スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『7BITch DVDBOX』開封レポート






ファミ通Wave休刊から1年。残党スタッフによるアメーバ的な草の根活動が実を結び、
本誌に収録されながらもDVD化されることなく終わりを迎えた「7BIT ch」がついにDVD化されました。


このDVDには7BITのすべてが詰まっています。
あの頃の輝いていたファミ通Waveの勇姿がDVDという形でずっと手元に置いておけるのです。


内容についてはエンターブレインの通販サイトの商品説明をコピペしておきます。




【DVD収録内容】
ジャケットは超絶ボールペンイラストレーターSHOHEI氏による描き下ろし!
 『7BIT ch』をテーマに感性のままに描かれた7Bitchガールが目印だ!

■『7BIT ch』全21話(ファミ通WAVE 2009年9月号~2011年5月号) 約180分

■特典映像
・新規撮りおろし!大型海外企画『光速船 Vectrex を捜せ!!』 約45分

・今蘇る伝説企画 約120分
ファミ通NEXTGAMES E32010 『WORLD VIDEO GAME CLASSIC』
ファミ通WAVE 2005年 8月号 『Denki Denki Denki 2005』
ファミ通WAVE 2005年 12月号 『東京ゲーム相模湖』
ファミ通WAVE 2006年 10月号 『Denki Denki Denki 2006 前編』
ファミ通WAVE 2006年 11月号 『Denki Denki Denki 2006 後編』
ファミ通WAVE 2008年 1月号 『Evo2007リポート 前編』
ファミ通WAVE 2008年 2月号 『Evo2007リポート 中編』
ファミ通WAVE 2008年 3月号 『Evo2007リポート 後編』

・幻のお宝映像『東京ゲーム相模湖2003』 約15分

※全コンテツにオーディオコメンタリー付き

【Book内容】
■7BITchDVD TEXTREME BOOKS (112P小冊子)
ポルノ鈴木 暴走コラム全集
1.7bitch全21回  ※【いま振り返る欄外注釈】付き
2.伝説の珍コラム「確定珍告」全24回 ※【いま振り返る欄外注釈】付き
3.その他、新規書き下ろし!!





収録時間は限界突破、オーバーザ限界の6時間超。届いたのは27日の火曜ですからまだほとんど観れてません。
とはいえこのDVDに収録されている内容は過去発売されたファミ通Waveで何度も観ていますからね。

ってなわけでここからは開封レポートです。




帯。





お値段は7BITにちなんで7777円。高・・・いや何でもないっす。





中身をスライドさせたところ。





中に入っていた物を並べてみました。





ディスク1~3。
こうやって並べるとグラビア画像のよう。


しかしジャケットもディスクもイラストが最高ですね。7BITのイメージと合ってる。





これはファミ通Waveの本誌に掲載されていたポルノ鈴木のコラムを集めた冊子。
ある意味本編よりも価値がある代物。


ファミ通Wave、DVDは全部保存しているのですけど冊子はすべて捨ててしまっています。
正直内容がショボかったのでね。しかし今になって思えばもったいないことをしたなと思っていまして。


これは後でじっくり読むことにします。






これは早期購入特典のオリジナルキーカバー。
昔はこういう風にLEDを点灯させて文字を表示していたんだろうな、
とは思えるものの元ネタを知らないので何とも言えません。


ちなみにこのキーカバー、表面のパーツを組み替えることで好きなアルファベットを表示させることが出来るようです。

こんな感じで。



まあパーツをなくすのが怖いので組み替えませんけどね。


番組MC、ポルノ鈴木のブログではDVD発売を祝した記事がアップされています。
PORNO-SITE

気になる人はチェックチェック。


ちなみにこのDVDBOXはエンターブレインの通販サイトでしか買えません。
もし欲しいという奇特な方がいたらアクセスしてみてはいかが?
エビテン


さて、開封レポートはこんな感じです。あとは中身をじっくり楽しみたいと思います。


ブログパーツ
スポンサーサイト
[ 2012/03/29 20:00 ] オワタ系 完・7BITch | TB(0) | CM(0)

最近の気になる”ほぼ”ゲームニュース 12/2/26号

更新を休止していた『最新ゲームニュース』のテーマを復活させるときが来ました。

時は来た!

まあ、面白そうなニュースがいくつかあったのでまとめてブログに書いちゃおうというだけです。




▼『ジェットセットラジオ』が遂にXBLA/PSNで登場か、ティーザー映像公開!
(Game*Spark)





このニュースはね、正直うれしすぎてぴょんぴょん飛び跳ねてしまいそうですよ。
ジェットセットラジオはドリームキャスト時代の名作で、個人的に
クレイジータクシー、シェンムーと並ぶドリキャス三銃士として記憶に刻まれています。

もう面白くて面白くて。
ドリームキャストのゲームって尖っていて荒削りでマニア向けな
ソフトが多かったので記憶に残りやすいのですよね。

ジェットセットラジオなんてトゥーンシェードで表現されたトーキョーをインラインスケートで暴走、
町中をスプレーグラフティで埋め尽くすというとんでもない内容でしたからね。

実際ゲームを起動させると『ゲーム中の行為は違法です』という注意書きが毎回表示されていましたし。

ジェットセットラジオは2年くらい前にドリームキャストで遊んだのですが、それがきっかけで本体が力尽きてしまい。
もし配信が本当だったら絶対落とします。





▼XBLA向け横スクロールシューティング『シネモラ』が3月21日に配信へGame*Spark)





そして地味に期待しているのがこのシネモラ。
映像を見るかぎり普通の2Dシューティングですが開発にグラスホッパーが
関わっていますからただでは転ばないでしょう。

このゲームは須田さんとあまり関係なさそうですが、グラスホッパーのラインナップとしては
以前から強調されてきたソフトではあるので内容が楽しみ。

ちなみにPSNでの配信はないそうです。





▼松本人志監督3作品、フランス“映画の殿堂”で特集上映決定
(お笑いナタリー)


そんでゲームとは関係ないですが松っちゃん関連の話題を一つ。
なんとさや侍がスイスのロカルノ映画祭に続きフランスでも特集されることが決定したようで。

過去フランスの「シネマテーク・フランセーズ」で特集を組まれた映画監督は
スピルバーグやヒッチコックなどいずれも巨匠とされる人たちだけ。

もうここまでくると吉本のごり押しだとかそういう批判をする人もいないのでは。
しかし日本にいるとこれらの海外での評価がいまいち伝わってこない。

メディアもほとんど取り上げて騒がないし。やっぱ松っちゃん好感度低いのか。
このまま世界の松本として映画界の巨匠となるのか、松っちゃん。

MHKはイマイチ人気がなくて3月で終わるみたいだけど、今後も応援していこうと思っていますよ。



ブログパーツ

【7bitチャンネル更新】 #9とポルノ鈴木ANNオーディションとDVDのPV2と





これは先週の更新分ですけどブログに書くのを忘れていたので今日掲載。





引き続きデザインアンダーグラウンドからラジカセのディープな世界を。
前回はレアラジカセ編でしたが、今回はレアなカセット編。




これはリールが金属製のメタルリール。こんなカセットが存在したなんて知りませんでした。
かっこよさは抜群だけどこれ実用性あるのか。


と思ったらリールを金属にすると音質は向上するという情報が。
かっこいいだけでなく音もいいとは。しかし相当高そう。





これはセラミックラジカセ。表面はひんやり冷たくて重いらしいです。
瀬戸物のラジカセなんてあったのか。




この後はラジカセのカセットにまつわるさらにディープな機器を。
ラジカセを手動で巻き戻せるカセット型ネジ巻き機やラジカセに溜まった磁気をとる
カセット型消磁機などバリエーションがマニアックすぎて最高。


そして最後のカセット型花占い。内容が深刻でなぜか細かい病状を指摘するという独自の占いスタイルは必見。








そして話題は飛びますが7BITチャンネルのMC、ポルノ鈴木が密かに応募していた
オールナイトニッポンのMCオーディション。

その選考方法はYouTubeにアップされた動画で適正と反響を見て判断する、というものでした。

このことを知ったとき真っ先に動画にコメントしたのですが、どうやら落選したようです。



本人のブログより。PORNO-SITE


動画を見てみると内容はしっかり面白くて、もしかしたら当選もあり得るか、なんて期待しましたが。
YouTubeで検索をかけてみるともう芸能人とか著名人がこぞって応募しててすぐに無理そうだなと感じましたよ。

今回のANNのオーディションは素人参加型と銘打っていましたけど結局著名人とか有名人が受かるんですよね。
もしポルノ鈴木が当選していたら毎週録音して保存していましたけど。

しかしその応募動画は4000PVを超えて72のコメントがついていました。
これについては本人もブログで触れていましたけど、十分すごい数字です。

とりあえずお疲れさまと言いたい。








叶わぬポルノドリームをみたあとは現実的に来月確実に観られる7BIT chのDVDでも楽しみましょうかね。
ニコニコ動画ではPVの第二弾が公開されました。これを観るとますます期待感は高まります。

既に予約済ですが早く観たくてうずうず。

このDVDを買えるのはエンターブレイン公式通販サイト、エビテンだけ。
一応サイトをリンクしておきますね。

エビテン



ブログパーツ
[ 2012/02/24 21:00 ] オワタ系 完・7BITch | TB(0) | CM(0)

【7bitチャンネル更新】 #8では再び奥深いラジカセの世界を紹介





約一ヶ月ぶりに更新された7bitチャンネル、今回は再びデザインアンダーグラウンドを訪れ
前回修理に出したマランツのラジカセ(ポルノ鈴木の私物)を受け取っています。



動画冒頭では相変わらず小気味の良いポルノ鈴木のMCが。
7bitチャンネルを観るのは一ヶ月ぶりなのにこの導入のおかげですっとこの摩訶不思議な世界観に没入できます。



修理が完了したマランツのラジカセで7bitチャンネルのジングルを再生し、感動する二人。
あのポップでキレッキレの音がラジカセと絶妙にマッチしています。


しかしラジカセを語るときの松崎さん、最高にいきいきしています。
本当にラジカセが好きで、大事に使っている人と語り合うことが出来て楽しいのでしょう。


自分も以前5年間使用したHDDコンポを修理に出したとき、ヨドバシカメラの修理受付の人と
やりとりをしたことがあるのですがその人も同じように輝いていました。


修理人と受取人と大事に使われた家電、その空間には独特の温かい空気感があるものです。



そして動画後半ではコンポではなくカセットの奥深い世界を掘り下げています。
ラジカセとカセットは一心同体、どちらが欠けても音楽は聴けません。


ラジカセが独自に進化したのと同様にカセットも多種多様なバリエーションが発売されていたのでした。
もう序盤のつかみだけで既に心を鷲づかみにされています。そしてこの話題は次回に続くようです。


Wiiをネットに繋ぐと「修理、魅せます」という職人が依頼者の持ち込み品を
心を込めて修理するという番組を視聴することが出来ます。


あちらがファミリー向け、万人向け修理番組なら7bitチャンネルはギーク向け修理番組なのですね。


ちなみにこの7bitチャンネルはファミ通Wave時代の回がDVDで発売予定です。
興味を持たれた方はぜひチェックしてみて下さい。


▼ファミ通WAVE プレゼンツ『7BIT ch』3枚組パーフェクトDVDボックス(エビテン)


それではまた2週間後にお会いしましょう。


ブログパーツ

[ 2012/01/28 23:30 ] オワタ系 完・7BITch | TB(0) | CM(0)

エビテンで『7BITchDVDBoX』が予約開始!お値段据え置き7777円




▼ファミ通WAVE プレゼンツ『7BIT ch』3枚組パーフェクトDVDボックス(エビテン)





伝説の番組『7BIT ch』がとうとうDVD化されることになりました。お値段なんと7777円!そうか、7BITにかけているのか。

7BIT chはその昔ファミ通WaveというDVD付き雑誌に掲載され、
それはもうコアなファン、ポルノ鈴木ファンを鷲づかみにした伝説の番組。

自分がファミ通Wave、7BIT chをどれほど好きかというのはテーマの『ファミ通Wave』を参考にしてもらうとして、
このDVD化は歓喜の雄叫びをあげずにはいられない。それくらい熱狂的に大好きなんです。

発売は3月27日。もちろん既に予約済ですよ。

エンターブレインさんはファミ通Wave関連のDVDを自社通販サイトのエビテンでしか売らないもんだから
不便で仕方がないのだけども、とにかく需要が鬼少ないであろう零細コンテンツをDVD化してくれるだけでもありがたい。

もう今から到着が楽しみで仕方がありません。

届いたら確実にレポートしますよ。



ブログパーツ
[ 2012/01/27 22:00 ] オワタ系 完・7BITch | TB(0) | CM(2)

【7bitチャンネル #6】 今回もレアなラジカセをディグってます



前回に引き続き、デザインアンダーグラウンドに訪れたポルノ鈴木がレアなラジカセを紹介しています。

$タピオカのゲーム浪漫飛行

ナビゲーターは今回も店長の松崎さん。

$タピオカのゲーム浪漫飛行

これはテレカセというテレビとラジカセが合体しちゃったいかれた商品。
当時の定価で70000円だとか。

$タピオカのゲーム浪漫飛行

これもまた狂ってる。なんと3デッキのラジカセ。3デッキ搭載のラジカセは後にも先にもこの機種だけだそうです。

ちなみにこのラジカセは日本製で、3デッキという珍しさからレア度が高く一度フランスから
デザインアンダーグラウンドがある足立区まで買いに訪れたマニアもいるのだとか。

$タピオカのゲーム浪漫飛行

そしてこれ。ポルノ鈴木が修理のために持ち込んだマランツ製の高級ラジカセ。
マランツと言えばオーディオメーカーとして有名でラジカセでもそのこだわりが存分に発揮されています。

$タピオカのゲーム浪漫飛行

それにしてもこのラジカセを見たときの松崎さん、笑顔で正式な型番まで言い当てるマニアぶり。
こういう好きなことを仕事にしていて周りからも評価されている人って憧れます。

$タピオカのゲーム浪漫飛行

驚くべき事にこのデザインアンダーグラウンドでは修理に必要なパーツを自主製作して
メーカーの公式サポートが終了したラジカセの修理にも対応しています。

というかラジカセの販売よりも当時の品が捨てられないラジカセマニアが
修理の持ち込みで店を訪れることの方が多いのだとか。

昔、Wiiの間で「修理、魅せます」というマニアックかつ最高に面白い番組を配信していましたが
あの番組でこそこのデザインアンダーグランドを取材するべきだった。

靴とか鞄とか万人向けの修理もいいけどこういうメカを取り扱ったらどれだけのWiiユーザーが喜んだことか。

~~~~~

それにしても面白いなー7bitチャンネル。

次回更新は12月23日金曜日です。


[予約投稿]

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ツイッターアカウント「tapioca0330」はこちら

ブログパーツ
[ 2011/12/12 18:00 ] オワタ系 完・7BITch | TB(0) | CM(0)

【7bitチャンネル更新】 ♯5が公開中です



■解説
7bitチャンネル第5回目!!今回はおじさんホイホイ、若人を完全に置いていきます!!
テレビの前で再生とRECボタンを一緒に押すあの感覚をもう一度!!
まさかのラジカセ特集です!!アングラ世界をのぞき見てください。

待ちに待った9月30日の配信開始から数えること早5回。いや、早くない。
2週間に一度と言わず毎週観たいのがファン心。しかしそれでも新作が定期的に観られるだけありがたいですけどね。

今回のテーマはラジカセ。下町のとあるラジカセを収集しているお店に突撃してレアなラジカセを解説しています。

7bitチャンネルってもともとゲーム番組のはずだったのに半分くらいはこのようにテーマがゲームに関係ない。
それでも面白くて毎回観てしまうのですよね。

以前MCのポルノ鈴木さんが番組内で「俺たちが好きなことはあなたたちも好きでしょう」
と発言していました。

これはアメリカのおもちゃ屋を訪れた冒頭での導入でした。そう、そういうことなんです。
もはやゲームだとかゲームじゃないとかは関係ない。

俺たちはポルノ鈴木とそのスタッフが興味があるものが好きなだけ。
そういう精神だから7bitチャンネルは視聴者に媚びていない、だから面白い。

しかし今回紹介されたラジカセかっこよすぎでしょう。
当時の価格で5~6万とかですから金持ちしか買えなかった代物であることは想像できます。

そういう世間の憧れだった品を良状態でこういう場所で発掘できる。最高じゃないですか。

このラジカセ編は次回に続きます。
次は12月9日金曜日に更新されますので興味のある方はぜひブックマークでもしてみて下さい。


[予約投稿]

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ツイッターアカウント「tapioca0330」はこちら

ブログパーツ


[ 2011/11/27 12:00 ] オワタ系 完・7BITch | TB(0) | CM(0)

ニコニコ動画で絶賛配信中!7bitチャンネルを観よ

$タピオカのゲーム浪漫飛行


7bit chが帰ってきた!


舞台はニコニコ動画、タイトルを7bit chから7bitチャンネルへと変えて。
こんなに嬉しいことがありますか。

7bit chは元々ファミ通Waveの一コンテンツでした。時間にしておよそ8分弱。
毎月毎月これが楽しみでファミ通Waveを買ったら真っ先に観ていたものです。

内容はMCであるポルノ鈴木がアーケード筐体を車整備工場に持ち込んで無理矢理マットブラックに塗装しちゃったり、
E3取材ついでに向かったラスベガスでは買いあさった戦利品(趣味のコレクション)をホテルの一室で見せびらかす、
秋葉原のアーケードゲームショップでソフトを買い漁ったかと思いきやファミ通編集者を集めてゲーム大会、
最終的にフル塗装した筐体を滋賀まで向かって読者プレゼントしちゃったりともうやりたい放題。

$タピオカのゲーム浪漫飛行

$タピオカのゲーム浪漫飛行


そんな7bit chが始まったのはファミ通WaveDVD、2009年9月号からでした。
この号からファミ通WaveDVDはリニューアルし新編集長ルパン小島体制のもと再スタート。

今思えばこの号から始まった新ファミ通WaveDVDは終わりの始まりでした。
どんどんコア化する内容、新着ゲーム映像の需要は完全にネットに集中し読者の年齢層は高くなる一方。

もはや休刊への流れは止められなかったのかも知れません。
それでも自分は心からファミ通WaveDVDを応援していました。

休刊に際して7bit chメインMCであるポルノ鈴木がツイッターでこのようなことを語っていました。
「今後はアメーバ的に広がるファミ通Waveコンテンツを応援してください」、と。

当時はファミ通Waveの休刊がショックすぎてアメーバ的にスタッフが
ばらばらになってしまうことが悲しくてなりませんでした。

しかしまさかこのような形で7bit chが復活するなんて!

更新は2週間に一回。これからはこの番組を楽しみに、ファミ通Wave魂を失わずにいこうと思っています。



記念すべき第一回ではポルノ鈴木がコレクションしていた新品未使用のLSIゲームを遊び倒しています。
コンピューターゲーム世代には新鮮な、ポルノ鈴木の軽妙なトークと共に観られるこの映像、最高。



第二回も引き続きLSIゲーム特集。しかしなぜ大事なはずのLSIゲームを大胆に遊んじゃうのか。
その秘密は次回にありました。



なんとこの回でコレクションしていたLSIゲームを秋葉原にあるスーパーポテトに売っちゃいます。
理由としては引っ越ししたから処分する必要なあったなんて言っていますが
本当は番組立ち上げに弾みをつけるために断腸の思いで手放したはず。

ポルノ鈴木、男だよ。



キタキタキタ。ポルノ鈴木によるメッセサンオーカオス館リポート。
ファミ通Wave時代からこの組み合わせにはハズレがない。

今回特集するのはゲーミングデバイス。快適にシューティングを遊ぶためのガジェットが紹介されています。
これ観ると欲しくなっちゃうよ。


とりあえずこれまでに配信された4回分を振り返ってみました。
次回からは新着がアップされる度にブログで取り上げたいと思います。

$タピオカのゲーム浪漫飛行

ちなみにこの7bitチャンネル、ヤフーと提携したギャオでも配信していて
ヤフートップニュースで取り上げられるやいなや14万アクセスを獲得。

そら当然だよ、こんだけ面白いんだもん。何かのきっかけさえあれば大ブレイクするよ、7bitチャンネル。


[予約投稿]

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ツイッターアカウント「tapioca0330」はこちら

ブログパーツ
[ 2011/11/20 12:00 ] オワタ系 完・7BITch | TB(0) | CM(0)

ゲームショウを直前に控えての更新停止をテキトーなつぶやきで挽回しよう②

PS VITA関連

$タピオカのゲーム浪漫飛行

●発売日


2011年12月17日

●ロンチタイトル

『BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND』
『Project N.O.E.L.S.(仮)』
『ブラウザ三国志 タッチバトル(仮)』
『FISH ON(仮)』
『アルティメット マーヴル VS. カプコン 3』
『真・三國無双 NEXT』
『F1 2011』
『地獄の軍団』
『ロード オブ アポカリプス』
『忍道2 散華』
『パワースマッシュ4』
『アンチャーテッド -地図なき冒険の始まり-』
『サワリ・マ・ク~ル』
『みんなといっしょ』
『みんなのGOLF 6』
『勇者のきろく(仮)』
『モンスターレーダー』
『@field』
『真かまいたちの夜 11人目の訪問者(サスペクト)』
『ドリームクラブZERO ポータブル』
『ニコニコ』
『魔界戦記ディスガイア3 Return』
『塊魂 ノ・ビ~タ』
『リッジレーサー(仮)』
『ダーククエスト(仮)』
『MICHAEL JACKSON THE EXPERIENCE HD(仮)』

●3Gネットワーク通信機能


店頭での手続きが不要なプリペイド決済タイプ。
20h 980円タイプ、100h 4980円タイプの2種類
20h 980円タイプには30日間、100h 4980円には180日間の利用期間が設定されている。
初回は契約事務手数料2100円が必要。
ドコモが提供する定額データプランも利用可能。
【重要】通信速度は最低レベル(受信時最大128kbps/送信時最大64kbps)

●セーブ方式

専用のメモリーカード(4GB/8GB/16GB/32GB)で。



今さらですがPS VITAについて気になった情報を羅列してみました。
ここから気になったところを。

-発売日

まあ年末発売と明言していましたからタイミングとしてはいいのではないでしょうか。
ちょうど年末商戦前ですし。

-ロンチソフト


これといって興味のあるソフトは無し。しかしロンチにアンチャーテッドを持ってきたところに本気度を感じます。
確かPSPの時もロンチはかなり弱かった気がしますが今回は本数の多さで挽回できているか。

-通信関連


これは・・・ちょっと酷いというか少なくとも個人的な興味は0%。
3G回線を利用するために特に手続きが必要ないという点は評価すべきだけどプリペイドに利用制限が
あるとちょっとハードルが高く感じてしまう。
あとは通信速度の遅さ。もしかしたらオンライン対戦をするだけならソフト側で工夫すればこの回線速度でも
問題ないかもしれないけどソフトとかDLCは3G回線で落とす気にはなれない。

-セーブ方式に関して

いやーあくいどいね。あくどい。何度でも言う、あくどい。
ソニーはまたしてもこんなやり方で利益を確保する気か。

ゲーム専用のメモリーカードが必要とか何世代前のゲーム機なのか。
ハードには詳しくないのでもしかしたらこうした方が効率がいいとかそういう側面があるのかもしれない。

でもねー。PS VITA、唯一ここだけ大嫌い。あとは全部好き。絶対買う。

【総括して】

いや、買うのは確定なんですがそれがいつになるのかはまだ不明。これといって遊びたいソフトがないもので。
VITAに関しては基本そんなスタイルですが同じように及び腰だった3DSを発売から半年も経たずに購入した経緯を
考えるとVITA購入も意外と早いのかもしれない。

あとはこんな数字やスペックの羅列じゃなくてゲームショウで遊んだ人の生の声が聞きたいな。
そろそろ大手サイトにプレイ感想が出始めることだと思うのですかさずチェックしますよ。

ゲームショウに行かれたブロガーの皆さんの記事も楽しみにしていますかね。



▼TGS 11: 業を背負うハヤブサ…!『Ninja Gaiden 3』TGSトレイラー&最新ショット(Game*Spark)
▼TGS 11: ハヤブサが斬る!斬る!斬る!『Ninja Gaiden 3』最新ゲームプレイ映像(Game*Spark)

$タピオカのゲーム浪漫飛行




発売日が2012年初頭に決定したニンジャガイデン3。今回貼ったムービーを見る限り物語が充実していそう。
テーマはどうやら復讐やリュウ・ハヤブサに芽生えた葛藤に焦点をあてたものっぽい。

まあ個人的にそんなコトはどうでもいいんです。
ニンジャガイデンにハリウッド的な演出なんて不要だと思っていますから。

大事なのはやっぱり触り心地とゲームを遊んだ感覚ですね。
古いファンとしてはもう別にニンジャガの新作に新たな要素なんて求めていません。
あのお馴染みの操作で新たな敵を斬れる、新たなコンボに挑める、それだけで幸せ。
XYXXXXYでイズナ落とし、これ鉄板。



▼『DmC Devil May Cry』最新トレイラー




なにかと批判されることの多いDmCですが個人的には期待大。
開発を外注してあらたなコンセプトの作品にするならそれはデビルメイクライである必要があるのか。
シリーズものの続編にはかならずつきまとうジレンマを見事跳ね返して欲しい、そんなことを思います。

開発はヘブンリーソード、エンスレイブドのニンジャセオリー。イギリスの会社です。
とにかく手触りだけは良くしてくれよー。



▼アスラズラースのTGS最新トレイラーが公開




発売日が決定したら予約する確率80%、個人的に赤丸急上昇中のアスラズラース。
なんかPVを見ているとゴッドハンドを思い出す。
武器を使わず素手のみで戦いを挑むところにCC2のこだわりを感じます。

というか絶対面白いでしょ、このゲーム。つまらない訳がない。



▼TGS 11: ユークスがロボット格闘映画をゲーム化!『Real Steel』発表(Game*Spark)




思わぬ伏兵、リアルスティール。ユークス開発のロボットファイトゲームというだけで既に購入が確定しました。
パッケージではなくDLソフトなので値段が安く発売時期のバッティングによる金欠の心配も無し。

ユークスはPS2のベルセルクを遊んで以来ファンになりました。
実はTHQのUFCシリーズ全作を手がけていてその開発力は世界的に実証済み。
なのに名前はそれほど知られていない、日本の中小開発会社。そこが渋くで最高。

一応戦うのはロボットですが本質は格闘アクションなのでユークスの強みをがっつり生かせるでしょう。

あとこのロボットが戦うというシチュエーション、サンドロット開発の
ロボット操縦アクションっぽくて最高に燃えるのですよ。



ふいーあーおわったー。これ全部書くのに1時間半かかったよ。

やっぱ適当なところで区切らないといけないね。
しかし今回はゲームショウに出遅れたことを反省して頑張ってみましたよ。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ツイッターアカウント「tapioca0330」はこちら

ブログパーツ

ゲームショウを直前に控えての更新停止をテキトーなつぶやきで挽回しよう①

やあ(´・ω・`)/ 元気かな。

9月のこの時期はゲームショウの開催に合わせて一年で最もゲーム情報が密集し
ゲーマーが熱狂する期間な訳ですが。

この一番大事な時期に体調を崩してしまい、すべてのニュースを確認すら出来なかったという体たらく。

歯がゆい。クゥー!

特にノルマもないし好きに更新すればいいのですが、この時期くらい頻繁にブログを更新し
また人様のブログにコメントを残して熱狂の渦に飲み込まれたいではありませんか!

ブログを放置していた間は任天堂のカンファレンス、SCEのカンファレンス、各ソフトメーカーのTGSに向けたタイトル情報、
ゲームショウ体験レポートなど様々な情報がネットに溢れていたみたいで。

今回はこれらをひとまとめにして"気になるゲームニュース"の体でお送りしたいと思っていますよ。

それではいってみよ!



任天堂カンファレンス系

◆Wii『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』の発売日が決定!
(Game*Spark)

$タピオカのゲーム浪漫飛行




一番インパクトがあったのはこれ。11月23日発売って予想外に早い。

50時間から100時間というざっくりしすぎなプレイ時間に違和感を感じつつもPVを見れば今回も
普段通りのクオリティを実現していることが伝わってきて興奮びんびん物語。

今回公開された映像でちょっと気になったのがゲーム中に素材を集めてアイテムを合成する
モンハン的な要素が組み込まれていたこと。

これをやり込むかスルーするかでプレイ時間に大きく影響する可能性大。



◆カプコン、『モンスターハンター3(トライ)G』および『モンスターハンター4(仮題)』をニンテンドー3DS™向けに発売決定!(プレスリリース)

$タピオカのゲーム浪漫飛行  $タピオカのゲーム浪漫飛行



一方世間的な注目度が高かったのはこっち。3DSでモンハン3Gが出るという話は先週のファミ通フラゲで
明らかになっていましたがなんとナンバリングタイトルである4まで持ってきちゃった。

これにより今後モンハンナンバリングタイトルは任天堂ハードで、
ポータブルシリーズはソニーハードで発売されることになるでしょう。

ナンバリングタイトルって結構大事だと思うのですがそれが携帯機、しかも取って付けたような
アナログスティックでしか遊べないっていかがなものかと感じます。

しかも3DSはネットへの対応が未知数。
4がネットワーク周りを含めてどのような遊びを提供してくれるのかに一抹の不安を感じます。

そして家庭用ゲームとしてのモンハンはハードスペックを捨ててしまった。

ハイクオリティのモンハンを遊びたいならフロンティアを選べばいいなんて声にはもううんざり。
あんな時間のかかるゲームを遊べるか!

ひとつ光明があるとすればポータブルシリーズのHD化展開。
3rd HDのような作品が安定したクオリティでPSP版から間を置かずに発売されるようになったとしたらどうか。

100時間から200時間程度でプレイを終わらせたい、オンラインでチャットをしながら狩りを楽しみたい、
どうせならハイスペックな据置機で遊びたい。
ソニー陣営のモンハンはこれらの贅沢な要望をすべて叶えてくれる可能性を秘めています。

さて、モンハンは今後どのような変化を見せつけてくれるのか。楽しみにしていますよ、カプンコさん。



◆3DS『スーパーマリオ 3Dランド』の公式サイトオープン&最新情報公開
(Game*Spark)
◆スーパーマリオ3Dランド PV&宮本茂インタビュー(任天堂)

$タピオカのゲーム浪漫飛行



3DSのマリオ新作は原点回帰のようなにおいがしますね。
ニュースサイトにあまり情報がないので公式サイトで宮本さんのインタビューを見てみました。

今回もお決まりのようにファミコンのマリオは誰でも遊べた、
3Dのマリオは一部のユーザーを突き放してしまったという話をされています。

マリオって新作が出る度に毎回この話を聞くような気がするのですが
それって3Dのマリオが未だにユーザーに正解を提示できていないことの現れですよね。

ゲームキューブのスーパーマリオサンシャインでは難易度を高くしてよりコアな層に訴求した。

Wiiのスーパーマリオギャラクシーでは舞台を球形の惑星にすることで視点を動かさなくても
操作出来るようにし初心者が3D空間で迷わないように配慮した。

しかしコアな層だけに受けるような内容にしても売れないしギャラクシーのような
改善のやりかたではライトユーザーを取り込めなかった。

そこで今回の3DSマリオで宮本さんが用意した仕掛けは3D立体視とプレイ感覚が2Dに近い場面の増加。

3D立体視によってより空間を把握しやすくなり2D操作が出来る場面を増やすことで
ファミコン時代にマリオを遊んでいた大人が遊びやすいように配慮しよう、ということなのですね。

3Dマリオを誰もが遊べるゲームへ。任天堂の飽くなき挑戦はハードが生まれ変わっても続くのです。



なんか熱く語りすぎてたった3つしかニュースを紹介できませんでした。

とりあえず任天堂編は今回で終わりです。

たくさんタイトルが発表されたわりには心に響くものがなかった、そんな印象。

次回は気になったタイトルを一挙振り返りだ!


[予約投稿]


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ツイッターアカウント「tapioca0330」はこちら

ブログパーツ

最近の気になる”ほぼ”ゲームニュース 11/9/1

またしてもお久しぶりの更新となってしまいました。
もっとアクセスが欲しいので最新ゲームニュースをどんどん取り扱っていきたいと思ったのですが。

なんか面倒くさいので止めました。今回も時期を完全に逃した遅咲きニュースの紹介です。
ではどうぞ。



▼海外レビューハイスコア 『El Shaddai: Ascension of the Metatron』
(Game*Spark)

$タピオカのゲーム浪漫飛行


評価が高いところもあるけどわりと厳しい意見も多めのエルシャダイ。
果たしてこれを"ハイスコア"と呼んでいいものか。

レビューの内容を読んでみると芸術的なデザインを賞賛する声は多いものの
ゲームとしてはどうなのという意見が目立ちます。

このブログではエルシャダイを買ったよ、という報告はしたもののレビューを完全に放棄していたので
自分の感想を皆さんに伝えていませんでしたがこの記事にはおおむね同意できます。

ゲーム部分はお世辞にも優れているとはいえない。しかしだからといって面白くないのかと言えばそうでもない。
独創的なビジュアルと世界観がイマイチなゲーム部分をカバーしていて総合的な満足度は高かったので。

ゲームなんて粗を探してばかりじゃつまらないですよ。
自分はいいところ、悪いところをしっかり噛みしめて味わいたいと思っています。



▼ムフフシーンもHDに!『God of War: Origins Collection』のデモが配信へ(Game*Spark)




PSPで発売されたゴッドオブウォー2作品のHD化体験版が北米PSSへ。
これアクセスしてみたら既にダウンロード可能でした。PSプラス加入者先行でね。

あと1週間経てば無料会員でも落とせるので今はその時を待っていますよ。

落日の悲愴曲はUMD版を買いましたし降誕の刻印は体験版を遊びました。
ゴッドオブウォーは大好きなシリーズなのでもろちんこのHDコレクションも狙っています。

体験版を遊んだら感想を書くので待っててね~。



▼ソニーがAndroid搭載のウォークマンを開発
(ITmedia ガジェット)

ウォークマンスキーとしては見逃せないでしょ、このニュース。

今のところ3G対応なのか、アンドロイドマーケットのアプリに対応しているのかなど詳細は明らかになっていないものの
ソニー製アンドロイドウォークマンという響きが未来的な何かを匂わせてくれます。

ウォークマンの魅力、それは高品質なノイズキャンセイリング。
電車の中でノイズキャンセルをオンにするとまるで別世界のような静けさ。そして音質が抜群にいい。

パソコンで音楽を聴くときはiTunesなのにわざわざXアプリで楽曲を再取り込みして
ウォークマンに送るのは正直かなり面倒くさい。

しかしiPodに移行する気なんかさらさらない。

ソニー最高、ウォークマン最高。ウォークマンは日本の誇り。




[予約投稿]

ポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



ツイッターアカウント「tapioca0330」はこちら

ブログパーツ


【gamescom 2011】PS3が18日から5000円値下げなどハード関連まとめ

$タピオカのゲーム浪漫飛行

PlayStation®3 価格改定 希望小売価格24,980円(税込)、$249、€249(SCE公式サイト)

160GBのハードディスクドライブ(HDD)を搭載したPlayStation®3 (PS3®)の価格を、
日本では明日18日より従来の希望小売価格29,980円(税込)から24,980円(税込)に改定いたします。
同様に320GBのHDDを搭載したPS3®の価格も従来の34,980円(税込)から、29,980円(税込)に改定いたします。


PS3が電撃値下げです。これでとうとうPS VITAと同価格帯に。発売以降値下げとモデルチェンジを繰り返し
順調とは言えないまでも着々と普及台数を増やしてきたPS3ですが今回の値下げでさらに弾みがつくのでしょうか。



Wi-Fi非搭載の新モデルPSP本体が発表、価格は99ユーロ(Game*Spark)

$タピオカのゲーム浪漫飛行

欧州でWi-Fi非搭載で99ユーロ(日本円で約10900円)の新型PSPが今秋発売予定なのだとか。
型番は「PSP-E1000」。アドホック通信が可能かどうかはまだ明らかになっていません。

デザインは現行PSPに比べて野暮ったい印象。果たしてこの新型PSPは欧州で受け入れられるのか。



最終スペック、Skype対応…PS Vitaの更なるディテールが発表
(Game*Spark)

$タピオカのゲーム浪漫飛行

株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、2011年内に日本、2012年初頭
に欧米で順次発売予定のPlayStation®Vita(PS Vita)向けに、Facebook(フェイスブック)、
foursquare(フォースクエア)、Skype™(スカイプ)、Twitter(ツイッター)※1の専用アプリ
ケーションを提供いたします。


ツイッターやフェイスブックなどの人気SNSのアプリをPS STOREから
PS VITAに直接ダウンロード出来ることが明らかになりました。

SNSと連携することで魅力的なエンターテインメントを提供するとしていますが
果たしてPS VITAではどのようなゲームが登場するのか。
グリーやモバゲーの焼き直しみたいなものでないことを祈ります。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




ブログパーツ



最近の気になる”ほぼ”ゲームニュース 11/8/10

久しぶりに帰ってきました、気になるゲームニュースのコーナー。

基本的に当ブログは話題のニュースでアクセスを稼ぐより好きなものを書くことを優先しよう!
というモットーでやっております。

しかし今日はネタが枯渇気味なのでざざっとニュースを振り返りたいと思いますよ。



▼「PlayStation Plus」に新機能 「セーブデータお預かり」の自動アップロードと「自動トロフィー同期」を追加(ITmedia ガジェット)

$タピオカのゲーム浪漫飛行


PS3のファームウェアアップデートが開始されました。その目玉はPSプラスにあり。
なんとトロフィーとセーブデータのオンライン自動同期に対応したと。

PSプラスにはこれまでもセーブデータのアップロード機能が存在しましたが
容量が少なめであまり評判はよろしくありませんでした。

今回せっかくこのような便利な機能が追加されたのでうちのPS3もいよいよPSプラスにしようかと検討中です。



▼2メートルのPS3対応「HDMIケーブル」 9月8日発売
(ITmedia ガジェット)


PS3対応のHDMIケーブルをSCEが売り出すそうです。

$タピオカのゲーム浪漫飛行


しかしご存じの通りHDMIケーブルなんてアマゾンだとたった800円で買えちゃうわけですよ。
長さも同じですし非公式ですがPS3対応を謳っています。

このHDMIケーブルは何本か買いましたけど包装が簡素というだけで何の問題もなく使えています。
メモリースティックとかSDカードにも言えることですがこういうのは
メーカー公式という安心感にどれだけ追加投資出来るかですね。



▼任天堂の隠れた名作『カードヒーロー』がバーチャルコンソールで配信決定(iNSIDE)

$タピオカのゲーム浪漫飛行




本日水曜日、ニンテンドーeショップにてGB版カードヒーローが配信開始されました。
ゲームボーイのカードヒーローは本当に大好きなソフトでプレイ時間は100時間を余裕で超えると思います。

ダウンロードする予定なのでプレイ感想は後ほどアップします。



▼体験版も配信決定!『Driver: San Francisco』最新トレイラー(Game*Spark)




ドライバーシリーズ最新作の体験版が明日木曜に配信開始みたいで。
まあおそらく北米での話でしょう。しかしアカウントは取得済みなので明日遊んでみます。

このゲームは須田剛一さんが面白いと仰っていたので気になっているのですよね。



▼フッサフサで超キュート!『大神』アマテラスのコスプレが披露(Game*Spark)

$タピオカのゲーム浪漫飛行


これは(*´Д`*)

アマテラスのコスプレと聞いてどうせ毛むくじゃらのおっさんが四つん這いしてるだけでしょう?
と期待せずに開いてみたのですが・・・。

軽く想像を飛び越えてくれました。なんかのアイコンにしたいくらいクオリティが高い。
もっふもふやー。



▼「動画サイトは、CD購入などの音楽消費にマイナス」-利用実態調査。消極層は「動画サイトで十分」(AV Watch)


今日のほぼはこれ。動画サイトは音楽の消費にマイナスだと。
最近だとYouTubeに最新PVと広告を合わせてアップしてCDをPRしているところもありますが。

結局消費者は動画だけで満足してしまったり勝手に落としたりして音楽の売上には繋がっていないようです。

~こうした見方を踏まえ、報告書では「音楽業界やインターネット業界をはじめとする関係者が、消費者に対して従来とは異なる新たな付加価値を提供できるサービスや商品の在り方を模索していくことが、音楽のクリエイティビティを最大化させ、それを消費者に還元していくための生態系を維持・進化させていくステップにつながる」と指摘している。~


大事なのはここですよね。単にCDが売れないとか音楽が違法でダウンロードされているとかを嘆くのではなく
利益を生みだす新たな音楽の楽しみ方を提供していくしかない。

YouTubeは著作権的にアウトな動画が多いですけど個人的に昔より格段に音楽を楽しむ幅は広がったと思っています。



さてさて、ネタが尽きたので今日はこの辺で。



ツイッターやってます

ブログパーツ

最近の気になる"ほぼ"ゲームニュース 11.6.21

◆高得点レビューも掲載!『Shadows of the Damned』ローンチトレイラー(Game*Spark)



~Game Informerでは9.2/10、Official Xbox Magazineでは8/10と高得点レビューが飛び出しており~

気になるゲームニュース一発目はこれ!もう今から発売が楽しみで仕方がありません。
しかし欧米では発売日が6月末に決定しているにも関わらず日本では未だに"夏"というざっくりとした情報のみでね。

ただ遊ぶだけのわたくしですが、一応ゲームソフトの購入予定とかあるので早めに発売日を発表してもらえないかな。

期待してますよ、須田さん!いや、SUDA51!



◆PS3の新モデル「CECH-3000B」、約0.4キロ軽量化・消費電力30ワット減に(ITmedia ガジェット)

$タピオカのゲーム浪漫飛行

PS3がまたしてもマイナーチェンジ。今年の3月?4月?くらいからネットでPS3本体の価格が
かなりお安くなっていたので近々新型が出るのではないかと噂にはなっていましたよね。

そんな自分もこのお得な期間中に新型PS3を買ったのですが、通常版本体ではなく
トルネ同梱のレコーダーパックだったので値引きの恩恵にあやかることは出来ませんでした。
PlayStation3 HDDレコーダーパック購入

まあ、あれはあれで相当お買い得だったので損したとも思っていませんが。



◆海外レビューひとまとめ『Red Faction: Armageddon』(Game*Spark)

$タピオカのゲーム浪漫飛行

体験版がめさくさ面白かったレッドファクションアルマゲドン。
しかしそのメタスコアは平均7点台前半とほぼ撃沈に近い。

その理由は
●キャンペーンがオープンワールドではなくなった
●シングルプレイヤーモードの練り込み不足

この2点に尽きるようです。

まあ確かに体験版が面白いと言ってもあの一部分だけなので全体を通して遊ぶと満足出来ない可能性はあります。
それにしてもこの評価は低いと思うけどなー。



◆『MGS PEACE WALKER HD EDITION』のE3デモHD版ゲームプレイ(Game*Spark)



うーん、確かにキレイ。話によるとこのリメイク版、インターフェイスやフォントはすべて新たに作り直したのだとか。
確かにPSP版のインターフェイスはドット感が丸出しだったのであれをPS3に持ってこれらてもきついかも。

ちなみに自分はPWを買っていますがあまり好きではありません。
なんがゲームプレイがぶつ切りすぎて"重厚なシナリオを楽しむ"というメタルギア本来の良さが潰されていた気がしたのです。

よってこのHDリメイクもスルー。



◆宮本茂さんに聞く、Wii Uがまた白いのはどうして?(Kotaku Japan)

この記事は興味深い。確かにGC以降の任天堂ハードはシルバーや白などのシンプルな色を基調としたものが多い。
DSなどのカラーバリエーションも基本単色で統一されていましたね。

この記事の中で宮本さんは
「何年もやってきてわかったんですが、ハードウェアに違う色を何色も使っていると、
この会社は子供向けの物を作る会社だというイメージが強くなるんですね。」


こう語っています。
なるほど、言われてみる確かにそうかも。



◆PSP ヱヴァンゲリヲン新劇場版 -サウンドインパクト- 予告1



自分は特にエヴァが好きというわけでもないのですが(リアルに半分くらいしか観ていない)、
これは結構気になります。

なぜなら開発が我らがSUDA51率いるグラスホッパーマニュファクチュアだから!
しかもディレクターが巨人のドシン、アクアノートの休日、(ディシプリン)の飯田和敏!

飯田さんと言えばわれわれファミ通Wave読者には日本の、いや世界のゲーム業界を憂えるゲームおっさんとしておなじみ。

さあ、このエヴァと飯田和敏という一見全く関係のない二組によってどんな化学反応が起きてしまうのか、続報に期待。



◆「だが断る」ことも可能?――48枚のイラストを収集できる「ジョジョの奇妙な花闘」(ITmedia ガジェット)

$タピオカのゲーム浪漫飛行 $タピオカのゲーム浪漫飛行

まさかこんなのまで出るとは。あいぽんユーザーがうらやましい!
こちとら3DSを買ったのでiPod touchはしばらくかえまへん。

新型待ちかなぁ・・・。

ジョジョは直撃世代ではないもののアメトーークのジョジョ芸人を見るやいなやジョジョ熱が大フィーバー、
その後一気に単行本を全部揃えてしまいました。

最近はちょうどスティールボールランも完結して感慨深げに物語の終わりをうれいていたところ。




さて、今回はこの辺で。



ツイッターやってます。フォロー大歓迎!

ブログパーツ

最近の気になるゲームニュース

◆Amazonが2011年上半期の売上ランキングを発表 1位は3500マイクロソフトポイントカード(XNEWS)
$タピオカのゲーム浪漫飛行

これはちょっと衝撃ですよね。日本でのXbox360の普及台数から考えるとおかしな数字。
まあ確かにアマゾンでマイクロソフトポイントを買うと相当お得なので自分は毎回利用しているのですが。

実際XBLAって良作ソフトの宝庫で知らない人が損をしている状況なのですよ。
アマゾンでゲームを買う人って結構なゲーマーでしょうからXBLA作品の
良さがコアゲーマーを中心に徐々に広まっているのかも。

◆SCE公式サイト 「感謝とおわびのパッケージ」

PlayStation®Network/Qriocity™ サービス停止期間中におかけしたご迷惑へのお詫びと、
お待ちいただいたことに対する感謝の気持ちを込め「感謝とおわびのパッケージ」を、
サービス全面再開時に無料にてご提供させていただきます。
「感謝とおわびのパッケージ」でご提供させていただく、コンテンツ/サービスは下記の通りとなります。

日本国内におけるPlayStation®Networkの全面再開をお待ちいただくことによる、ご不便とご迷惑、誠に申し訳ございません。
サービス全面再開までの期間、今しばらくお待ちくださいますよう、重ねてお願い申し上げます。


$タピオカのゲーム浪漫飛行

うん。なんかよくわからんけど前回より増えてるね。
もうこういうのいいので早くストアを復旧させて下さい。

新しく追加されたものだと鉄コン筋クリートがいいね。観てみよう。

◆PS Vitaのバッテリー持続時間はPSP並みに?(Game*Spark)

これは地味に重要な問題。VITAのバッテリーがPSP並というのはかなりすごいことではないだろうか。

正直スマホを使用してからというものバッテリーの少なさに常に若干不安で。

携帯するもので予備のバッテリーが必要とかはホント勘弁して欲しい。

◆『Mirror's Edge 2』は現在も開発中、エンジンには“Frostbite 2”を採用


$タピオカのゲーム浪漫飛行

ミラーズエッジって確か三部作構想だった気がした。
1が盛大にこけたので続編はナイだろうと思っていたけどまさかの開発中。

このソフト、まだ遊んでいませんが購入予定ではあります。
2年半欲しいものリストに入り続けている常連です。

買われていくのも時間の問題かと。多分。おそらく。

◆E3:約14分に及ぶ『NINJA GAIDEN 3』プレイ映像が公開!(PS3 FAN)



う~ん・・・。なんじゃこれ・・・。

切り終わりのQTE?溜め?明らかにいらんでしょ。これが骨を断つ演出?
もし終始こんなゲームプレイなら新生チームニンジャを激しく疑ってしまう。

ニンジャガイデンの面白さって徹底した操作のヌメヌメ感、なめらかで流動的とも思える美しい格闘美だったはず。

これはちょっと自分が好きなニンジャガイデンではないな。

続報に期待です。

◆「Uncharted 3:DRAKE'S DECEPTION」プレビューレポート
妥協無きパート3。驚愕の“想定外”シーケンスが、ゲーム慣れしたファンのドギモを抜く
(GAME Watch)

$タピオカのゲーム浪漫飛行

・・・筆者が以前、GDC2011で取材した元ノーティドッグ開発コアメンバのひとりは
「3部作として利益を出すことを目的に、巨額の開発費を先行投資してプロジェクトが始まっている。
これまで幸運にも、2作とも成功を収めているが、まだ手放しでは喜べない。
3作目での成功を見なければ、このプロジェクトは成功とは言えないのだ。」とまで述べていた。


これ結構すごい内容。
最近のAAA級据置ゲームはハイリスクハイリターンでどんどん開発費を投入して
数百万本の売り上げをもって回収するとは良く聞きますが、アンチャーテッドはそんなもんじゃなかった。

最初から三作作ることを想定してそのゲームエンジンに莫大な予算をかけていると。

と、ここまで考えるとこれまで三部作を謳いながら一作目がコケたせいで散っていったソフトたちも
実はこういう作り方をされていたのではないかと邪推が出来ます。

カプコンなんかはマルチタイトルの製作用に独自で汎用エンジンを開発していましたが
アンチャーテッドのエンジンの場合はおそらくアンチャーテッドだけに特化した作りでしょうから
よりクオリティが高いはずです。

まあそんな話は置いといて3も期待が持てます。
自分は既に予約済み。


ツイッターやってます。フォロー大歓迎!


ブログパーツ

最近の気になる任天堂系ニュース

◆E3 11: NoA社長: Wii Uはゲームキューブの後方互換性を持たない(Game*Spark)

これはまーしゃーないでしょーね。需要もなさそうですし。
自分は多分Wii U世代になったとしてもゲームキューブは遊ぶと思うので(キラー7、ビューティフルジョーなど)
Wiiは常時出しておくかも。

これまで前々世代のハードまで後方互換性を持たせたハードはPS3くらいでしょうか。
GBAではGBのソフトが遊べましたが、次のDSの世代になったらGBは切られました。

◆E3 11: 任天堂ブースで気になるWii U本体を間近でチェック
(Game*Spark)

$タピオカのゲーム浪漫飛行

Wii Uが意外にも胴長日本人体型だったというお話。

$タピオカのゲーム浪漫飛行

この画像からはスペックが上がって排気口が増えたり
出力端子はHDMIとD端子、S端子、コンポジット用の汎用端子の二つ、
センサーバーも取り付け可能、背面のUSB端子は2つだなあ、などね。

◆任天堂ラウンドテーブルに宮本氏、青沼氏、小泉氏が登場
「ゼルダ」、「マリオ」など新作裏話が満載。今年の「ピクミン」情報は?
(GAME Watch)

・・・宮本氏は、「『スカイウォードソード』では、これが最高の『ゼルダ』でなければ、
もう『ゼルダ』は作らないと言った。『スターフォックス』のプロデューサーにも、
やっぱり『スターフォックス』は面白いと思ってもらえないなら、もう作らないと言った」という。


かなり長い記事ですが自分が気になったのはここ。
スタッフに発破をかけただけともとれるのですが、やはり宮本さんはムジュラ以降の
ゼルダが過去作を超えることが出来ていないという悔しさを感じているのではないでしょうか。

実際遊んでみるとそれは痛いほど感じられます。
ムジュラ、時オカはホントに神がかっていてそれ以降に発売された
風のタクト、トワイライトプリンセスを遊んでも「確かに良くできている、だけど何か足りない」と感じてしまう。

ゼルダ25周年の今年発売される最新作の仕上がりに期待です。

◆任天堂、3DS「ゼルダの伝説 時のオカリナ3D」
購入者にサントラCDプレゼント&25周年記念コンサートを開催
(GAME Watch)

全員にプレゼントでしかもキャンペーンが長いという太っ腹、さすが任天堂。
自分は今、時のオカリナ3Dを買うかどうか迷っているのですがなんか背中を押された気分です。
時のオカリナは名曲揃いですからファンとしては絶対手に入れておきたい。

もう買うしかないか・・・。

◆Wii Uの原点はドリームキャスト? 「コントローラに画面を付ける」という発想
(日々是遊戯)

これはドリキャスユーザーなら誰しもが想像したはず。
まあドリキャスのビジュアルメモリは性能的にチープすぎたので
そこからゲーム的な展開をすることはほとんどありませんでしたが。

せいぜい覚えていることと言えば電池切れの状態で本体を起動したときのピー音。
ドリキャスの起動と同時ピーはセガファンあるある。

ビジュアルメモリの電池をいちいち交換していたのは少数派でしょう。
あれを外に持ち運んで遊ぼうなんて思えませんでしたよ。


とまあ今回はこんなかんじで。




ツイッターやってます。フォロー大歓迎!

ブログパーツ

【E3】任天堂関連色々他 ぶっちゃけWii Uってどうよ?

$タピオカのゲーム浪漫飛行$タピオカのゲーム浪漫飛行$タピオカのゲーム浪漫飛行

◆任天堂公式サイト Wii U特設ページ

$タピオカのゲーム浪漫飛行

●発売予定:2012年

●サイズ:高さ約46mm×幅約172mm×奥行き268.5mm (突起物含まず)

●新コントローラ:
新コントローラは、6.2インチ、16:9のタッチスクリーンとおなじみのボタンコントローラが
合体したものであり、2つのスライドパッドがついている。
この充電式のコントローラには電源ボタン、HOMEボタン、十字ボタン、A/B/X/Yボタン、
L/Rボタン、ZL/ZRボタンがついている。また、加速度計、ジャイロセンサー、
振動機能、カメラ、マイク、スピーカー、センサー部、タッチペンを備えている。

●他のコントローラ:
Wiiリモコン(もしくはWiiリモコンプラス)は最大4本まで同時に接続できる。
ヌンチャクやクラシックコントローラ、クラシックコントローラPRO、
バランスWiiボードなど、あらゆるWiiコントローラや入力装置に対応する。

●メディア:
新ハード用12cm高密度光ディスクおよび、Wii用12cm光ディスクをプレイ可能な
セルフローディング式(自動的にディスクを引き込む方式)のドライブを1つ搭載。

●ビデオ出力:
1080p、1080i、720p、480p、480iに対応。 HDMI、コンポーネント、
D端子、S端子、コンポジットの各ケーブルに対応。

●容量:
内蔵フラッシュメモリに加え、SDメモリーカードや外付けUSBハードディスクドライブを
利用することで容量を拡張することができる。

●その他:
4つのUSB 2.0端子を備えている。新ハードはWiiのゲームとの後方互換性がある。


$タピオカのゲーム浪漫飛行 $タピオカのゲーム浪漫飛行

$タピオカのゲーム浪漫飛行 $タピオカのゲーム浪漫飛行

$タピオカのゲーム浪漫飛行 $タピオカのゲーム浪漫飛行
_____________________________________________________

うん、うん。ん? なぁにこれ(^_^;


なんとなくやりたいことは分かるのですよ。
フルHD対応、HDMI端子付き。外付けHDDにも対応。クラコンのみの操作も可能。

ということはまあサードパーティのマルチの受け入れ先としては十分な性能であると。

このタイミングでニンジャガイデン3のWii U参入を告知したのもハード性能的には
問題なくどの機種も同じクオリティで遊べるということをアピールしたいのですね。

でもねー。

Wii Uのコントローラーを使ったゲームが革新的とは思えない(現時点で)。
で、結局この特殊なハードで面白い仕組み、遊びを提供できるのは任天堂さんだけなんでしょう?

Wiiの時もそうでした。ハードの魅力を生かしたゲームを売ったのは結局任天堂だけ。
任天堂の一人勝ち。そしてハード末期にはサードがみんな逃げちゃった。

ただひとつ断言できるのはWii U専用の任天堂製ソフトは
それはもう面白いし評価も高いし売れるのだろうなぁと。


2画面であるとかタッチパネル搭載だとかに興味はありませんがこの仕組みを使ったゼルダの新作が面白くない訳がない。

でもそれだけでハードが成立するのか、市場が築けるのか。
わからん。
_____________________________________________________

・・・その他のニュース
◆E3 11: 発売時期も決定!『The Legend of Zelda: Skyward Sword』最新トレイラー(Game*Sparkより)



$タピオカのゲーム浪漫飛行

$タピオカのゲーム浪漫飛行


うーん、わくわくがとまらんよ。現段階、この成熟しきったWiiというハードで満を持して登場するゼルダ。
面白くないハズがない。正直トワプリでの操作感のgdgd加減にはうんざりしていました。

ただ舞台は天空なのかー。ゼルダと天空、相性どうなの?
自分はなんか違和感。
_____________________________________________________

◆[E3 2011]スタイリッシュなアクションと激しい流血表現が目を引く「NINJA GAIDEN3」が「Wii U」のタイトルラインナップに登場
(4Gamerより)




正式名称は「Ninja Gaiden 3: Razor's Edge」だそうです。
ちなみにどっかのブログではこの映像を「見てすげえつまらなそう」と盛り上がっていましたが。

・・・正直なんか分かる。


このトレイラーを見てニンジャガイデンの面白さってこういうことだっけ?
という疑問を感じずにはいられないというか。

もちろん、こちとらニンジャガ狂、期待はしてるし確実に買います。
まだこの映像だけでは判断できないのでとりあえず続報を待つことにします。
_____________________________________________________

◆E3 11: ダンテが白髪に!『DmC』のゲームプレイトレイラーが炸裂
(Game*Sparkより)



$タピオカのゲーム浪漫飛行

$タピオカのゲーム浪漫飛行


E3でのトレイラーを見てますます楽しみになったDmCことデビルメイクライ。
これが日本ではどえらい不評で苦情めいた意見が殺到しているというのがにわかに信じられないのですが。
別にナンバリングタイトルでもないし、こういう新機軸で革新的なアートワークの
デビルメイクライがあったっていいと思うのですけど。

まあ開発元のニンジャセオリーがこれまで作ってきたヘブンリーソードとエンスレイブドの
操作性に関しては正直2流だと思っているのでそこはちょっと心配ですが。
_____________________________________________________

◆E3 11: 大ヒットバイクスタントゲーム続編『Trials Evolution』がXBLA向けに発表
(Game*Sparkより)

$タピオカのゲーム浪漫飛行

$タピオカのゲーム浪漫飛行


マイクロソフト陣営で一番気になったのがこのTrials HDの新作。
前作はめちゃくちゃ良くできていて今でもたまに遊びます。

ただ配信専用ソフトなので一般的な知名度はそれほど高くないのかなぁと。
一応パッケージ化されたりもしていますが、日本ではほとんどのゲームユーザーがこのソフトを知らないでしょうね。
_____________________________________________________

昨日から2回連続で書いてきたこのE3企画ですが、今のところ気になった話題はこの辺ですかね。
もう情報はほとんど出尽くしたと思うので、あとは各ニュースメディアの
試遊感想記事でも読んでE3のお祭り気分を堪能したいと思います。

それではまた。

ブログパーツ

【E3】PS VITAに話題作をずらりしたSCEカンファレンス

$タピオカのゲーム浪漫飛行$タピオカのゲーム浪漫飛行$タピオカのゲーム浪漫飛行

いーーすりぃぃー- イーーッッ!

$タピオカのゲーム浪漫飛行

◆[E3 2011]SCE,NGPを「PlayStation Vita」として正式発表。Wi-Fiモデルで2万4980円から!(4Gamerより)


●PlayStation Vitaの主なスペック
発売日:2011年末
価格:2万9980円(税込)/(3G&Wi-Fiモデル),2万4980円(税込)
操作系:方向キー,左アナログスティック,右アナログスティック,
背面静電容量マルチタッチパッド



革新的な遊びを実現する
次世代携帯型エンタテインメントシステム
名称を「PlayStation Vita」に決定
希望小売価格
Wi-Fiモデル: 24,980円(税込)/249USドル/249ユーロ
3G/Wi-Fiモデル: 29,980円(税込)/299USドル/299ユーロ
~新しいゲーム体験とネットワークの活用によるコミュニケーションの拡がりにより、
これまでにないインタラクティブなエンタテインメントを実現~


$タピオカのゲーム浪漫飛行



とうとう来ました、PS VITA。これまで「NGP」と呼ばれていた代物の正式名称です。
とにかくインパクトがあるのは値段。Wi-Fiモデルが25000円を切っています。
3DSを完全に下回るこの価格に任天堂陣営も焦りを隠せないのではないでしょうか。

◆「PlayStation Vita」5タイトル試遊レポート
タッチ、ジャイロ、カメラ……意外? な操作のこだわりを見る
(GAME Watchより)

ちなみにゲームウォッチのこの記事では試遊できたPSVのソフトはタッチパネルのワンボタンで操作可能な、
まるでスマートフォンを意識したかのようなソフトが多かったとレポートされています。

アンチャーテッドやパワースマッシュなどのコアゲームをタッチパネルで操作するなんてのは
想像もしたくありませんが、PS3初期もモーションコントローラを使用したゲームが多々ありました。

PSVもまだ可能性を模索している段階なのだと思います。
PS3ソフトが完全にモーションコントロールを捨てた様に
PSVでも必要のない機能はユーザーによって淘汰されていくのでしょう。
_____________________________________________________

・・・その他のニュース

◆SCEが3Dディスプレイを全世界で2011年秋より順次発売【E3 2011】(ファミ通.com)

このディスプレイのポイントは

①3D対応
②24型
③5万円


ずばりこの3つでしょう。他にも色々な機能がありますがやっぱ気になるのはここ。
3D対応で24型となるとメインのテレビとしての使用はサイズ的にきついのでゲーム専用機となると思います。

ゲーム専用機としての3Dテレビに5万円出せるかというのが普及するかどうかの分かれ目となるでしょうね。
ちなみに自分は欲しいのですが置く場所がないので却下。
しかし3DのPS3ゲームには底知れない憧れがあるのです…。
_____________________________________________________

◆Bluetooth無線通信が便利なプレイステーション3対応 の“ワイヤレスキーボード”が発売決定!(ファミ通.com)

$タピオカのゲーム浪漫飛行

さすがはソニー製、デザインがいい。
値段が5000円と言うのはブルートゥースのキーボードとしてどうなのか。

キーの叩き心地が良ければ買ってしまいそうです。スマホにもつなげますし。
_____________________________________________________

◆PSPの全世界累計売上台数が7,000万台を達成(Game*Spark)

ほぉ、それはすごい。
(でも結局日本でしか売れてないんでしょ ボソッ)
_____________________________________________________

◆E3 11: PSPの2作を収録した『God of War Origins Collection』が発表
(Game*Spark)

$タピオカのゲーム浪漫飛行 $タピオカのゲーム浪漫飛行




噂通りですね。これは普通に嬉しい。
と言ってもまだPS3のHDコレクションすら遊べていない状況ですがね。
いや、PS2版の1と2はクリアしているのですよ。

もうHDリマスター様万歳、的な状態。
_____________________________________________________

◆E3 11: 『Uncharted 3: Drake's Deception』のライブデモが披露! 最新トレイラーも公開(Game*Spark)



ウンウン、いい感じだ。アンチャーテッド3も順調に開発が進んでいるようで。

_____________________________________________________

◆[E3 2011]SCEの注目作「Resistance 3」ほか,計15タイトルのムービー/SSを4GamerにUp
(4Gamer)

最後に個人的に興味はないけど、
一応「話題のSCE製ソフト映像」公開記事へのリンクを貼っておきます。

ブログパーツ

最近の気になるゲームニュース

◆『アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス』シリーズ最新作がついにお目見え(ファミ通.com)

$タピオカのゲーム浪漫飛行

えーと。本来今日木曜発売のファミ通に掲載される情報だったアンチャーテッド3の情報が
0時を過ぎた段階でファミ通.comにアップされてしまいました。

まあ確かにファミ通の速報は数日前からネットにアップされてしまっていて
本誌発売時にインパクトが無くなるというのは困った問題ではあります。

ちなみにこの記事を書いている段階ではまだSCEの謎の新作カウントダウンは継続中で・・・。
ま、そんな話は置いといて。

アンチャーテッドは1と2を遊んできましたので当然2にも期待しています。
ちなみみ自分がPS3と同時購入したのはアンチャ1でした。

マルチプレイでの撃ち合い殺し合いが嫌いな自分にとってシングルプレイの比重が重い
アンチャーテッドは唯一楽しめるシューティングゲームなんです。

コールオブデューティとかはシングルの完成度がスゴイと言っても結局マルチメインなのでねー。
_______________________________________________________

◆『NINJA GAIDEN 3(ニンジャガイデン3)』伝説の忍リュウ・ハヤブサ、三度降臨!(ファミ通.com)

$タピオカのゲーム浪漫飛行

これもファミ通.comの先出し情報です。
3の噂は色んなところから聞こえてきましたがこれが正式なニンジャガイデン3ですか。

リュウの右腕がやばいことになってるとかスライディング、クナイクライムなどの新アクションが追加されたとか。

現段階ではまだ何ともいえまへん。
とにかく板垣さんが抜けてもチームニンジャは健在だということを証明してもらいましょうか。
_____________________________________________________

◆ソニー、PSP名作をHD化する『PSP Remaster』を発表、第1弾は『モンハン 3rd』
(Game*Spark)
◆噂: PS3向け『デビルメイクライ コレクション』が今年のE3で発表か(Game*Spark)

$タピオカのゲーム浪漫飛行

PSPがHDリマスター化されたりPS2トリロジー作品のHDリメイクの噂が絶えず聞こえてきたりと
ゲーマーにとって嬉しい時代になったものです。

自分はモンハンをテレビで遊ぶために1万円以上するケーブルを買いましたし、
プリンスオブペルシャのHDリメイク作品が遊びたくて北米アカウントに課金したりもしました。

PSPのゲームは据置機と共有できるし過去のゲームもHD解像度でお手軽に遊べる。
ここにNGPも加わればもう据置、携帯の垣根なんてユーザーはほとんど意識せずにゲームを楽しめるように
なるやもしれません。

もうね、こんな時代を待っていたんですよ。
こちとらスーパーゲームボーイでポケモンをテレビに繋げて喜び、
体験版をヤフオクで落札したりとローテク故の回り道を散々してきました。

この先もどんどんテクノロジーは進化して快適にストレス無くゲームが遊べるようになるのでしょう。
ああ、最高。
_____________________________________________________

◆4月21日以前のPSN登録者に対する“感謝とおわびのパッケージ”の詳細が発表(Game*Spark)

$タピオカのゲーム浪漫飛行

この中から2本ずつね。
PS3
●The Last Guy
●おいでよロコロコ!! BuuBuu Cocoreccho!
●無限回廊 -序曲-
●WipEout HD
●ハスラーキング

PSP
●勇者のくせになまいきだor2 PSP the Best
●みんなのスッキリ
●パタポン 2 ドンチャカ♪ PSP the Best
●リトルビッグプラネット ポータブル
●LocoRoco -Midnight Carnival-


イエス!(゚⊿゚)イラネ


・・・と言いつつもタダなら当然なんかは落とします。
ガチで面白いのはワイプアウト。でもこれはダウンロード済み。

うーん(リアル熟考)・・・


消去法でPS3は無限回廊とロコロコ、PSPはみんなのスッキリ、ゆうなま2にしよう。
_____________________________________________________

◆『Shadows of the DAMNED』の国内発売を正式発表&ティザーサイトオープン(Game*Spark)

$タピオカのゲーム浪漫飛行

ついにきたー。120%期待してますよ、須田さん!
2011年夏発売ってノーモアレッドと被ってないよね?
_____________________________________________________

◆『ドラゴンズ ドグマ』怒涛のグリフォン戦ゲームプレイトレイラー(Game*Spark)



だいぶ前のですがドラゴンズドグマのトレイラー。
このゲームね、発表された当初からモンハンっぽいと言われていて
「なんかやだなー怖いなー」(by BBゴロー)と思っていましたがこのPVで確信しました。

うん、これはモンハンの焼き直しだ。
主人公、基本矢しか放っていませんが剣を振らせたらモンハンとのスンクロ率95%。
ただ、一応期待は出来ます。
日本でしか流行しなかったモンハンという文化、遺伝子を少しでもワールドワイドに
広げてカプコンの利益になるなら応援もしたくなりますよ。

欧米では学生4人がリアル集会でPSPを向き合わせるような文化が存在しないので
アドパをウリにしたモンハンが流行しなかったのはある意味納得がいきます。

しかしモンハンのゲームシステムの優れた部分が上手く据置機用、欧米用に調合されて
このドラゴンズドグマに生かされていたとしたらこれはすごいことですよ。
_____________________________________________________
◆忍シリーズ最新作『Shinobi』が正式発表! トレイラーやスクリーンショットも公開(Game*Spark)

$タピオカのゲーム浪漫飛行


熱狂的なPS2版「shinobi」ファンの自分としてはタイトルを見た瞬間歓喜しました。
しかし内容を読んで落胆。

2Dアクションかよ!!

きつい・・・orz

ブログパーツ

最近の気になる"ほぼ"ゲームニュース

$タピオカのゲーム浪漫飛行

◆海外レビューハイスコア 『L.A. Noire』
(Game*Sparkより)

●Giant Bomb: 10/10
●1UP: 10/10
●Guardian: 10/10
●GameTrailers: 9.1/10
●Destructoid: 9/10
●Joystiq: 9/10
●GameSpot: 9/10
●CVG: 8.9/10
●Game Informer: 8.75/10
●IGN: 8.5/10
●Eurogamer: 8/10


L.A.ノワール、評価高い!
PVを見たときはキャラの表情や会話劇の完成度がやたらに高いなという印象でしたがゲームの方もいい出来なのですね。

レビューを読んでみると、ジャンルはシューティングよりも尋問や操作を軸にしたアドベンチャーっぽいですね。
まさしく去年SCEから発売されたヘビーレインに近い。
あっちは戦闘が起きても基本QTEだったのでアクション性はほとんどありませんでしたが。

L.A.ノワール、買ってしまうかも知れません。
_____________________________________________________

◆噂: 『God of War Portable Compilations』がPS3向けに発売(Game*Sparkより)

$タピオカのゲーム浪漫飛行 $タピオカのゲーム浪漫飛行

過去にPSP専用ソフトとして発売されたゴッドオブウォーの「落日の悲愴曲」「降誕の刻印」
なんとPS3でHDリメイクされるかもしれないそうです。

自分は落日の悲愴曲は遊びましたが降誕の刻印は買う時期を逃してしまい、いまだ未プレイです。
機会があればその内買おうかと思っていましたがどうやらリメイクされるのを待った方がよさそうですね。
_____________________________________________________

◆Xbox 360® ワイヤレス コントローラー SE プレイ & チャージ パック(Xbox公式サイト)

$タピオカのゲーム浪漫飛行

$タピオカのゲーム浪漫飛行

特徴

● 2 段階に変形する新しい方向パッド
● 2.4 GHz ワイヤレス テクノロジーを採用し、遅延のない操作が実現
● ワイヤレス LAN と同時に使っても混信することなく
● 最大約 10 m の距離から操作可能
● 大容量ニッケル水素電池( Ni-MH) を使用
● プレイ & チャージ ケーブル接続で、プレイしながらの充電に対応
● フル充電したバッテリーは、最大 35 時間プレイ可能
● ワイヤレス コントローラー SE は 1 年間の製品保証付き


いやーこういうコントローラーを待っていたんですよ。
正直遅延だとか充電できるとかにはそれほど興味がありません。
バッテリーはエネループを使えば済むことなので。

じゃあ何がいいのかっていうと十字キーの正確な4方向操作ですよ
360のコントローラーって十字キーがアナログライクで、上下左右に項目を選択しようとしても
右を入力したつもりが上にいってしまったりしてかなりアバウトな操作しかできなかったですよ。

自分は360でPS3の十字キーのようなかっちりした操作はできないものかとずっと思っていました。
これは十字キーをフルに使うようなゲームだと快適さにかなり顕著な差が出ますよ。

例えば去年XBLAで配信されたスコットピルグリム。
あのゲームはベルトスクロールアクションなので十字キーによる機敏な操作が求められます。
そんでPS3版と360版を遊び比べると圧倒的にPS3コンの方が操作しやすかった。

このコントローラーが今後の360のプレイをより快適にしてくれることを願います。
_____________________________________________________

◆日々是遊戯:手作りグッズサイト「Etsy」で見つけた、かわいいゲームグッズ10選
(ITmedia ガジェットより)

$タピオカのゲーム浪漫飛行

$タピオカのゲーム浪漫飛行

出ました、ITmediaガジェットのゲーム小物シリーズ。
この真鍮のトライフォース、めちゃくちゃ欲しい。
他にもいくつか面白い小物があるので興味のある人はリンク先へどうぞ。
_____________________________________________________

◆HUNTER×HUNTER(28)が7月4日に発売決定
(楽天ブックスより)

$タピオカのゲーム浪漫飛行


既に色んなところで話題になっていますが。とうとうこの時が来ました。
ハンターハンターはねー。もうどんだけ楽しみにしているか。
富樫先生にはじらされっぱなしですが、その漫画飢餓状態が逆に自分の
ハンターハンター好きを加速させたかもしれません。

はっきり言ってめちゃくちゃおもろい。漫画の中で一番好きってくらい好き。
どんだけ待たされても許してしまう。だってそれに堪えうるだけ漫画が面白いんだから。
つまんなかったらみんなとっくに見捨ててますよ。

単行本が発売されるということは当然ジャンプ本誌での連載も再開されるでしょう。
物語もいよいよ佳境。今回の連載再開で一気に最終回を迎える可能性だってあります。

さてどうなるでしょうかね。

最近の気になるゲームニュース

なんか最近ほとんどゲームの話題をブログに書いていないことに気がつきましたよ。
と言う訳でここ数日で自分が気になったゲームニュースをちょろっと紹介。


◆バラエティに富んだサイドクエスト!『L.A Noire』プレビュー映像
(Game*Sparkより)



このトレイラーは今回のニュースとは関係ないのですが、字幕付きなのでこっちを選びました。
販売元がロックスターと言うことで当然GTAのようなゲーム性を想像するのですが。

PVを見たら分かる通り、とにかくキャラのモーションや会話劇がはんぱないクオリティ。
自分はこのPVを観てGTAよりもむしろヘビーレインのような複雑な人間模様を描くことに重点を置いた
アドベンチャーに近い作りなのかなと感じました。

日本での発売は7月7日。L.A.ノワール、早くも自分の欲しいものリストにチェックインです。
______________________________________________

◆噂: 『God of War 4』はマルチプレイモードを搭載
(Game*Sparkより)

時代の流れはコープ搭載なんですかねぇ・・・。
自分はオンラインプレイってあんまり好きではなくて。
まさにゴッドオブウォーのような一人でテクニックを磨くタイプのアクションゲームが大好きなのですが、
とうとうGoWもマルチプレイに対応しますか。
まあ、あくまで噂ですが可能性は否定できない話だと思います。

もう一人でやり込むタイプのゲームって古くさいのですかね。
次世代機(今世代機?)ではオンラインプレイの手軽さから格ゲーブームが再来したり、
日本でもシューティングが流行ったりといろんな恩恵がもたらされたりもしましたが。

ま、別にマルチプレイモードを"搭載"ってだけなのでそれがメインになるとも限らんのですよね。
その辺がどうなるかも含めて続報を待ちますか。
______________________________________________

◆『Mortal Kombat』『Portal 2』がトップ!2011年4月の北米セールスデータ
(Game*Sparkより)

ポータル2売れてますねぇ。
北米ではStreamのデジタル販売を除いてPC、PS3、360の3機種で約63万700本も売り上げたとか。
そんな自分はすでにPS3版ポータル2を予約済みなのですがね。
エルシャダイとポータル2を予約した

欧米ではメディアの評価も軒並み高得点ですし、これはますます期待が高まります。
______________________________________________

◆任天堂、3DS「ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D」 通称「裏ゼルダ」を収録して6月に登場!!
(GAME Watchより)

$タピオカのゲーム浪漫飛行

$タピオカのゲーム浪漫飛行

いやー、時オカ3D欲しいですねー。
欲しいとは言うものの今3DS本体を買えるお金がないので発売日には遊べないのですがね(^_^;

ちなみに裏ゼルダは当時風のタクトを予約購入して今でも持っているのですよ。
まあ難しくてすぐやめちゃいましたけど。あれは2周目に遊ぶと丁度いいのかもしれません。

3DSはいずれ買いますし、そうなったら時オカも買うことになると思うのでその時まで待っとけよ!(謎
______________________________________________

◆人気スマフォゲーム『アングリーバード』が無料のブラウザ用ゲームに
(Kotaku JAPANより)

アングリーバードはアンドロイドマーケットでは無料で落とせたので購入当初に落としてみたのですが、
巷での評判通り面白かった。
シンプルな操作なのについつい止めどきを失ってしまいます。
そう、これが病みつきというやつなのです。

そんなアングリーバードが無料のブラウザゲームになったようで。
これ、「たかが無料アプリでしょ?」とバカにして遊ばないのは損ですよ。

駅での待ち時間などちょっとした時間にサッとスマホを起動して遊ぶと、
いい感じで時間のスキマを埋めてくれるので重宝しています。

まあ「これを遊ぶためにパソコンを起動するのかお前は?」と問われたらきっぱりと「ノー」ですが。
______________________________________________
◆iPhoneユーザー必見、“おもしろiPhoneケース”集めてみました(ITmedia ガジェットより)

自分はアイフォンユーザーではないですし、基本ケータイにカバーはかけない派なのですが気になったのでちょっとだけ。

$タピオカのゲーム浪漫飛行

$タピオカのゲーム浪漫飛行

$タピオカのゲーム浪漫飛行

これは(・∀・)イイ!!

ファミ通Wave休刊記念 これまで買ってきたファミ通Waveを全部観てやろう

$タピオカのゲーム浪漫飛行

$タピオカのゲーム浪漫飛行

ファミ通Waveが休刊して、これ以上新しいコンテンツは観られないことにショックを感じていたここ数ヶ月。
そんな心の隙間を埋めるべくこの間実家に帰ったときに自分が過去に買ったファミ通Waveを全部東京に
送ったのでした。

古いモノだとまだ○月号ではなくVol.○○という表記のものまであります。
画像だと一枚目の左上をよーく見てもらえると判るのではないかと。

ただ悲しいことに自分はファミ通Waveから離れていた時期があってその間は歯抜けになっているのです。
2006年2月号からはなんと1年間もすっぽり抜けているなどの大失態。

しかし手元にはこれまで発刊されたほとんどのファミ通Wave本誌が揃っています。
ファミ通Waveが休刊になった今だからこそ、これらを全部見返して
思い出に浸ろうじゃないかということで現在最初から見返しています。

古いのだと2003年初頭になるのですが、やっぱ当時は売れていて支持も厚かっただけに内容にも勢いがありますね。

最近の主流だった売れてないのを自虐的にイジるような描写は本編でもナレーションでも一切なく
「俺たちはこれからやってやるぜ!」みたいな意気込みをひしひしを感じます。

2003年からのファミ通Waveはまさに黄金期。この先見返していくのが非常に楽しみです。

ちなみにおまけとしてこんなのも見つけました。

$タピオカのゲーム浪漫飛行

ファミ通が832(ふぁみつう)号を迎えたことを記念してファミ通本誌の付録としてついてきたDVDです。
832号は今から逆算すると2004年か2005年だと思うのですが、
当時のファミ通編集部に潜入した映像なんかが収録されていたと思うのでかなり貴重だと思います。

あの頃はまだバカタール加藤さんが編集長でカミカゼ長田さんは副編だったなぁ・・・。


さてさて、今後ファミ通Waveを見返していく中でどんな懐かしいシーンに遭遇できるのか今から楽しみです。

ということで今日はこの辺で。



ツイッターアカウント「tapioca0330」はこちら

ブログパーツ

[ 2011/05/13 08:00 ] オワタ系 完・ファミ通Wave | TB(0) | CM(0)

今日のつぶやき:時のオカリナ3DのOPが公開、Wiiの後継機種が正式発表

$タピオカのゲーム浪漫飛行

ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D 公式サイト

※音が出ます

時のオカリナ3DのOPが公開されました。オリジナルと3DS版を比較してみると
3DS


ニンテンドウ64


正直3DS版は色味が鮮やかになった分64版にあった幻想的な雰囲気が薄れてしまっている印象です。
マシンの性能が上がってCGのポリゴン数や解像度が増えるのはいいことだとは思うのですが
オリジナルの"自分が本当にハイラルに迷い込んでしまったような独特の空気感"は損なわないでもらいたいところ。
  _______________________________________________

Wii後継機、2012年に発売が正式発表・・・E3でプレイアブル(iNSIDE)

Wiiの後継機がついに正式発表されました。
Wiiの跡を継ぐゲーム機はWii HDだのWii2だのメディアから様々な呼ばれ方をしてきましたが
おそらく今年のE3で正式名称(もしくは仮名称)も発表されるのでしょう。

ところでWiiの後継機ってどんなマシンになるでしょうね。
スペックはPS3やXbox 360と同等かそれ以上になるとして、
そうなれば他のマシンからの移植やマルチ展開も容易になります。

コントローラーは今のようなリモコンとヌンチャクを正式なものとすることはありえないでしょう。
もうモーションコントローラーやそれを使用した体感系ソフトも飽きられているし
そういったソフトで旨みがあるのは結局一番完成度の高い任天堂のソフトだけ。
二番煎じのサード製ソフトたちは結局売れないという。

Wiiというブランドを維持するためにあえて後継機としているだけで
実質はGCのようなコアなゲーマーを中心としたゲーム専用機になるのかも。
ライトなユーザーを呼び込んでハード台数を稼ぎ売れてますよ、儲かりますよ、と声高々に宣言したところで
継続してゲームを買い続けるコアなユーザーも取り込まない限りハードの起動率は低く
ゲームのパッケージ販売も成り立たないということがWiiで証明されてしまいました。

が、しかし今さらこのような凡庸なハードを送り出したところで行き詰まるのは目に見えています。
任天堂のことですからゲーマー仕様のハード+何か革新的な要素を追加してくるに違いない。
またWiiやDSで起こした革命を再現すべく全く別次元のゲーム体験を主体としたハードを送り出してくる
可能性もあります。

とまあ予想でテキトーなことを書いてきましたがとにかくE3が始まってみないとどうなるかは未知数すぎてなんもいえねぇ。

わくわくしながら6月を待つとしますか。

最近の気になるゲームニュース

海外レビューハイスコア 『Portal 2』
-Game*Spark
$タピオカのゲーム浪漫飛行

ポータル2が海外のメディアで軒並みハイスコアです。なんとメタスコアは今年の現時点最高点の94点だとか。

ポータル1は面白かったのですが若干一発ネタのようなゲームでしたから、
2で前作を踏襲しつつボリュームを増やしてこれだけの高評価というのは驚きです。
また脚本を絶賛する声も多く日本語版を遊ぶのが今から楽しみ。

あとこのゲーム、FPSのように進行しますが一応パズルゲームなんですよね。
ポータルはアクションゲームユーザーには一番受けがいいパズルゲームのような気もします。

『God of War 4』が2012年9月に発売
-Game*Spark
$タピオカのゲーム浪漫飛行

海外のPS3専門誌PSM3の最新号にゴッドオブウォー4の発売日が2012年9月に決定したという噂記事が掲載されたそうです。
ゴッドオブウォーはⅢが今世代最高クラスのアクションゲームであることは疑いようのない事実ですから
同じPS3というハードでそのハードルをどうやって超えてくるのかが見所になりそう。

「ファミ通TV3rd宣伝番組 ファミ通なんとか生ポウソウ」を観た

$タピオカのゲーム浪漫飛行

ファミ通TV3rd宣伝番組 生ポウソウ
(ニコニコ動画)

ニコニコ動画で生配信されたファミ通Waveの生ポウソウ。

この番組が配信されるに至る経緯はかなりややこしいので今回一から説明したいと思います。
ファミ通Waveが休刊される前、ファミ通Wave本誌の販売促進番組としてファミ通Waveポッドキャスティング
という番組が存在しました。

この番組は結構好評で、ファミ通Waveを毎月購読しているようなコアなファミ通Wave読者が
リスナーとなりファミ通Waveが休刊されるまで5年以上も続いていたのでした。

しかし3月発売号をもってファミ通Waveが休刊になり、それに伴ってポッドキャストの配信も終了することに。

そのファミ通Waveポッドキャスティングが番組の内容を変えずに、
ニコニコ動画で配信中のファミ通TV3rd応援番組
という仮の体裁を保ちつつスタートしたのが生ポウソウなのです。


なぜ本来ならば本誌の休刊とともに沈みゆく運命だったポッドキャストが復活できたのか。
それはファミ通Wave、そしてポッドキャストの名物キャラであるOZMAがファミ通TVのプロデューサーだったから。
そのOZMAがファミ通Waveの魂をどんな形でもいいから残そうとエンターブレインに掛け合って実現した
のがこの番組なのです。

そしてポッドキャストの名場面を映像化したDVD「よりぬきポッドキャスティング」のDVD化や
ニコニコ動画内でのファミ通Wave専門チャンネルの設立などが視聴者、読者たちからの支持があれば
実現可能になるとの報告もありました。

一度は完全に終焉を迎えたかに思えたファミ通Wave魂。
しかし"支持が集まれば"という条件付きではありますが、
再びこうやってファミ通Waveコンテンツを観られる日が来るなんて思いもしませんでした。


第一回生ポウソウの内容は基本的に従来のポキャスそのまんま。
生放送という制約付きのため若干ぐだっとする場面もありましたが結構面白かった。

ただ難点があるのがタイムシフト視聴するにはプレミアム会員への登録が必須なこと。
これまでポッドキャストは好きな時に聴くというスタイルが定着しすぎていて今さら生で観る気も
しないので仕方なくプレミアム会員登録しました。

まあこれがすこしでもファミ通Waveの収益になるなら不満もありませんが。

今後はファミ通Wave本誌には収録されなかったよりぬきポッドキャスティングの残りを
月額700円払えばニコニコ動画で観られるとのこと。

本誌が980円だったのによりぬきポキャス単体に700円も払えるかが微妙なところですが
個人的には今後もファミ通Waveスタッフの活動を応援していきたいなと思っています。

ブログパーツ
[ 2011/04/21 22:20 ] オワタ系 完・ファミ通Wave | TB(0) | CM(0)

カプコンのプライベートイベント“CAPTIVATE 2011”が開催

$タピオカのゲーム浪漫飛行
$タピオカのゲーム浪漫飛行

2011年4月6日~7日、アメリカ有数のリゾート地・マイアミで、
カプコンのプライベートイベント“CAPTIVATE 2011”が開催されました。

このイベントはカプコンが毎年開催している欧米メディア向けのイベント。
しかし日本でも注目されるタイトルが数多く発表されることから日本のゲーマー必見もイベントとなっています。

今回発表されたタイトルはこの7本。
「Dragon's Dogma」
「Dead Rising 2: Off the Record」
「Super Street Fighter IV Arcade Edition」
「Resident Evil: Operation Raccoon City」
「Street Fighter X Tekken」
「Asura's Wrath」
「Resident Evil ™ The Mercenaries 3D」


各タイトルの詳細を知りたい方はこちらのカプコン公式サイトをどうぞ

この中で個人的に気になった、というか既に購入確定なのが
サイバーコネクトツーとカプコンがタッグを組んで開発中の「アスラズ ラース」
$タピオカのゲーム浪漫飛行



もうPVを見ただけで全身の血が煮えたぎってくるような熱い展開で。
ナルティメットのCC2とアクションの老舗のカプコンですからゲームがつまらなくなるハズがない。
そして世界観もなんか凄そう、めっさ好きな感じ。これは買うしかないでしょう。

他に気になったのはドラゴンズドグマでしょうか。
PVやスクリーンショットから海外を意識した
オープンワールドのゲームだということは伝わってくるのですが
イマイチプレイ感覚を想像しづらいのでこれは続報待ちと言ったところ。

しかしどれも売れそう&面白そうな作品ばかりで改めてカプコンの底力を感じました。

ファミ通Wave 最終5月号 感想

$タピオカのゲーム浪漫飛行

とうとうこれを書くときがやって参りました。ファミ通Wave最終号感想です。
今月号で最後なんです。もう続きは観られないんです。

ファミ通Wave読者になって8年半。この間毎月一回はファミ通Waveを観るという生活が習慣化してしまい、
今さら休刊とか言われてもこの先どうスキマを埋めていったらいいんだという虚無感でいっぱいです。

・・・さ、まあそんなコトを言ってても始まらないので最後の感想きますよ!

今月号のコンテンツはこちら

1ch アメリカザリガニのキカイノカラダ 「パワフルプロ野球2010」後編

2ch ボーズの○○タイム 俺たちとボーズの○○タイム

3ch ファミ通TVジャンボ

4ch 照英兄貴のGAME CAMP!!

5ch クロスレビューチャンネル 「ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート」

6ch 魔界むらっ! 平井有未

7ch よりぬきポッドキャスティング

8ch 7BIT ch

9ch ナッツ企画

10ch げいむ道 OD THE DEAD ~最後の晩餐~

11ch 憂えるゲームおっさん

12ch ファミ通Wave最終号追悼企画 「クイズ!俺たちのルパン小島」


※今月号は全コンテンツを観ました。そうです、本気なんです。


______________________________________________

ここから感想です。

1ch アメリカザリガニのキカイノカラダ

キカイノカラダはほとんど観ていないので前後のつながりがよく分かっていないのですが
どうやらアメザリとスタッフがそれぞれパワプロのサクセスで選手を育成してきて収録でCPUと対決している模様。
それぞれが育成した選手はどれもパラメータが高くCPU対CPU戦ではアメザリチームが圧勝。
そこで今度はアメザリチームの選手を平井と柳原がそれぞれ操ることに。
平井が相手打線を0点で抑える中、選手の能力は高いはずなのに柳原が全く打てない。

言うまでもなくキカイノカラダは今月で最後。ここで負けたら番組の締めとして最悪の結末に。
それが分かっている柳原はマジのド緊張、そして最後にランナーを返して1点をもぎ取ったときの
表情は忘れることは出来ません。

結果はアメザリチームの勝利。ホントに良かった。今までお疲れさま。

2ch ボーズの○○タイム 俺たちとボーズの○○タイム


オープニングもなく突然始まる番組。レトロゲームを普通に遊ぶボーズと内沢。
その後ろに映し出される○○タイムの名場面に懐かしさと寂しさを感じながら観ていました。
番組のラスト、突然居なくなる3人。これがホントのホントでラストなんですね。
あの訳の分からない奇天烈なブリッジ映像ももう観ることが出来ない。寂しすぎます。

3ch ファミ通TVジャンボ


神谷浩史と金田朋子がMCのこの番組も今回でラストです。
ファミ通Wave歴は浅いコンテンツですが金田さんの天然ぶりは強烈にインパクトに残っています。
何でも、ファミ通TVジャンボは女子中高生からの人気が高く、アンケートでもダントツで人気なのだとか。
もともとケータイコンテンツからファミ通Wave本誌に引っ越してきたという経緯もあり
今後何らかの形で継続される可能性は大でしょう。

4ch 照英兄貴のGAME CAMP!!


照英兄貴、ラストはロックマン9のトルネードマンステージ攻略に挑む。で、挑戦失敗。。
ラストにそれはないだろ!

5ch クロスレビューチャンネル


コーナーが終わることを嘆いているファミ通編集長・カミカゼ長田と女子編集者の3人ですが
あんたらには帰るところがあるだろと。ホントに大変なのは解散してしまうファミ通Waveスタッフ。
結局最後まで声出てなくて聞き取りづらかったね。

6ch 魔界むらっ!


今月はなんと元グラビアアイドルでアメザリ平井の嫁の平井有未が登場。
しかし結局水着姿は見られず。( `д´) ケッ!

7ch よりぬきポッドキャスティング


今月号はルパン小島がポルノ鈴木を好きかも知れないと告白した衝撃の回を振り返ります。
ルパンさんはそっちの気もあるってのか。。
そんでこれがラストかよ!ホントにぶっ飛んでる。でもこんなのはまだ序章にすぎない。
この後もっとクレイジーな企画がたくさんありますから。

8ch 7BIT ch


滋賀県までカスタム筐体を届けたついでにゲーム屋さんをディグるという今回の企画。
それほど面白い収穫物はなかったもののポルノ鈴木のリポートは何回観ても面白い。

最後に21回続いた7BIT chを総括。ファミ通Waveの歴史的にはそれほど長く続いたコンテンツでは
ありませんでしたが、毎回これぞWaveという濃い内容で個人的にかなり好きでした。

9ch ナッツ企画


ファミ通町内会を担当する編集者、ナッツの企画。この人あんまり面白いと思わないので正直内容は謎でした。

10ch げいむ道 OF THE DEAD ~最後の晩餐~


増子直純、松島初音、ポルノ鈴木、マスクドUHが明日死ぬならこの一本というテーマで
ゲームを持ち寄ってみんなで遊ぼうという企画。
個人的に印象に残ったのはディシプリンを持ってきた松島初音でしょうか。
この人だいぶ前からゲーム系タレントとしての道を歩んでいますがディシプリンをオススメするとか相当変わり者だなと。
もうゲーム以外の仕事をする気ないのか。

そんでマンハント1を持ち込んだマスクドUH。
残虐シーンの連発でスタジオは大いに沸いていたのですが正直殺害シーンがエグすぎて見るに堪えない。
でもそういうアングラな世界を我々に届けてくれるのがマスクさんの役目でもあるし、
実際そういうのに興味もあるのでこの人は好きですね。

11ch 憂えるゲームおっさん


長いこと続いたきたこの憂えるゲームおっさんも今回で見納めです。
このメンバーはホントに濃い組み合わせで、自分のようなヘビーWave視聴者でも
観た後に若干のクドさを感じてしまうのですが、やっぱりクセになる。

ブラックサンデーモーニングシステムで最後の喝!天晴れ!をジャッジした後はなぜか
植地さんの呑み仲間の普通の石橋ちゃんが登場。
何でラストにゲームに詳しくもない一般人を出すのか疑問。こんな締めでいいんですか?

12ch クイズ!俺たちのルパン小島


出ました、今月号最大の問題作。
ルパン小島についてのクイズを○○タイムチームとアメザリチームが
答えるという内容なのですが、問題がいちいちエグイというか。

表沙汰にはなっていませんがファミ通Wave編集長のルパン小島は結構不祥事というか問題を起こしてきた
みたいでそれにやんわりとかすったクイズが次々出題されます。

まあ突然「私はうつ病です」とかいう文章がクイズに組み込まれていたり(ルパンさんはリアルに落ち込んでいる)、
エンターブレインの受付嬢と会議室で淫行、意中の人妻を本気で口説いて不倫しかけたなどむちゃくちゃ。

このチャンネルは5月号のラスト。いわばWave読者が一番最後に観るコンテンツな訳です。
そこでこれまで雑誌を支えてきた○○タイム、アメザリの二人、最後にルパンさんにコメントを求められたのに
てんぱって全員を差し置いて勝手に締めてしまう。しかもコメントも短くテキトー、心を打たない。
正直こっちは泣く準備は出来ていました。


でもね。これがファミ通Wave編集長ルパン小島なんですよ。

こういう面も含めてみんなから愛されている。
こんなぐだぐだなラストでもルパンさんならオーケーという空気が会場を包んでいましたもんね。

______________________________________________

これにてファミ通Waveの全コンテンツ紹介はおしまいです。ホントに楽しかった。

ファミ通Wave、
今まで本当にありがとう!!!


最後にファミ通Wave本誌に掲載された自分のコメントを貼り付けて終わりたいと思います。
合掌。
$タピオカのゲーム浪漫飛行




ツイッターアカウント「tapioca0330」はこちら

ブログパーツ

[ 2011/04/07 01:37 ] オワタ系 完・ファミ通Wave | TB(0) | CM(0)

ファミ通Wave 最終号到着 これが本当のラスト

$タピオカのゲーム浪漫飛行

3月30日に発売されたファミ通Waveの最終号が到着しました。

ファミ通Wave、休刊の知らせを聞いたときはショックでしばらく呆然としてしまいましたが
今では最後の花火を見届けてやろうというモードに切り替わっています。

もう表紙からして最高じゃないですか。
この後じっくり、真剣に本気で、全力で視聴したいと思います。
[ 2011/03/31 22:25 ] オワタ系 完・ファミ通Wave | TB(0) | CM(0)

GDC 2011開催。気になった情報をまとめてみる

$タピオカのゲーム浪漫飛行

任天堂の岩田社長によるカタコト英語講演で幕を開けたゲームデベロッパーズカンファレンス2011。
いや、この時間たまたま起きていたのですがツイッターのタイムラインがめちゃくちゃ盛り上がっていましたね。
3分の1くらいは岩田さんの英語に関するツイートでしたけどw

岩田社長の基調講演

任天堂・岩田社長の基調講演詳報、クリエイターは不可能を可能にする【GDC 2011】

-ファミ通.com
任天堂の岩田聡社長が「GDC 2011」で基調講演
3DS「マリオ」新作を発表。「時のオカリナ3D」は北米で6月発売

-GAME Watch

岩田さんの講演の要点をまとめると
・任天堂東京開発室が3DSでスーパーマリオシリーズタイトルを開発中
・ゼルダの伝説 時のオカリナ 3Dは北米地域で6月発売予定
・ゼルダの伝説25周年を記念してなにかしらの企画を検討中
・ゼルダの伝説 スカイウォードソードの最新PVを公開


この4つでしょうか。あまり大した発表はなかった印象です。

ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D

『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』はこんなに美しくなって海外で6月発売(ギャラリー)

-KOTAKU JAPAN
『ゼルダの伝説 時のオカリナ3D』は6月までに発売 ― 25周年企画も準備中?
-iNSIDE
$タピオカのゲーム浪漫飛行
$タピオカのゲーム浪漫飛行

6月発売ということ以外は新たな情報はないみたいです。
しょうがないのでスクリーンショットを貼っておきます。

Game Developers Choice Awards 2011

Game Developers Choice Awards 2011表彰式レポート
GOTYはやっぱり「RED DEAD REDEMPTION」! 生涯功労賞はピーター・モリニュー氏

-GAME Watch
GDC 11: GDC Awardsの受賞作品が発表!『RDR』『Minecraft』他

-iNSIDE

今年もGDCアワードが発表されています。数年前のまだ日本のゲームが優れていると言われていた時期は
日本開発の作品ががんがんノミネートや受賞をしていたものですが最近ではノミネートすら厳しい状況に。
GDCアワードは開発者が選ぶという性質上、商業的に成功していなくても技術面で評価されて受賞する
ケースも多いのですが日本の作品は商業面、技術面両方で置いてけぼりをくらっているかたちで・・・。

【Game Developers Choice Awards受賞一覧】
Game Of The Year   RED DEAD REDEMPTION  Rockstar San Diego
Innovation Award   MINECRAFT  Mojang
Best Visual Arts  Limbo  Playdead
Best Downloadable Game  MINECRAFT  Mojang
Best Technology  RED DEAD REDEMPTION  Rockstar San Diego
Best Handheld Game  Cut the Rope  ZeptoLab
Best Writing  Mass Effect 2  BioWare
Best Game Design  RED DEAD REDEMPTION  Rockstar San Diego
Best Audio  RED DEAD REDEMPTION  Rockstar San Diego
Best Debut Game  MINECRAFT  Mojang

今年はレッドデッドリデンプションが4冠ですか。かなりの高評価ですね。
個人的にあのゲームにはあまり興味をそそられないので未プレイだったりしますが、
こんだけ評価が高いとまだ遊んでいないのが恥ずかしくなってくる。

NGP

【GDC2011】米国でNGPが初お披露目・・・技術面を中心に紹介

-iNSIDE
[GDC 2011] NGPの能力はPSPとPS3の「中間」くらい

-KOTAKU JAPAN

その他の気になったニュース

『LIMBO』のパズルデザイン教えます【GDC 2011】
-ファミ通.com
鈴木裕氏、『シェンムー3』は「環境が整えば作りたい」【GDC 2011】

-ファミ通.com

ファミ通Wave 最新4月号感想

$タピオカのゲーム浪漫飛行

ファミ通Wave、とうとう休刊が発表されてしまいましたね。
さらばファミ通Wave・・・休刊しても忘れない・・・


休刊が発表されたときは呆然としてしばらく現実を受け止めることが出来ませんでした。
しかし今は今月号含め残り2冊を存分に楽しもうじゃないかというモードに切り替わっています。

ポッドキャストによるとファミ通Wave編集部ではどうせ終わるんだから最後は
でかい花火を打ち上げてやる的な雰囲気になっているとかいないとか。
そんなに言うならこっちも死ぬ気で楽しんでやりますよ。

今月号のコンテンツはこちら。

1ch COVER GAME 「MARVEL VS. CAPCOM 3」 ◆

2ch アメリカザリガニのキカイノカラダ

3ch ボーズの○○タイム 俺たちと、もっと催眠術。 ◆

4ch 憂えるゲームおっさん ◆

5ch ファミ通TVジャンボ

6ch 増子直純のげいむ道 須田剛一 ◆

7ch 照英兄貴のGAME CAMP!!

8ch クロスレビューチャンネル 「キャッスルヴァニア ロード オブ シャドウ」

9ch 魔界むらっ!

10ch よりぬきポッドキャスティング ◆

11ch 7BIT ch ◆

※視聴したコンテンツには◆マークをつけています

_____________________________________________

ここから視聴したコンテンツの感想です。

1ch COVER GAME 「MARVEL VS. CAPCOM」


格ゲー大好きお姉系アイドル椿姫彩菜が新妻プロデューサーにインタビューしたこのチャンネル。
椿姫さんは格ゲー好きとしてファミ通Waveとゆかりが深く、
今回も的確な質問で見応えのあるインタビューとなっております。

MARVEL VS. CAPCOM 3開発に至る経緯やマーベル社とのキャラ交渉で
苦労した点などファンの方には必見のコンテンツではないでしょうか。

3ch ボーズの○○タイム 俺たちと、もっと催眠術。


現在精神的に不安定な本誌編集長、ルパン小島をはめてやろうという企画。
催眠術師(本当は役者)を呼んで別室にてルパン小島に催眠術を次々とかけていく。
もちろん催眠術師は役者さんなので催眠効果などあるわけもなく、モニタリングで
ひたすら催眠術にかかったふりをするルパン小島のリアクションを楽しもうということですね。

もうね、なんか悲しくなりますね。もちろん笑えます。ただこの収録の時点で本誌の
廃刊は決まっていたでしょうし、それでも編集長としてコーナーをつぶすわけには
いかないと必至に催眠にかかったふりをするルパンさんが健気で泣けてくる・・・。

4ch 憂えるげーむおっさん


来ました、レギュラー回では約一年ぶりの収録になった憂えるゲームおっさん。
今回は毎年恒例ローリング内沢、飯田和敏、植地毅三名による2010年ベスト&ラジーゲームを発表しています。

ローリング内沢さんの
ベストはバトルフィールド バッドカンパニー2
ラジーはフォールアウト ニューベガス
飯田和敏さんの
ベストはコールオブデューティ ブラックオプス
ラジーは次世代機でリメイクされたスプラッターハウス
植地毅さんの
ベストはレッドデッドリデンプション
ラジーは北米限定配信のXBLAソフト

前年度に引き続き3人全員のベスト&ラジーが洋ゲーだったことをおっさんたちは嘆いています。
次回、最終号では2010年重大ニュースを振り返る企画が。心して待ちましょう。

6ch 増子直純のげいむ道 ゲスト 須田剛一


生まれた年も二年違い、共に昭和の文化を吸収して育った2人の濃い対談がついに実現。
ファミ通Wave読者にとってはこの2人は夢の対談といっても過言ではありません。

増子さん、本業はミュージシャンなのに須田さんの挙げる影響を受けた
ゲームをいちいち深く知っているところも観ていて気持ちがいいですね。

本当にこの2人は波長が合うんだなぁというのが画面越しに伝わってきます。

10ch よりぬきポッドキャスティング


今回はルパンさんは欠席。
まあポキャスの方もだいぶ前から出ていないのでなんとなく想像できましたが。
今回のよりぬきではルパンさんがアメザリ平井さんの嫁さんを自宅まで押しかけて口説いた話を振り返っています。
さらに部屋が余ってるなら一緒に住んでもいいかなぁとかいう衝撃の発言をしたことが明らかに。
これを受けて当時ゲストで出演していたアメザリ平井さんに副編集長なんてやめてまえ!
とつっこまれていますが、年後の現在、副編集長どころか雑誌自体がなくなるという予言的中ぶりに
今回よりぬきでこの回を振り返ったポルノ鈴木とOZMAはなんとも言えない空気に。

11ch 7BIT ch


7BIT chのメイン企画だった筐体プロジェクトもついに完結。
MCのポルノ鈴木が友人からボロボロのアーケード筐体を譲り受けるところから企画はスタートし、
そこから修理、基盤購入、車の修理工場でのカスタムペイントという
大がかりな工程を踏んで今回ついにこれが読者の元へ。

この筐体が当選した読者、かなりの強者というかこの人に当たってくれて良かったなというか。
まず応募に際して編集部に送られてきたラップのクオリティが半端じゃなく高い。

そして設置場所もガソリンスタンドの休憩所でベストに近い。
さらに投稿者の仲間たちも今時の若者というか映像映えする方たちで。
これが普通のオタクとかだったら多分つまらなかったと思うんですよ。

ちなみに当選者の方、関西で活動するHIPHOPグループのMCだそうで。
_____________________________________________

今月号の紹介はここまで。次回の最終号は思う存分楽しみます!

ファミ通WAVE 2011年4月号 [雑誌]/著者不明

¥990
Amazon.co.jp

[ 2011/03/03 00:48 ] オワタ系 完・ファミ通Wave | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。