。

そんな中で息抜きに遊んでいるのが鬼武者3
$タピオカのゲーム浪漫飛行

これはねー、いいですよ。なにがいいってコンティニューすることがまずない。
ニンジャガ、クノイチ、モンハンの終焉で若干息が詰まる思いを
しているのでこういうサクッと遊べるゲームも選択肢にあるのは非常にありがたい。

一閃キモチイイ!

最後はザ・アイ・オブ・ジャッジメント
$タピオカのゲーム浪漫飛行

これはもうほとんどやってないんですけどね。
ただ中毒性のあるカードゲームなのでたまにやりたくなるんです。
もうトータルだと100時間くらい遊んでいてデッキを組むのにいちいちゲーム内通貨を稼いでカード集めする必要もないし、
DL版なので手軽に遊べるしで常にやりたいソフトリストには入っています。

あとこれは短時間で勝負が付くので電車とかの移動中にいいですね。
___________________________________________

と、まあ現在のゲーム近況はこんなカンジで。
またラインナップが変わったらたまにやっていこうと思ってます。

今日はこの辺で。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/02/27 22:56 ] ゲーム系 ゲーム雑記 | TB(0) | CM(2)

ファミ通Wave番外編 動く!! NEW洋ゲータイムス!

$タピオカのゲーム浪漫飛行

今日はYouTubeで不定期更新されている「動く!! NEW洋ゲータイムス!」を紹介したいと思います。
このコンテンツはファミ通Waveでは洋ゲー伝道師としておなじみのマスク・ド・UH氏が
自宅のコレクションを通じて洋ゲーを広く紹介しようというもの。

内容からして本誌に収録されていてもおかしくないですが、
このコンテンツが始まった当初はファミ通WaveがYouTubeとのコラボレーションを
模索している時期でもあったのでこういう形式での配信となったのでしょう。

今やファミ通Waveは休刊が決定。
このコンテンツの今後がどうなるかは定かではありませんが終了の時を迎えるまで見守りたいと思っています。

現在配信されているのは第3回まで。
序盤から話が逸れまくっていますがファミ通Waveや洋ゲーに興味のある人はぜひ観てみてください。





関連記事
[ 2011/02/26 22:00 ] オワタ系 完・ファミ通Wave | TB(0) | CM(0)

缶コーヒー紹介 ジョージア ヴィンテージ

$タピオカのゲーム浪漫飛行

今日紹介するのはこちら、ジョージアのヴィンテージ。
現在ジョージアのポイントをこつこつと貯めているのですが、
ジョージアの純粋な缶コーヒーって意外と種類が少なくなかなか苦戦しています。

そんな中でもこれは数少ないバリエーションのひとつなので見つけたらたまに買います。
難点は置いているコンビニが少ないことでしょうか。

ヴィンテージは最近リニューアルしたらしいのですが詳細を知りたい方はこちらをどうぞ
ジョージア ヴィンテージ公式サイト

缶によると
大地の恵みで育まれた豆を、通常より
長い時間、蔵で寝かせ、コーヒー本来の
甘み、酸味、コク味のすべてが凝縮された、
ちょっと贅沢な缶コーヒーです。

だそうです。

飲んでみるとは苦みとコクが強くて甘みは抑えられている印象。
奥深さや長期熟成を苦みの強さで特徴付けているのでしょうけど
全体のバランスとしてはちょっときついか。

まあ、たまに飲むならこのくらい振れ幅があった方が刺激が強くていいのかもしれません。


甘み:★★☆☆☆
苦み:★★★★★
コク:★★★★☆
香り:★★★☆☆

満足度:★★☆☆☆




ツイッターアカウント「tapioca0330」はこちら

ブログパーツ

関連記事
[ 2011/02/26 19:34 ] コーヒー系 缶コーヒー | TB(0) | CM(0)

キャサリン レビュー

$タピオカのゲーム浪漫飛行

発売直後からネットではパズル部分が難しすぎるという不満の声が爆発し、
発売後数日で異例の難易度調整パッチが配信されるなどちょっとしたゴタゴタがあったキャサリン。

自分はというと難易度に悪戦苦闘しながらも無事ノーマルで
クリア出来たので感想などをだらっと書いていきたいと思います。

◆超ハイクオリティのアニメパート、CGパートは一見の価値あり


キャサリンと聞いて100人中100人が思い浮かべるであろうハイクオリティのアニメーション。
今作はただクオリティが高いだけでなく、エロくてホラーでオトナの苦悩を表現している
とあってターゲットは狭くて明確。しかしある層の心は掴んで離さない魅力があるんです。

アニメパートを制作したのはリンカーンの初代OPアニメでおなじみの(超個人的な意見です)スタジオ4℃。
そしてCGパートもアニメパートに負けず劣らずのデキで。
正直CGパートがここまでアニメと近い雰囲気で再現されていることに驚きました。
本作は登場場面がバー、喫茶店、自室、トイレ、寿司屋とかなり限定されていることや
ゲーム部分やアドベンチャーパートなどが簡素な作りだったりすることから
開発リソースの多くがアニメーション制作にあてられたと思われます。

そしてそれはキャサリンというゲームにおいては大正解の判断だったのではないかなと。

◆気になるアドベンチャーとしてのゲーム性は?そしてナレーションはご存じあの方


まあいろんなところで話題に上っているので知っている方も多いと思いますが、
キャサリンはアドベンチャーとしては味気ない作りです。
出来ることと言えば二人のキャサリンからのメールにいくつかの選択肢の
組み合わせで文章を作って返信したりバーの客の悩みを聞くくらい。

いや、台詞はすべてフルボイスなのでアニメムービーパートと
割り切れば豪華声優陣のやりとりが聞けるだけで満足ではあるんですが。

変わった要素としてグラスを空にしたときに聞けるお酒の豆知識があります。しかも結構なボリュームで。
自分はお酒が飲めないのでこんなん誰が得をするんだよ的な感じでしたが、
ナレーションがモヤさまでおなじみのショウ君だったのが妙にツボ。

$タピオカのゲーム浪漫飛行

このショウ君、この後書くパズルパートでもちょくちょく
登場しますがオトナのエロス&ホラーを売りにしたアドベンチャーとしては
客層的に絶妙のキャスティングではないかと。

◆超激ムズのパズルパート。一体誰に向けたノーマルだ?


きました、キャサリン最大の問題点パズルパート。ネットにはパズルがムズすぎると不満を言う人、
いや、あれは人生の修羅場を乗り越える苦悩を表現していて逆にいいという人など様々な意見が
飛び交いますが個人的にはここまで難しくする必要は無かったのではないかなと。

キャサリンは基本シナリオが魅力的で、どんどん先を知りたくてつい遊んでしまうという性質のゲームだと思うのですが、
パズルパートがそういう先を知りたいという意欲をつぶしてしまっている気がしてならないのです。

あとは例えばCMやPVを見て雰囲気が気に入っただけで買った人。
自分は最初から高難度だと分かっていたので覚悟して遊びましたが、
そういう一見さんは確実に弾かれただろうなぁと。

自分が選択した難易度はノーマル。コンティニューはおそらく150以上はいってると思います。
やはり攻略するにあたって一番のネックだったのが運の要素が強すぎると言うこと。
正直そこはかなりイライラしました。ステージの後半になると敵によってブロックをランダムに
変えられたり、当たると一撃死の攻撃を頻繁に繰り出されたりします。

そしてランダムブロックや攻撃に決まったパターンはほぼ無く常にその場でのアドリブ的な
判断を求められるんです。本作はアクション性が強いとはいえパズルゲームでもあります。

先に進むにはその場で立ち止まって解法を考えたい場面ばかり。しかし足場はどんどん崩れていく、
その上で運の要素でブロックを変えられて一撃死連発じゃコントローラーを投げたくもなります。

さらにコンティニューに制限があり、残機を使い果たすと
最後にセーブした地点からというのもいい感じに気力をすり減らしてくれます。

◆難易度は高いものの良質なシナリオと高品質ムービーを餌に頑張れる?


そんなにムズいならイージーにしろって話ですね、ハイ。
でもイージーでもかなりきついみたいですよ。

いや、確かにパズルの難易度は高いです。しかしシナリオの先が気になって、
ついつい精魂尽き果てるまでコンティニューしてしまう魅力もあります。

もう難易度を下げるパッチも配信されていて、
ネット環境があるなら気軽にシナリオを体験できると思いますのでぜひ衝撃のシナリオを体験してみてください。

キャサリン(特典なし)/アトラス

¥7,329
Amazon.co.jp

ブログパーツ
関連記事
[ 2011/02/26 01:45 ] ゲーム系 ゲーム感想 | TB(0) | CM(3)

Wiiであそぶ メトロイドプライム レビュー

$タピオカのゲーム浪漫飛行

ある方にツイッターでオススメされて、勢いでポチったWiiであそぶメトロイドプライム。
オススメされる以前からこのソフトには興味があって、この機会に買ってみようと軽い気持ちで
プレイ開始したのですがまさかクリアするまでにこれほど苦戦することになろうとは・・・。

プレイを開始して選べる難易度はノーマルとベテラン。さてここで皆さんならどちらを選びますか?
自分は今回調子に乗ってベテランを選んでしまったんです。それが後半、難易度の高さにヒーヒー
言わされてようやくクリアできたというのはまた別のお話。
今回はそんな苦労話も交えつつ今作の魅力を紹介していきたいと思います。

◆Wiiならではの操作感。リモコン・ヌンチャクスタイルがFPSの常識を覆す


やはり一番最初に紹介しておかなければならないのはここでしょう。
今作はダテに"Wiiであそぶ"と前置きが付いているのではありません。
操作系統にリモコン&ヌンチャクスタイルによってFPSに革新をもたらしたメトロイドプライム3方式を
採用しているんです。
メトロイドプライム3が発売されたときはそれはもう衝撃を受けました。
FPSはもともとはパソコンのマウスとキーボードで遊ぶことを想定して作られたゲームシステムで、
それを家庭用ゲーム機のパッドで操作するのは若干の慣れが必要です。
しかしWiiリモコンのポインタならまさにマウス感覚で照準と視点を同時に操作で出来てしまい、
まさしく直感的かつ新感覚でFPSをプレイすることが出来るんです。

具体的にWiiリモコンとヌンチャクでのFPS操作を説明すると、
主観視点内に表示される照準兼ポインタをリモコンで動かすことで上下左右を見渡すことが出来ます。
これとヌンチャクのアナログスティックによる移動を組み合わせれば自由自在にフィールドを動けるようになります。

リモコンのポインタを視界外周どのエリアまで近づけると視点が動くかはオプションで
初心者用、中級者用、上級者用の三段階まで調整することが出来ます。
自分ははクリアするまでずっと中級者用にしていました。
上級者用はポインタに連動して敏感に視点が動く分酔いやすいのでそこは痛し痒しといったところです。

Wiiリモコンによって移動、視点変更、射撃が同時にかつ直感的にこなせるようになった恩恵は思いの外大きく
ポインタデバイスとシューティングの相性の良さを感じさせてくれます。
現在はソニー陣営もPS3のMOVEでこのジャンルを追随していますね。

◆メトロイドらしさを感じられる硬派な作り。地下探検の醍醐味はここにあり


本作、まあ難易度は高いです。最初に選べる難易度はベテランとノーマル。
表示の感じからして"ゲーマーはベテランを選んでね"というオーラをひしひしと感じたので、
おそらくベテランが標準的な難易度なのでしょう。

まずアイテムの位置がマップに表示されない。メトロイドシリーズはこの機能があるかないかで
ゲームの難易度が大きく変わってきます。アイテムは目に見える、目立つ場所にあるとは限らない。
ということは普通に全部の入り口に入っただけでは入手できないアイテムも出てくることに。

ステージの後半、隠しアイテムのアーティファクトを全種類集めないといけない場面があります。
アーティファクトは隠しアイテムだけあって存在する場所は普通なら確実に見落とすであろう場所に置いてあるものばかり。
自分は今回ここは完全に攻略に頼りましたが、
これを自力で探し出そうと思ったらプラス5時間は惑星をさまよっていたことでしょう。

そしてとにかく敵が硬い!ボスを含め道中の雑魚キャラもかなり攻撃を撃ち込まないと倒れてくれません。
さらに序盤は体力、ミサイル残弾数ともにかなり少ないので雑魚を倒してこまめに回復アイテムを
取得しながら進めていかないと苦戦を強いられます。

これらに増して本作にはチェックポイントがありません。
つまりゲームオーバーになったら最後にセーブした地点から。
これは正直一番キツイ要素だったかもしれません。
結構難しめの調整でもその場からやり直しとかならまだモチベーションを維持できますが、
最後にいつセーブしたかも覚えていない地点でゲームオーバーになった時の絶望感たらない・・・。

そして後半は最後のセーブポイントから雑魚連戦、中ボス戦を経てようやく次のセーブポイントへ
というまるでユーザーを試すかのようなコンティニュー前提ポイントが多々あります。

自分が本作をクリアするまでにかかったのは約20時間、
ゲーム内プレイタイムが約15時間なので約5時間はコンティニューしたことになります。
5時間のコンティニューというのがいかにハードかというのはゲーマーの皆さんなら分かってくれますよね?



メトロイドプライムの難しさを各要素に分解するとこんな感じです。
思い返してみると確かに難しい、でもだからこそ緊張感のある惑星探索を楽しめたというのも事実。
まあそういうまとめ方だとキレイですが正直もう難易度ベテランではプレイしたくありませんw

GC版のソフトは今遊ぶにはちょっと敷居が高いけどこういう風にWiiに移植、完全対応してくれると
手が出しやすいですよね。皆さんもこの機会に遊んでみてはいかがでしょう。

Wiiであそぶ メトロイドプライム/任天堂

¥3,800
Amazon.co.jp

ブログパーツ
関連記事
[ 2011/02/21 22:31 ] ゲーム系 ゲーム感想 | TB(0) | CM(6)

「爆笑!大日本アカン警察」がごっつ枠でレギュラー化!

$タピオカのゲーム浪漫飛行

ダウンタウン、フジ系日8に帰ってくる!
-Yahooニュースより

「アカン警察」は浜田演じる署長の指揮下、人気芸人たちが刑事となって、視聴者から投稿された「思わず笑ってしまう日常の“アカン事件”」を徹底捜査するバラエティー。「都内のマンスリーマンションに設置された洗濯機が、あえぎ声のような音を出す」事件などの爆笑ネタを、お笑い刑事たちが巧みな話術で報告。松本扮する警視総監とゲストが“アカン”か、“アカンくない”かをジャッジする。

 09年12月に特番として初オンエアされた「アカン警察」は過去3回放送され、最高12.9%(昨年3月)を獲得するなど、子供からお年寄りまで楽しめる番組として安定した視聴率を記録し、4月からゴールデン枠でのレギュラー化が決定した。


いやーアカン警察突然レギュラー化されましたね。

アカン警察が最初に放送されたのは忘れもしない2009年、年末。
当時はダウンタウンが二人で新番組をやるというのはかなり珍しいことだったので
期待して録画していたのですが、これが予想を遙かに上回る最高の内容で。
珍事件をプレゼンする各芸人の巧みな話術もさることながら、
ダウンタウン二人のコンビネーション抜群の司会も最高。
内容も最高、視聴率も上々とあってこれまでにアカン警察の特番は
単発で3回放送されたのですが(もちろん全部録画保存しています)、
なんとこの春からごっつ枠でレギュラー化ということらしく。

この知らせには本当に驚きました。
この番組はネタが命なのでレギュラー化すると特番の時と比べて質が落ちてしまうのでは?
という心配もありますがそこらへんは上手くごまかしてくれることを祈ります。

今から4月になるのが楽しみですね。

ブログパーツ
関連記事
[ 2011/02/16 23:31 ] お笑い系 松本人志 | TB(0) | CM(0)

M-1グランプリを振り返ろう ~2007年~

$タピオカのゲーム浪漫飛行

M-1グランプリを振り返るこの企画も今回で7回目。
2007年は決勝出場者の漫才の出来があまり良くなく、
すべてを敗者復活のサンドウィッチマンに持って行かれた印象でした。

それでは大会を振り返ってみたいと思います。

2007年大会の結果は以下の通り。
ファーストラウンド
1位 651点 ネタ順9番 サンドウィッチマン

2位 646点 ネタ順5番 トータルテンボス

3位 650点 ネタ順6番 キングコング

 
4位 608点 ネタ順7番 ハリセンボン

5位 604点 ネタ順1番 笑い飯

6位 597点 ネタ順3番 ザブングル

7位 593点 ネタ順8番 ダイアン

8位 580点 ネタ順4番 千鳥

9位 577点 ネタ順2番 POISON GIRL BAND


ファイナルラウンド

優勝 4票 ネタ順3番 サンドウィッチマン

2位 3票 ネタ順1番 トータルテンボス

3位 1票 ネタ順2番 キングコング

______________________________________________

今年は全体的に技巧派漫才師が多く、やや爆発力に欠けた印象。
ファーストラウンド8組を終えてややくすぶった空気の中で突然サンドウィッチマンが
登場したことで会場はヒートアップ、そしてそのまま優勝をかっさらっていきました。

サンドウィッチマンは優勝しただけあって漫才の面白さは群を抜いていましたね。
審査員のオール巨人が「なぜこのコンビが準決勝で落とされたのか」と不思議がっていたのも納得です。
サンドウィッチマンは今大会でその実力が認められ、
東北出身というバックボーンと合わせて翌年以降プチブレイクを果たします。
M-1 2007以降もキングオブコントでの準優勝などコント師としての一面も持ち、
現在は実力派芸人としての地位を確立しています。

トータルテンボスは今年がラストイヤー。
旅行代理店とホテルのフロントと客という二つのネタで勝負をかけるも優勝にはあと一歩及ばず。
個人的にはかなりなのですが、審査員は漫才の技術力を評価する声が多くネタとしてはベタすぎたのかなと。

ベタで言うとキングコングもベタ中のベタ。
テンポのいいしゃべくりにこれでもかとボケを詰め込んでいるのですが
なんかキングコングって嫌いなんですよね(^_^;

千鳥、ポイズン、ダイアンは順位こそ下位3組ですけどこれぞM-1という渋くて新鮮味のある
漫才で会場を沸かせていました。
この3組のネタを観ていると、年に一度のお祭りだったM-1特有の
空気を感じられます。

そして今年の笑い飯。
松本曰く前年度大会でスロースターターという評価だったことを受けて今年は盛り上がりを序盤に持ってきた、
しかし後半が足りていなかったと後日ラジオで語っていました。
個人的にはそんなに悪くなかった気もするのですが、
今年はトップバッターとネタ順に恵まれなかったというのも影響したのでしょうか。


M-1グランプリ、この年あたりから徐々に衰退しているのをひしひしと感じます。
2007も王者のサンドがいなかったらどうなっていたんだろうと思うとちょっと怖い。

DVDの方は2009年まですでに見終えているので2008、2009の感想も後日アップしたいと思います。

今日はこの辺で。

ブログパーツ
関連記事

今週のファミ通感想 2/17 1157 増刊号

$タピオカのゲーム浪漫飛行

感想を書くのがすっかり遅くなってしまった今週のファミ通感想。
今週は次世代PSP、NGPの特集がトップを飾っています。それではいってみよ!

p8 次世代PSPついに発表!コードネームは"NGP"

$タピオカのゲーム浪漫飛行

今週の目玉特集はなんといってもNGPでしょう。基本性能や参入メーカーなどはすでにネットに出ていますが
ファミ通では雑誌の強みを生かしてNGPの実物大の画像が掲載されています。
こればっかりは写真を載せても意味がないので気になった人はぜひ本誌で確認してください。
ちなみに当ブログで以前に掲載したNGP記事はこちら

あと、NGPのアナログスティックを横から見た画像が掲載されていたのですが、
この角度からのショットは意外と貴重なのではないでしょうか。
$タピオカのゲーム浪漫飛行

p15 Face ブラックマヨネーズ

$タピオカのゲーム浪漫飛行

今週のフェイスでは、角川ゲームズから発売される「アースシーカー」の
テレビCMに出演するブラックマヨネーズが登場しています。
ブラマヨ、こんな1コーナーなのにしっかり笑いをとっていて個人的にかなり驚きました。

普段バラエティで見せるブラマヨのキャラを生かしつつしっかりゲーム好きもアピールして、
アースシーカーの宣伝もするという。さすが人気芸人は違う。

そしてアースシーカーの物語になぞらえて
「明日地球から宇宙船で脱出するならなにを持っていく?」という質問には、
吉田「電化製品は持っていっても意味ないですよね?」
小杉「徳井に借りればいいんちゃう?」
と、なんとチュート徳井の名前まで出しています。ブラマヨとチュートは本来ライバル関係のはず。
それなのにこういう場所でもしっかり徳井=家電芸人という印象を残しつつ自然に名前を出して
あげるとは・・・。ブラマヨ優しすぎますね。どうかしてるぜっ!

p21 UKゲーム Top 10

$タピオカのゲーム浪漫飛行

p23 緊急特報 ダークソウル

$タピオカのゲーム浪漫飛行

ダークソウル来ましたねー。
ファミ通で独占、しかもこれだけ大々的ということはクロスレビューでの殿堂入りは確実ですね。
世界ではマルチ、日本ではPS3のみの販売になるそうですが今から発売が楽しみです。

p44 いい電子 583

$タピオカのゲーム浪漫飛行

今週のいい電子はDSで発売された「ぞんびだいすき」を紹介しています。
漫画の展開は面白いのですが全くゲームの紹介になっていないというところがいい電子クオリティ。

p96 ファミ通町内会

$タピオカのゲーム浪漫飛行

p167 福満しげゆきのほのぼのゲームエッセイマンガ

$タピオカのゲーム浪漫飛行

今週は久しぶりに福満さんの奥さんが登場しています。
福満さんが書く奥さんの絵ってふっくらしていてなんか好きです。
福満さん、ゲームをしていてイラッと来る奥さんの言動を漫画にしているのですが、
読者からするとなんか微笑ましいというか。

p197 桜井政博のゲームについて思うこと

$タピオカのゲーム浪漫飛行

今週はかなり深いい話がされています。ずばりゲーム業界で続編が多い理由。
この話で定番となっているのは「保守的な経営判断」、「続編しか売れない」といった説。
まあこれらもその一因なのでしょうが今週はこれら以外の要因が桜井さんの目線で書かれています。

ゲームに続編が多い理由、それはゲームシステムや開発環境などのシステム周りを生み出すのが難しいということ。
オリジナルのゲームシステムを基礎から築くのは続編制作の比ではなく、スタッフの理解もない
お客さんの認識もない状態でのオリジナル作品はなかなか生まれないのだとか。
確かに海外の大作はFPSというシステムの上で映画のように物語が載せ替えられたものなので
桜井さんの言う変化に乏しいというのは当たっている気がします。

コラム内では新たなゲームシステムを生み出したソフトとして軽くストリートファイターⅡが紹介
されていますが、そういう意味ではモンハンの第一作もそれに該当するのかなと。

p253 バカタール加藤のアノ人に聞きたい!

$タピオカのゲーム浪漫飛行

今週からは三回にわたってプラチナゲームズの稲葉さんが登場します。
稲葉さんのゲーム制作の原点、家庭用パソコンを親に買ってもらうときのエピソードは衝撃的です。
稲葉さんは11歳の時に両親に
プログラマーを一生の仕事にしたい、成功したらお母さんにダイヤモンドとマンションを買ってあげるから」
と説得したそうです。このエピソードを聞いて、やっぱ成功する人は子供の頃から違うなと思いましたね。
自分が11歳の時って何やってただろ、と思うと情けないというかw

そしてバカタールさん、今回対談するまで稲葉さんの
「ゲームに対する熱さをつかみきれていなかった」と軽めの爆弾発言。それは若干失礼でしょw
_____________________________________________

今週のファミ通感想はここまで。

また来週お会いしましょう。

ブログパーツ
関連記事

缶コーヒー紹介 ファイア ビターショット

$タピオカのゲーム浪漫飛行

今日紹介するのはこれ、ファイア ビターショット。
ファイアといえば松井が出演しているCMが思い浮かびますが、これはかなりマイナーな缶コーヒーだと思います。



このCMは去年の夏頃に放送されていたものですね。この頃松井はまだエンゼルスかー。
今年はアスレチックスに移籍しましたが頑張ってくれるといいですね。

話戻しまして。缶によると
厳選した豆を「直火焙煎」で「深煎り」に仕上げ、
隠し味に「焦がし砂糖」を加えたほろにがコーヒーです。
挽きたて18時間以内抽出

だそうです。

この缶コーヒー、売りの"ほろにが"の部分は十分感じられるのですが味のバランスは取れていない印象。
苦みにインパクトはあるけど良くも悪くもそれだけで、味の全体的な評価に生かされていません。

あと焦がし砂糖の味ははっきりとは認識できませんでした。そもそも焦がした砂糖の味が分からないという(^_^;

ファイアの中では個人的には挽きたて微糖が好きですね。


甘み:★★☆☆☆
苦み:★★★★★
コク:★★★☆☆
香り:★★★☆☆

満足度:★★☆☆☆


ブログパーツ
関連記事
[ 2011/02/05 22:08 ] コーヒー系 缶コーヒー | TB(0) | CM(0)

エンスレイブド売上46万本、Dark Souls海外正式発表、ヘビーレインベストなど

『Enslaved: Odyssey to the West』の売上本数は全世界でわずか46万本の結果に
-Game*Sparkより
昨年の10月に発売されたNinja Theory開発のEnslaved: Odyssey to the West。西遊記をベースとしたアクションゲームの本作ですが、その売上げはパブリッシャーの予想よりも大きく下回る結果となってしまったようです。


洋ゲー風にアレンジされた西遊記ゲーム、エンスレイブドの売上が奮わなかったようです。
開発はヘブンリーソードのニンジャセオリー、販売はバンダイナムコゲームズのタッグで
発売されたのですがこの結果は残念です。体験版を遊んだ限りでは面白くてネットでの評価も
高かったみたいですが。

Demon's Soulの魂を継ぐ『Dark Souls』が海外正式発表、トレイラーが披露!

-Game*Sparkより
あのDemon's Soulの魂を受け継ぐフロム・ソフトウェアの新作として昨年の東京ゲームショウで大々的に発表されたProject Dark。海外パブリッシャーを担当するNAMCO BANDAI Games Americaから本日プレスリリースで発表が行われ、正式タイトル名もDark Soulsに決定。




2009年初頭にPS3独占ソフトとして登場し、高い難易度とハードなゲームプレイ内容でコアユーザーから
絶大なる支持を得たソフト、デモンズソウルの事実上の続編が発表されました。
デモンズソウルはフロムソフトウェアとSCEがタッグを組んで開発したソフトでしたが
マルチに対応させるためにフロムはソニーを離れてバンダイナムコと手を組んだのでしょう。
個人的にかなり楽しみなソフトです。

「HEAVY RAIN -心の軋むとき-」などがラインナップへ追加に。
SCEJ,3月に発売予定の“the Best”シリーズ3タイトルを発表

-4Gamer.netより

世界で、そして日本でも絶賛の嵐だったアドベンチャーゲーム、ヘビーレインがベスト化される
ことが決定しました。ヘビーレインはすでにプレイ済みで、今はDLCの続きを遊びたくて
ずっと待っているのですが長いことほったらかし状態です。

モーターストーム3公式サイト




モーターストーム公式サイトが開設されて日々様々な情報が更新されています。
その中でも最近公開されたこの日本版PVはかなり手の込んだ内容。
SCEJもようやくモーターストームを売り出す気になったのかと思うと感慨深いですね。
もう今から早くレースを開始したくてうずうずしています。

海外レビューハイスコア 『ilomilo』

-Game*Sparkより
Xbox LIVEアーケードにて1月16日に配信されたilomiloの海外レビューハイスコアです。その愛らしいキュートなルックスと、シンプルなゲーム性に難解なパズル要素を取り入れた本作は、現在Metascoreが81を記録するなど高得点を呼ぶ結果となりました。


XBLAで配信中の新感覚パズルアクションゲーム。以前体験版を遊んだのですが海外ではこんなにも
高評価なんですね。体験版は無料で遊べるので360を持っている人はぜひ遊んでみてください。

ブログパーツ
関連記事








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。