スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブックオフで『鬼武者解体真書』『浦安鉄筋家族』『世紀末リーダー伝たけし』を買いました

DSC_0872.jpg


一応「レトロゲームを安く買いたい!」のテーマですが、今回買ったのはゲームではありません。
まあ攻略本が含まれてるんでゲーム関連ということにしときます。

今回も立ち寄ったのはブックオフ。最初はゲーム目当てだったのですよ?
ただもう調布のブックオフなんて何度も行ってるし、PS1PS2とかのレトロゲームなんて
今さら入れ替わることもないしね。

でも個人的には予想外に収穫ありましたよ。

状態はそれほど良くないとは言え、鬼武者解体真書が105円で買えたのはラッキーでした。


DSC_0873.jpg


これで我が家には鬼武者解体真書がすべて揃いました。
鬼武者は大好きなので今でもたまに遊ぶことがあります。
1、2、3はそれぞれにそれぞれの良さがあって最高なんです。

ちなみに3は発売当時に新品で買ったもの。2はマケプレですね。


DSC_0871.jpg


そして解体真書を見つけた後、ふらっと立ち寄った漫画コーナーで見つけたのがこの5冊。
全部105円だったので買ってしまいました。

浦安鉄筋家族と世紀末リーダー伝たけし。
浦鉄は今も毎度!として継続してますけど、あんなん腑抜け以外の何物でもないですね。
浦鉄は初期シリーズこそ最強。とにかく過激でトゲがあり、爆笑爆笑。
これを読んでいた当時は小学生でしたが、それはもう猿のようにハマっていましたよ。
今読み返しても全カット覚えています。

あとは世紀末リーダー伝たけし。作者の島袋光年は現在トリコを連載してる方ですね。
たけしはだいぶ最初の方でバトル漫画に移行してしまい、
最終的に島袋さんが捕まってしまうしで連載は中断。

まあファンとしては後味の悪い漫画ですよ。

ただとにかく初期のたけしは面白かったという思い出が強くて。
この頃のたけしを読んでいたのは自分が少年ジャンプを読み始めた小学校高学年でした。

とにかく大好きでしたね。

でも皆さん、子供の頃に読んでたギャグ漫画なんて大人になって見返したらくだらないんだろうな、
とか思っていませんか?

それがたけしを読んだらとにかく笑えて。もちろん懐かしさとかノスタルジーもあるのでしょうが。
そして一番予想外だったのが感動できるエピソードが多かったこと。

恥ずかしながらたけしの1、2、3巻を読んでる途中で泣き崩れてしまいました。
なんか、自分の人生というものについて考えさせられました。

作者コメントで作者の島袋さんはヒーローというものはエゴイスティックであると持論を展開しています。
確かに作中のたけしの行動はエゴイスティックです。

しかしそのことで励まされたり考えさせられたりすることもあるんだなぁなんて思いましたよ。
子供の頃もなんとなくいい話だなぁなんて感じていましたが、
大人になって読み返すと何か人間という生き物の真理を突かれたようで感動してしまいました。


DSC_0874.jpg


3巻までが面白かったのでアマゾンで6巻までポチりました。
どうやら感動ギャグ漫画路線だったのはこのあたりまでみたいなので、
これ以降の巻は買わないと思いますが。

それでもこの6冊は自分の人生のバイブルのような、そんな大事な本になりましたね。


ブログパーツ

スポンサーサイト

キングオブゲームショップ 秋葉原のトレーダーに突撃しました



先日、ついに念願だったトレーダーを攻めてきました。
トレーダーは元々メッセサンオーという知る人ぞ知るゲーム屋さんなんです。


メッセサンオーの店長は過去ゲーム雑誌にコラムの連載を持っていたりと何かと有名人。





これが当時店長だった金さんのコラムをまとめた単行本。こんなん買ってたですよ。


で、駅から歩くこと約10分。
途中幾度となくメイドさんにビラを配られるもすべて華麗にスルーして本店へと辿りつきました。


秋葉原らしく、狭い店舗に高い階層というお客には非常に厳しいお店なのですが。
お目当てのレトロゲームは2階に集中していたので階段の上り下りで疲れることなくスムーズに買い物を楽しめました。


で、早速レトロゲームをディグったのですが。
店内で流れてる映像がPS1北斗の拳とリズム天国だったのにはグッときました。


あの時感じましたね。このお店はガチだなと。


で、ゲーム棚を入念にチェックしていったのですが、驚くべき事にほとんどが箱付きで状態がいい。
そして品揃えがハンパじゃない。


大好きな初代Xboxとドリームキャストのソフトの充実ぶりに驚きました。
当然その他のハードのソフトも充実。


まあしかしね。やはりといえばやはりなのか、値段が結構高め。
確かに品揃えは豊富で状態もいいんだけど、あの値段だとなかなか手が出ませんでした。

結局お買い上げ本数は0です。


秋葉原を代表する二大レトロゲーム屋さんといえばスーパーポテトとトレーダーですが、
老舗だけあってどちらも値段設定はシビアな印象です。


やはり掘り出し物を見つけるにはブックオフとかソフマップを攻めるしかないのだろうか。


しかししかし、念願だった本店に行けてもの凄く幸せです。
また一つ願いが叶いました。



ブログパーツ

地元のゲームショップ「宝島」で中古ゲーム・攻略本を買いました


昨日実家の山形から東京に帰還いたしました。
いやー、空港はなかなか込んでた(´・ω・`)


さて、実家に帰っていた間はちょこっと時間が空いたので宝島というゲーム屋さんに行ってみました。
宝島は中古から新品までとにかく品揃えが豊富でして。

広々とした店内にはトレーディングカードゲームを遊ぶスペースもばっちり確保。
市内唯一のゲーム専門店で、地元のゲーム民からは愛されてやまないお店。

自分も子供の頃からそれはもうお世話になりましたよ。
新品を買っては売り買っては売り、さらに中古を買いまくってそれも飽きたら売りさばき。

あのお店にはどんだけ貢献してきたか。

で、久しぶりに行って気になっていた中古を買い漁りました。




今回買ったPS1ソフトは全部100円。
グランツーリスモ1、ウンジャマラミー、オメガブースト、ケロケロキング。




アウトモデリスタは180円、ビューティフルジョー2は100円。





さらに攻略本。リモートコントロールダンディは100円、ドラゴンボールZ3はなんと新品で200円。



いやーいい買い物でした。
店内にはそんなにレアソフトは残っていないですけど、
少なくとも前日に行ったブックオフなんかよりは全然良かったです。



ちなみに入り口にはゲームハードが当たるクレーンゲームが置いてあって。

標的はビー玉入りのガチャガチャカプセル。昔ながらの三つ腕クレーンで穴に落とせば景品ゲット。

そんでその景品がねー。豪華すぎて目がくらんだよね。なんたって3DSとPS3ですよ。
しかも景品獲得者には写真撮影をお願いしていますとか書かれてるし。

これは田舎特有の当選確率が高いレアケース筐体なのでは!と勝手に勘違いして100円×10回、1000円を投入。

結果は見事惨敗。まあそんなうまい話はないか。


そんなんでハードを貰えたらいいブログネタになったのになー。



まあいいや。

また地元に帰ったときは寄ってみますよ。




ブログパーツ

【レトロゲームを安く買いたい!】 箱付き『ドラクエⅤ』300円、『超ドラゴンボールZ』300円他



西巣鴨のゼストというお店に行って色々物色しました。狭い店内にレトロゲームから最新ゲームまでとにかくぎっしり。
最高のお店です。





今日一番の収穫はなんといっても箱付き・状態◎のドラゴンクエストⅤでしょうか。300円でした。
この状態で300円はかなり珍しいのではないかと思って帰ってからネットで調べましたがそうでもありませんでした。


ちょいがっかり。



あとは超ドラゴンボールZね。同じく300円。


これは数あるドラゴンボールゲームの中でも異色で。
元々はアーケードで稼働していて、それがPS2に移植されたもの。


開発はストリートファイターⅡなどを手がけた船水さんで販売元はカプコン。


ドラゴンボールのゲームなのに販売元がバンダイナムコではないことがちょっと驚きなのですが、
このゲームは対戦の駆け引きを重視しすぎた結果複雑なシステムになってしまい、
また登場キャラも少ないので評価がかなり低いようです。


当時は相当値崩れしたとも聞きます。以前から実際に遊んで出来を確かめたかったのですよねー。





最後はゲームボーイカラー専用の2作。遊戯王Ⅳとハンターハンター。
遊戯王は150円、ハンターは300円と安かったので衝動買い。


前回ブックオフで遊戯王1を買うもデータの初期化が不可といういやーな経験をしているのでね。
いきなりⅣに飛びました。


ハンター×ハンターは最近アニメにハマってるので。
これだけは事前情報を一切知りません。


良ゲーか、駄ゲーかどっちだ。



またレトロゲームを買ったら報告します( ´_ゝ`)b



ブログパーツ

近所のゲーム屋でドラクエ6を30円で購入



30円で購入、しかしジャンク品という。


そもそもジャンク品とは何なのか。店員に確かめても、もやっとした回答が。


家に帰って起動してみて動かなくても別に文句は言いませんが。
買い取りした時点で動いていたかどうかも答えてくれませんでした。


まあ30円だしブログネタにもなるので動く動かないはどーでもいいのですが。


穴場スポットでもっと安くレトロゲームを買い漁りたいもののなかなかいい場所が見つからず。
次は新宿のソフマップを攻めてみようと思います。


ではまた。




スクウェア・エニックス (2011-02-03)
売り上げランキング: 350


ブログパーツ

【ブックオフでの収穫】 すごいよマサルさん GB遊戯王1 ぶらぶらドンキー 斬歌舞伎




今日の収穫はこんなんでした。すごいよマサルさん、斬歌舞伎、遊戯王は105円。ぶらぶらドンキーは250円。
まあーいい線行ってるのではないでしょうか。


試しに遊戯王を起動してみました。


( ゚д゚)ハッ!



セーブデータ初期化出来ないのかコレ・・・。

正直今日は遊戯王に一番期待していたのですが。
小学生の頃に猿のように遊んだこのソフトを今再び遊んでなにか感じるものはあるのか確かめたかった。


起動してみたら前の持ち主が裏技使って極限まで攻略したゲーム内容で。
もうここからじゃ楽しんで遊ぶことは出来まへん。


斬歌舞伎は前から気になっていたのですがXboxが故障して遊べなかった一本。
ウチにはじゅぶさんから譲り受けた本体がありますからね。


伝説のクソゲーと言われるその内容やいかに!


ブログパーツ

人生初秋葉原&憧れのスーパーポテト秋葉原レトロ館へGO!!




▼スーパーポテト秋葉原 公式サイト



東京に住み始めて7年半。人生で初めて秋葉原という場所に行ってみました。
時間が無かったのでスーパーポテトとヨドバシカメラにしか寄れませんでしたが。


これまで特に秋葉原に行きたいとは思ったことはありませんでした。
しかしスーパーポテトだけは特別です。


ゲームセンターCXでロケもしていましたし、何より大好きなファミ通Waveに何度も登場していますし。
スーパーポテトと並んで伝説的に行ってみたいのがメッセサンオーカオス館。
現在はトレーダーに買収されてメッセサンオーという名前は消滅してしまっていますがね。


秋葉原に着いて、駅から一歩外に出るとちょっとした異空間でした。まず駅にたむろしてゲームに興じる若者。
こんな光景他の駅では見たことない!


そんでとにかく外国人が多い!道を普通に歩いてるし。
新宿とか東京でもこんなには見たことがない。


あと町中でちらしを配るメイドさんね。普通道でなんか配ってるのっておっさんでしょ。
しかしそこは秋葉原、がっつりコスプレしたメイドさんですよ。


しかも結構かわいい。受け取りそうになったけどいつものクセでシカトしてしまったorz


で、スーパーポテト。
事前に地図で場所を調べたけどとにかく迷った。原因はスマホのGPSに頼りすぎたこと。
あれ、結構アバウトなのね。


しかし歩くこと20分弱、ようやく憧れの地に辿りつきましたよ。


店の中に入ってみると結構薄暗くて狭い。そんで店内にもやはり欧米人。
なによりお店がビルに組み込まれていて一階に店舗が無いという。


テレビで見たイメージと違い、意外とこぢんまりしたお店でした。

そんな店内を散策してこの5本を購入しました。






189円 鉄拳2
050円 デッドオアアライブ
100円 ファイターズメガミックス
050円 ゼロディバイド
200円 幻魔鬼武者


・・・まあお金が無かったからね。500円を超すソフトは基本スルーで。
正直甘く見ていた。レトロゲームだからもっと安いと思った。


一応今回の調査対象ハードはPS1、PS2、Xbox、SS、64、GB、GBA、SFC。
密かにドリームキャスト本体を買うことを狙っていたけど5000円だったのであっけなく諦めました。


この中だと幻魔鬼武者だけは唯一最初から狙っていたソフト。
今年の春にブログ友達のじゅぶさんから本体を譲って頂いたので(その節はありがとう!)遊ぶことが出来ます。
しかしこのソフトだけ新品なのに200円、そして特価コーナーにずらりと並んでいました。


どんだけ売れなかったんだよ・・・。


あー、でもなんだかんだで楽しかったな。
ゲームの品揃えはアマゾンに遠く及ばないけど、送料がかからないし実際にお店で買うとテンション上がるしね。
あとコントローラーとかケーブルのような周辺機器の品揃えはかなり豊富だった。


高額のプレミアソフトがガラスケースに飾ってあってそれを眺めるだけでも楽しい。


また行きたいな。


幻魔鬼武者
幻魔鬼武者
posted with amazlet at 12.06.24
カプコン (2002-02-22)
売り上げランキング: 8752


ブログパーツ

ブックオフで武刃街と遊戯王真デュエルモンスターズを購入



偶然立ち寄ったブックオフで発見した格安ソフト。武刃街と遊戯王真デュエルモンスターズ。
どちらも105円でした。






武刃街は知る人ぞ知る珍ソフトでして。
今は亡きタイトーが設立50周年を記念して、主役をGacktに据えて製作された爽快剣劇アクションなのです。


簡単な話が鬼武者のコピーですね。確かあまり売れていなかったと思います。
当時PVを見て面白そうだなと思いつつも購入には至りませんでした。




そして遊戯王ジャンプ連載時代のファンにはたまらないのがこれ。
遊戯王のゲームはゲームボーイで出たデュエルモンスターズというソフトが初です。
当時はカードも連載もそれはもう大人気でしたからデュエルモンスターズは売れに売れました。


あの頃は確か小六だったと思います。プレイタイムは300時間を余裕で超えているでしょう。
内容は今と比べると酷いものでしたけど、トレーディングカードバトルは
当時としては新鮮に感じられたので楽しく遊べました。


単純に遊戯王のカードバトルが遊びたいならPSPのタッグフォースを買えばいい話。
しかしこの真デュエルモンスターズには連載でのエピソードがぎゅっと詰まっています。
そこに期待して購入したのでした。

このソフトが発売された時期はもう遊戯王を卒業してしまっていたので遊ぶことがなかったのですよね。

両方後で遊んでみよう。



武刃街 (BUJINGAI)
posted with amazlet at 12.02.25
タイトー (2003-12-25)
売り上げランキング: 11586



コナミ (1999-12-09)
売り上げランキング: 9739


ブログパーツ








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。