スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

The D.O.T.の『Whatever It Takes EP』国内盤を購入

DSC_0838.jpg

DSC_0886.jpg

DSC_0885.jpg

DSC_0887.jpg


1stシングル Whatever it takes




ハートブレイクスに続き洋楽CD二発目。というか同時購入でした。

このThe D.O.T.のボーカルはかつて大人気だったバンド、The Musicのフロントマンなんですよね。

The Musicはそれはもう大好きでした。解散してしまって悲しかったですし。
しかしThe D.O.T.の楽曲を聴くと、あの頃のままの声で嬉しい限り。

そう、EPまではね。


実はこのEPの次にファーストアルバムが発売されたのですけど、
よく分からないダンスチューンになってしまっていて求めていたものと違いすぎました。

EPを購入せずにアルバムの発売をずっと待っていたのですが、iTunesで視聴してがっくり。

ってなわけで仕方なくこのEPを買ったのです。
5曲しか入ってないのに1500円とか高かったですよ。

しかし内容には概ね満足しています。


The Music時代を彷彿とさせるビートと哀愁ある歌声、これが味わえただけで満足です。




ホワットエヴァー・イット・テイクス EP
ザ・ディー・オー・ティー
Hostess Entertainment (2012-06-27)
売り上げランキング: 38192


ブログパーツ
スポンサーサイト

The Heartbreaksの『Funtimes』US盤を購入

DSC_0836.jpg

DSC_0882.jpg

DSC_0883.jpg

DSC_0884.jpg


1stシングル Delay,Delay



2ndシングル Polly




どうもどうも。またしても輸入盤洋楽アルバムを買ってしまいました。
このハートブレイクスはキャッチーで哀愁のあるメロディーと、
モデル活動もこなすイケメンフロントマンが注目を集める若手バンドのデビュー作。

こういう分かりやすいロックが大好きなんですよね。

一応このアルバムは売れてるみたいです。まあ確実に二枚目で悩むタイプでしょうけど。

確かシングルカットされた「Delay,Delay」が公開されたときは
iTunesでダウンロードして猿のように聴いていましたよ。

この曲は6月だかのスペースシャワーTV月間パワープッシュに選ばれていました。

で、まあ個人的にはシングルはいいけどアルバムを買っても聞かないパターンだろうなと感じて
購入をずっと見送っていました。

しかしセカンドシングルの「Polly」を聴いて印象が一気に変わりましたね。
これはなかなかいいバンドかもしれないと。

で、そうやって購入に至った訳です。


購入後にアルバムを通して聴いてみましたけど、なかなか良くてしばらくはヘビーローテーションでしたよ。
アルバム全体だと10周くらいしてるみたいです。


上のYouTube動画を聴いてみて気になった方はぜひiTunesでアルバムの視聴を。

気に入ったら買ってみてもいいかもしれません。安いですし。




Funtimes
Funtimes
posted with amazlet at 12.12.03
Heartbreaks
Pid (2012-05-15)
売り上げランキング: 19698


ブログパーツ

最高峰の高揚感 『The Dead 60s』が残したたった二枚のアルバムに酔いしれる







最近知人に紹介されたデッド60sというバンドに酔いしれています。もうぞっこんです。
しかし彼らは2004年にデビューし、僅か2枚のアルバムを残して2007年に解散してしまっています。

自分が洋楽を聴き始めたのが2008年。そこから新作のPVで自分に合うかどうかを判断し、
気に入ったバンドには深くのめり込むという方法で洋楽と関わってきました。

しかしこの方法では遭遇出来ないのです。既に解散してしまったバンドとは。

彼らのファーストアルバム『無線衝突』の一曲目、『Riot Radio』で心をすべて奪われました。
もう一生ついていこうと思いました。こんな感覚はそうそうあるものではありません。
『Riot Radio』は上にリンク貼ってます。

ジャンルについては無知なので語りようがないのですが、
このアクが強くて哀愁があって、でもメロディーラインはキャッチーで聴きやすい曲たち。

そしてデッド60s、セカンドアルバムはよりキャッチーに、ストレートなロックに仕上げました。
それが仇となったのでしょうか。結局『タイムトゥテイクサイズ』発表後に彼らは解散してしまいました。

二曲目を聴いてもらえると分かると思いますが、ホントにストレートに王道のロックしてます、彼ら。
これはこれでありなんですがね。

知人に紹介してもらった彼らの楽曲の一部が好きになって、この2枚のアルバムを衝動買いしてしまいました。
マーケットプレイスだったので安い買い物でしたが、自分にとっては宝物です。

もっとデッド60sの楽曲を聴きたかった・・・。




無線衝突
無線衝突
posted with amazlet at 12.10.23
ザ・デッド60s
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル (2005-06-08)
売り上げランキング: 223284


タイム・トゥ・テイク・サイズ(初回生産限定盤)(DVD付)
ザ・デッド60s
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル (2007-08-29)
売り上げランキング: 223301



ブログパーツ

Jason Mrazの『Love Is A Four Letter Word』US盤を購入








ジェイソンムラーズの新作が発売されてました。実はこのアルバムは買おうかどうか結構迷ってまして。
悩んだあげく結局買いました。

タイトルから分かる通りアルバムのテーマはずばり『愛』です。
正直ラブソングとかはあんまり好きではないのですが、シンガーソングライター・ジェイソンムラーズが生み出す
楽曲たちは聴いていて妙に心地よく、気がつくと何回でも再生してしまいます。

まあラブソングっつても歌詞は理解出来ないしいいか、とね。


ちなみに上の『Living In The Moment』は今作の中の一曲。
この他にもまだまだ名曲は潜んでいるのでぜひiTunesで試聴してみてください。





でもやっぱり個人的に一番好きなのは前作『We Sing. We Dance. We Steal Things.』に収録された
『I'm Yours』なんですよね。

この曲でジェイソンムラーズを知ったし、それから全アルバムレンタルして聴き続けてるし。

基本的にロックとかパンクロックみたいなノリの良い曲しか聴かないのですが、ジェイソンムラーズに関しては別腹です。





Love Is a Four Letter Word
posted with amazlet at 12.10.23
Jason Mraz
Atlantic (2012-04-17)
売り上げランキング: 1851


ブログパーツ

Green Dayの『UNO』輸入盤を買いました





グリーンデイの最新アルバムを買いました。今回買ったウノは二ヶ月置きに発売される三部作の一枚目。
三部作のコンセプトは一枚目のウノは昔のグリーンデイのような軽快なポップソング、
二枚目のドスはクラシックロック、三枚目のトレはこれまで同様政治的な要素を取り入れたロックになっているそうです。

正直な話、グリーンデイにあんまり重厚な楽曲は望んでいなくて、
ウノのような軽快でノリのいいロックだけを聴ければ十分だと思っています。
なのでドス、トレはとりあえず様子見。

で、今回買ったウノ。ノリが良くて聴きやすいのでいつでも気軽に再生してしまいます。


ところで。

グリーンデイのボーカル、ビリージョーアームストロングが薬物乱用を理由にリハビリ施設送りになってしまったらしく。
ファンとしては今後の活動にどのような影響が出るのか心配なところです。





Uno!
Uno!
posted with amazlet at 12.10.04
Green Day
Reprise / Wea (2012-09-25)
売り上げランキング: 25



ブログパーツ

The Killersの「Battle Born」輸入盤を購入









聴いてますか、キラーズ。先週の19日水曜にキラーズ通算4枚目のオリジナルアルバムが発売されました。
早速それの輸入盤をアマゾンで取り寄せてヘビーローテーション中のタピオカです。


アルバムの方向性というかコンセプトはこれまでと大きく変わりはなく、相変わらずブランドンの美しい歌声と
重厚かつ繊細なサウンドが融合してキラーズらしい作品に仕上がっているのです。


それは先行シングルだった「Runaway」を聴けば理解出来るのですが、
アルバムを通して聴いて特に気に入ってしまったのが「The Way It Was」でした。






もうね。最高すぎます。この一曲だけで1500円分の価値があると感じてしまうくらい。
静かで落ち着いたイントロからサビにかけての盛り上がりは鳥肌ものです。

iTunesで全曲試聴出来るので、気になった方はぜひ。




Battle Born
posted with amazlet at 12.09.24
Killers
Island (2012-09-18)
売り上げランキング: 175



ブログパーツ

【洋楽CD】 The Offspringの『Days Go By』輸入盤を購入








オフスプリング通算9枚目のアルバム、Days Go Byの輸入盤を購入しました。
いつの間にかiTunesのDRMが撤廃されていて、ほぼ同じ値段のCDを買う意味はあるのかと考え始めた近頃ですが。


こうやってブログネタにもなるしモノが実際に手元にあった方がいいですしね。
ただし輸入盤が手に入らない作品はiTunesで落とすと思います。


9作もアルバムを作ってきて、相変わらず気持ちのいい疾走感とグッドメロディーのオフスプリング。
クレイジータクシーでその良さを知り、10年後にTSUTAYAでレンタルしてどっぷりハマり。


全12曲ですが6曲目まではなかなかいいですよ。
それ以降ちょっとついていけなかったですが。


しかしやっぱデクスターのボーカルは最高ですわ。
今でも新作を聴けることに感謝したいですよ。



※輸入盤です


Days Go By
posted with amazlet at 12.07.07
Offspring
Sony (2012-06-26)
売り上げランキング: 86


ブログパーツ

【洋楽CD】 Keaneの『Strangeland』輸入盤を購入







イギリス出身のバンド、キーンの4枚目のアルバムが発売されました。
ファーストからサードは本国イギリスではいずれも初登場1位。既に国民的な人気を獲得しているのです。

キーンの特徴は何といっても美しいピアノの旋律とメロディラインでしょうか。
アルバムを聴いているとすごく穏やかな気持ちになれます。

クラシックのように退屈すぎず、ロックのように激しすぎず。
ピアノとポップとグッドメロディーの融合。

最高のバンドです。




Strangeland
Strangeland
posted with amazlet at 12.06.22
Keane
Interscope Records (2012-05-08)
売り上げランキング: 3234



ブログパーツ

【洋楽CD】 Fun.の『Some Night』を購入







Fun.のサム・ナイツを買いました。きっかけはいつものようにスペースシャワーTV。
アルバムタイトルになったサムナイツからウィーアーヤングにかけての盛り上がりがハンパじゃないですわ。

曲調がロックっぽくなくて、かといってポップかというとそうではない。
そんなジャンルが曖昧なアルバムではありますが、そういう作品の方が新鮮でかえって聴きやすかったりします。

名作です。




Some Nights
posted with amazlet at 12.06.24
Fun.
Fueled By Ramen (2012-03-05)
売り上げランキング: 293


ブログパーツ

【洋楽CD】 The Temper Trapの『The Temper Trap』を購入







オーストラリア出身のバンド、ザ・テンパートラップ。
2009年発表のファーストアルバム「コンディションズ」は全世界での売り上げが80万枚を超えるヒットとなりました。

自分がこのバンドを聴くようになったのはコンディションズのリードシングル「サイエンスオブフィアー」が
スペースシャワーTVの月刊パワープッシュに選ばれていたから。

すごくキャッチーで聴きやすく、勢いでアルバムを買ったらハマってしまったという。
で、このセカンド。

インタビューでは「自分たちのいいところは残しつつ実験的な試みもしている」と語っていました。
アルバムを通して聴いてみると、なるほど確かに3曲目まではファーストに通ずるものがあって聴きやすい。

しかしそれ以降はあまり好きになれる曲がなく期待をやや下回り。

次回作に期待ですかね。




Temper Trap
posted with amazlet at 12.06.24
Temper Trap
Columbia / Dmz (2012-06-05)
売り上げランキング: 44347


ブログパーツ

The Ting Tingsの『Sounds from Nowheresville』輸入盤を購入









ティンティンズの新譜を買いました。
いつもはマイナーな輸入CDばかりを紹介していますが今回に限ってはちょい有名どころです。

ティンティンズというグループ名は知らなくても代表曲「グレイトDJ」
聴いたことがある人が多いのではないでしょうか。
ティンティンズがデビューし、大ヒットとなったのは2008年の春。

当時このグレイトな新人が奏でるビートは世間に驚きを持って迎えられ、デビュー作は全世界で大ヒットとなりました。
自分も当時聴いていましたよ。アルバムはヘビーローテーションでした。




これはティンティンズのデビューアルバム「We Started Nothing」


デビューアルバム発売後4年間、ティンティンズは沈黙しました。
日本の野外フェス、サマーソニックには毎年のように訪れたものの新作がいつまで経っても発表されない。

そんな中この3月に満を持してリリースされたのが「Sounds from Nowheresville」なんです。
日本版の発売は29日ですが輸入盤は3月始めに既に買えたのですね。





これは本作に収録されたリード曲「Hang It Up」。これがCSで流れていてアルバムの発売を知りました。
前作を彷彿とさせるテンポのいいビートに心躍らせてアルバムを買ってみたのです。

しかしティンティンズ、アルバム2枚目にして方向性が変わってしまいました。
爽快なビートと圧倒的なインパクトで構成されたファーストで築き上げたものを捨てて。

正直このアルバムにはティンティンズに期待していた楽曲はほとんどありませんでした。

今のところアルバムを5周ほど聴いています。
聴けば聴くほど味が出てくるのでしょうか?とりあえずこの後もしばらくは再生してみます。



Sounds from Nowheresville
posted with amazlet at 12.03.29
Ting Tings
Sony (2012-03-02)
売り上げランキング: 556


ブログパーツ

【洋楽CD】 ザ・フラテリスの『ヒア・ウィ・スタンド』US版を購入



ザ・フラテリス最後のアルバム、ヒア・ウィ・スタンドを購入しました。





裏面。




\パカッ/





中身。







フラテリスは1stが世界的にヒットしたものの2ndが売れなくて(おそらく)2009年に解散してしまったバンドです。
活動期間中に世に出たアルバムはたったの2枚でした。

上の曲は1stに収録されたリード曲、『For The Girl』。
For The Girlが収録されたコステロミュージックは売れたのでTSUTAYAで
取り扱いがあったのですけどヒアウィスタンドは置いていませんでした。
よほど売れなかったのでしょうか。iTunesやアマゾンを見ても1stほど評価は高くないようです。

フラテリスの魅力はなんと言っても一度聴いたらクセになる独特のメロディーセンス。
売れ線を意識していないのではないかというその感性丸出しの楽曲は聴くものを虜にします。

しかし二枚目のヒアウィスタンドでは曲を売れ線に寄せてきた事によって
独特のクセが薄れてしまったという意見が多いようです。






これが2ndアルバム、ヒアウィスタンドのリード曲『Mistress Mabel』。
この曲に象徴されるようにヒアウィスタンドはアクがすくわれて聴きやすくなったというか、
素直なロックアルバムだなと感じます。

買う前にiTunesで視聴してみましたけど、個人的にはこれはこれで好きだと感じました。
ちなみに買ったのは輸入盤でお値段1000円ちょっと。

そしてアマゾンから届いた後しばらく聴き込んでいます。
現在4周ほど聴いていますがアルバムとしての完成度はコステロミュージックの方が高いと感じますね。


フラテリスの解散を知ったのはつい最近。正直残念な気持ちでいっぱいです。

TSUTAYAでレンタルしたアルバムを聴き込んで、次回作を取り扱っていないからって
輸入盤を買ってしまうほど好きになるアーティストって実際それほど多くありません。

好きになったらどんなマイナーなアーティストでも掘り下げる、という信条で洋楽を聴いていますけど
そんな自分にとってバンドの解散はもっとも悲しい結末。

このアルバムはかなり前の作品なんで知ってる人は少ないと思いますけど、
これからも購入したCDは逐一報告します。

ではまた。


Here We Stand
posted with amazlet at 12.02.19
The Fratellis
Cherry Tree (2008-06-10)
売り上げランキング: 90106


ブログパーツ

【邦楽CD】磯部正文の「SIGN IN TO DISOBEY」を購入

$タピオカのゲーム浪漫飛行

邦楽CDは発売の約2週間後にTSUTAYAでレンタルされるので新作を買うことはほとんどありません。
このCDはTSUTAYAで取り扱いが無かった、つまりマイナーな作品です。

なんでこの磯部正文という方に興味を持ったのかと言えばテレビ東京で毎週日曜夜7時に放送中のバラエティ
「モヤモヤさまぁ~ず2」のエンディング曲だったから。

$タピオカのゲーム浪漫飛行



これはこのアルバムに収録されたリード曲。モヤさまのエンディングとは違うのですが良さは伝わると思います。

正直なところバラエティのエンディングでちょこっと聞いた程度でCDを買ってしまうことなんてほとんどありません。
そのくらいこの人の声とメロディラインが琴線に触れてしまったのでした。

そんでしばらく聴き込むうちに今は解散してしまった大好きなバンド、ビートクルセイダースに近いなと感じてきました。
ググってみたらどうやらプロデュースがビークルのボーカル、ヒダカトオルさんだったみたいで。なんか納得。

でこの磯部正文という人、結構キャリアのあるベテランの方でした。
昔ハスキングビーというバンドのボーカルとして結構売れていたみたいです。

ハスキングビーのCDはレンタルされていたのでこの後借りてみる予定。

$タピオカのゲーム浪漫飛行

裏面。

$タピオカのゲーム浪漫飛行

\パカッ/

$タピオカのゲーム浪漫飛行

$タピオカのゲーム浪漫飛行

ぺらぺら


現在4周くらい聴いていますがいい曲は序盤に集中している印象。
この後もう少し聴き込みます。




[予約投稿]

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ツイッターアカウント「tapioca0330」はこちら

ブログパーツ

洋楽CD:ニッケルバックの「ヒア・アンド・ナウ」US盤を購入

$タピオカのゲーム浪漫飛行



ニッケルバックの新譜、ヒア・アンド・ナウを買っちまいました。
日本盤は先週の水曜発売でしたが輸入盤は昨日火曜日発売です。

輸入盤の方が1000円も安いんだからそら輸入盤を買うでしょ。

ニッケルバックはカナダ出身のよく言えば親しみやすい、悪く言えば若干野暮ったい好青年4人組。
2010年に開催された地元カナダバンクーバーオリンピックでは閉会式でのパフォーマーを務めました。

▼ニッケルバック、バンクーバー五輪のパフォーマンス映像公開(BARKS)

その時の模様はリンク先で観ることが出来ます。さすがはオリンピックの閉会式だけあって迫力満点。必見です。

ニッケルバックを聴き始めたのは前作、ダークホースから。
CS、スペースシャワーTVで流れていたリード曲「Gotta Be Somebody」の
重厚なメロディーに一瞬でやられてしまいました。

▼YouTubeのGotta Be Somebodyリンク

PVを観てちょっとでも気になった方。
とりあえずレンタルとか一曲だけダウンロードとかしてみるとハマるかも知れませんよ。

このアルバム、この後聴き込む予定です。


Here & Now
Here & Now
posted with amazlet at 12.02.19
Nickelback
Roadrunner Records (2011-11-22)
売り上げランキング: 534



[予約投稿]

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ツイッターアカウント「tapioca0330」はこちら

ブログパーツ

ムーンチャイルドのエスケープを発掘

$タピオカのゲーム浪漫飛行

$タピオカのゲーム浪漫飛行

$タピオカのゲーム浪漫飛行


部屋を掃除したら超懐かしいものを発見してしまいました。
これ、なんだか分かります?ムーンチャイルドが1997年に発表したシングル、エスケープですよ!



いやー、めさくそ懐かしい。そんでこの曲、当時爆発的にヒットしましたね。
ムーンチャイルドは結局この曲しか売れなくて一発屋となってしまいましたがそれでもね。

ちなみにボーカルの人はTBSのクイズタレント名鑑という番組で
「カラオケ歌われるまで帰れません」という企画に出演していました。

タレント名鑑はなかなかにゲスい番組でアーティストといえども
扱いが雑なことで有名なので正直出ているのを見たときは驚きました。
あのムーンチャイルドがこんな番組に出るのかと。

ちなみにこのシングルは97年当時に購入して、引っ越しする度に持ち出してきた大事なもの。
ケースはこのCDを購入した文房具屋でもらって結構思い入れがあります。

$タピオカのゲーム浪漫飛行

ケース左上に書かれた謎の文字「ソボロベント」。
これはPSソフト、モンスターファームでこのCDを読み込むと出現したモンスターの名前。
いや、分かる人だけ分かってくれればいいです。

あー、懐かしい。これからもこのCDは大事にしよ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ツイッターアカウント「tapioca0330」はこちら

ブログパーツ


洋楽CD:フォスター・ザ・ピープルのトーチズを購入

$タピオカのゲーム浪漫飛行

おそらくは誰もが知らないバンド、フォスター・ザ・ピープル。
ええ、だってこれがデビューアルバムですもの。

なんでこんな得体の知れないバンドのデビューアルバムを買ったのか。
それはスカパーで流れていたこのPVが気に入ったから。



何かの間違いでここまで読んでしまったあなた。とりあえず再生してみて下さい。
そして気に入らなければ読み飛ばしてくれて構いません。

この曲、特にキャッチーなわけでもないのに何度も聞きたくなる中毒性がある。

そんなフォスター・ザ・ピープルってどんなバンドなのか、今回もHMV先生に聞いてみよう。


HMVより
Indie rock trio Foster the People make atmospheric, psychedelic, and dance-oriented pop. Formed in Los Angeles in 2009, the band features keyboardist/guitarist/vocalist Mark Foster, bassist Cubbie Fink, and drummer Mark Pontius. The trio's single Pumped Up the Kicks received significant airplay on KROQ in 2010, and the band quickly began receiving significant online attention. They released a self-titled EP in January of 2011 which featured the song. Also in 2011, the band released its full-length debut album Torches. ~ Matt Collar, Rovi

ヽ(´ー`)ノ

えーと。日本語で説明してくれるかな。なんとマイナーすぎてHMVに日本語解説がなかったという。

しょうがないからアマゾンさんヨロシク!


アマゾンより
MGMTやパッション・ピットらが良く引き合いに出される新人イケメン&イケ音トリオによる
2011年マスト・リッスンなシンセ・ポップ・マスターピース!
英NMEは2010年ベスト新人バンドとして注目し「ストロークスとヴァンパイア・ウィークエンドと
MGMTとダフト・パンクによるバーベキュー・パーティーでの出会い」と評し、
米SPINに「2011年のアンセム」と評されたシングル『Pumped Up Kicks』は
音楽系メガサイトStereogumでもファンによる『ソング・オヴ・サマー2011年』の1位に選定

うーん、ちょっと読むのがめんどくさい、くどい解説。やっぱ解説はHMVやで。

系統としてはMGMTやヴァンパイア・ウィークエンドに近いと。
っていうか引き合いに出されるバンドすら知られていないであろうという。

ちなみにヴァンパイア・ウィークエンドとMGMTはiTunesでヘビーローテーションです。

そんで「イケメン&イケ音」トリオってフレーズはどうなのよ。
確かにPVを観る限りはイケメンだったけど。

$タピオカのゲーム浪漫飛行

これはiTunesの再生履歴ね。ウォークマンとかコンポでも聴いてるから実際は全体通して10回くらいは聴いてるかな。

まあ普通に聴ける良作ですよ。オススメです。



トーチズ(期間限定盤)
トーチズ(期間限定盤)
posted with amazlet at 12.02.19
フォスター・ザ・ピープル
SMJ (2011-11-02)
売り上げランキング: 1695



[予約投稿]

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ツイッターアカウント「tapioca0330」はこちら

ブログパーツ





洋楽CD:CSSのラ・リベラシオン購入&新テーマ設置

$タピオカのゲーム浪漫飛行

どうも、PCで作業中はiTunesの音楽が欠かせない系スイーツ、タピオカです。
今回購入したのはブラジルはサンパウロ出身の異色ダンスエレクトロニックバンド、CSS。

アーティストの素性を簡潔な文章で説明してくれることに定評があるHMVによると


HMVより
2003年、ブラジルのサンパウロで結成された6人組。女性5人に男性1人という編成で、
個性的なディスコ・パンクを聴かせる。地元でのライヴとともにインターネット上でも話題になり、
グランジの総本山だったSUB POPとの契約を獲得。同レーベルでは初の南米出身アーティストとなった。
06年、アルバム『カンセイ・ジ・セール・セクシー』でデビュー。バンド名はこのタイトルの略で、
“セクシーでいることに疲れた”という意味を持つ。

どうです、読むのが絶妙に面倒くさくない解説でしょう。

一応CSSの一押しPVも載っけときます。



これは前作「Donkey」に収録されたシングルカット曲、「Move」。タピオカ的にはこれが一番好き。



そしてこれは今作に収録されたリード曲、「Hits Me Like A Rock」。

この脱力系ダンスポップが病みつきになりますよ、ホント。


と、まあこんな感じで次回からは購入した洋楽とか邦楽のCDを紹介していこうかなと。
はい、おそらくこのブログを読んでくれている9割の人は興味の無い話題でしょう。

しかし恐れず行けよ、行けば分かるさ!的なノリで突き進みます。

$タピオカのゲーム浪漫飛行

で、一応テーマも作りました。これから買ったCDはじゃんじゃん紹介しますよ。

ではまた。


ラ・リベラシオン
ラ・リベラシオン
posted with amazlet at 11.11.15
CSS
ケイエスアール (2011-08-24)
売り上げランキング: 18645


[予約投稿]

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ツイッターアカウント「tapioca0330」はこちら

ブログパーツ

洋楽アルバム「ジ・エンディング・イズ・ジャスト・ザ・ビギニング・リピーティング」を購入

$タピオカのゲーム浪漫飛行

$タピオカのゲーム浪漫飛行


このブログを読んでくれる方の9割は興味がないであろう買った洋楽アルバムを晒すこのコーナー。
ええ、読み飛ばされてもいいんです、好きだから続けるんです。

この「ジ・エンディング・イズ・ジャスト・ザ・ビギニング・リピーティング」はオーストラリアの
国民的バンド、ザ・リヴィング・エンドの最新アルバム。

オーストラリアの国民的バンドと聞いて日本におけるサザンみたいなものかと
勝手に思っているのですが違っていたらごめんなさい。

まあその程度の知識しかないのにこのバンドの音楽は大好き。
これまで発売されたアルバムはほぼ全部iTunesに入っていますしヘビーローテーションです。

歌詞は理解しません。フィーリング?みたいなノリ?みたいなものを大事にするテキトーな聴き方です。




ノリのいい音楽が好きな方は面倒くさがらずにぜひ再生してみてください。
最高にいい曲ですから。

[予約投稿]


ジ・エンディング・イズ・ジャスト・ザ・ビギニング・リピーティング
リヴィング・エンド
ビクターエンタテインメント (2011-07-20)
売り上げランキング: 10032



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ツイッターアカウント「tapioca0330」はこちら


ブログパーツ


レディー・ガガのボーン・ディス・ウェイが到着

$タピオカのゲーム浪漫飛行


月曜発売なのに品薄で木曜到着、そんでさっきまで封すら開けてなかったというね。

さらっと一巡しましたが結構いい感じだと思います。

いつもなら値段の安い輸入盤を買うところですが、これは日本版と輸入盤で値段にほとんど差がなかったのでね。

自分はガガガ様が特に好きということもないのですがレンタルで何となく1作目、2作目を聴いてきました。

果たしてこれもヘビーローテーションになるのでしょうか。

ブログパーツ

今日のアマゾンさん:洋楽CDと無線LANルーター

$タピオカのゲーム浪漫飛行

$タピオカのゲーム浪漫飛行

日本での知名度がどんなもんなのか知らないのですが、
The Viewの新作、Bread And Circusesというアルバムの輸入盤を購入しました。

トラック1、グレイスのPVはこちら。



The Viewは平均年齢がだいぶ若い。
彼らのエネルギッシュな曲を聴いているとこっちまでテンションが上がります。

iTunesに今週の水曜に入荷していて発売を知ったのですが、輸入盤はどうやら3月に既に出ていたらしく・・・。
やっぱマンションの外壁工事の影響でスカパーが観られない影響はでかいです。
自分の洋楽情報はほぼスカパー頼みですので。

もう一個はこれ。

$タピオカのゲーム浪漫飛行

$タピオカのゲーム浪漫飛行

バッファローの無線LANルーター。
以前は無線LANをゲーム機専用無線LANルーターのWi-Fi Gamersの設定をイジってごまかしごまかし繋いでいたのですがね。

しかしせっかくスマホデビューしたので無線LANルーターを買っちゃいましたよ。
この製品はアマゾンで「無線LAN」と検索すると一番最初にヒットして値段も3000円ぐらい、
評価も上々ということで買ってみました。

製品は、半分だけですが光沢仕上げで高級感があります。設定も簡単で楽にスマホを繋ぐことが出来ました。

しかし速度が出ない。
ウチは光回線でPCだと50Mくらいは出ているのですがスマホだと手で持つと5M前後、机に置くと13M前後と少々不満。

スマホの方は無線LANの規格の「g」「b」にしか対応していないのですが、ツイッターで「g」でも
条件が良ければ50Mは出ると教えてもらったのでどうやら規格の問題ではなさそうです。

設置条件としては50M出てるパソコンと同じ部屋で、ハブでルーターに分配して超至近距離で使用しています。

まあ今さらぐだぐら言っても仕方がありません。
幸い回線は安定しているようなのでしばらく使ってみたいと思います。


それでは今日はこの辺で。

パニック!アット・ザ・ディスコの新譜 Vices and Virtues を購入

$タピオカのゲーム浪漫飛行

リード曲のThe Ballad Of Mona Lisa



先日これを購入しまして。洋楽CDは値段が安い輸入盤を買うことが多いのですがこれはなんと830円。
フルアルバムでこの値段は破格ですね。日本版だと普通のお値段ですので。

パニックアットザディスコはメロディーが良く声も好みなのでかなりお気に入り。
洋楽は歌詞がわからんので基本ノリ重視で選んでます。

今回PVを見て気に入った方がいらしたら他にもYouTubeで検索してみるといいかもしれません。
個人的にはファーストをオススメします。

マイケミカルロマンスのデンジャーデイズ届いた!

$タピオカのゲーム浪漫飛行


ようやく届きました、デンジャーデイズ!早速iTunesに取り込んで聴いてます。

ちなみにこれはUS版。自分は洋楽CDを買うときは安いので基本輸入盤を買います。
歌詞の内容とかは正直どうでいいので(^_^;

ブログパーツ

Def TechのMind Shift買った~

$タピオカのゲーム浪漫飛行


やっと買えた~。
デフテックのCDはレンタルしないので買うしかないんだよね。
でも安いからいいや。

今取り込み中~。



ツイッターやってます。フォロー大歓迎!

ブログパーツ

お気に入りの曲

今日は最近思い出した、昔好きだった曲を紹介したと思います。

はっぱ隊「YATTA!」



この曲は自分がちょうど中学生ぐらいの時、笑う犬のいちコントから誕生し当時日本を席巻した曲です。

世の中には応援歌と名のつく曲は溢れていますが、個人的にはそういうのを聞いても何も感じません。
このはっぱ隊のYATTA!ようなばかばかしくて心から笑える曲の方が100倍心に響きます。

そんなひねくれた心を持っている自分はお笑いが好きなんですね~。

野猿「Fish Fight!」



はっぱ隊つながりで外せないのがこの曲Fish Fight!」。

ばかばかしい歌詞の中にノリのいいリズムが乗っかって、最高に笑えて楽しめる曲です。
この曲が流行ったときも中学生だったかな?あの頃はまだJ-POPが元気でした。
音楽に世間を動かす力があった。そんな時代の青春の一曲です。



ツイッターやってます。フォロー大歓迎!

ブログパーツ









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。